Azure VM の SQL Database を自動で保護する Azure Backup の新機能


執筆者: Swati Sachdeva (Program Manager II, Azure Backup)

このポストは、2018 12 18 日に投稿されたAzure Backup can automatically protect SQL databases in Azure VM through auto-protect の翻訳です。

 

このたび、Azure Virtual Machines (VM) SQL Server 向け自動保護機能をリリースしました。これは、今年発表した SQL Server on Azure VM 用 Azure Backup のパブリック プレビュー機能の 1 つです。Azure Backup for SQL Server は、ネイティブの SQL バックアップと復元 API を使用して Azure VM 上の SQL Server を包括的にバックアップできる、インフラストラクチャのいらないエンタープライズ向け従量課金制 (PAYG) サービスです。

保護された SQL Server に新規データベースを追加するときには、データベースを検出し直し、データベース バックアップ構成の保護を手動でトリガーする必要がありました。しかし、この自動保護機能が自動で新規データベースを検出して保護するため、主導の操作が不要になります。

スタンドアロン SQL Server インスタンスや SQL Server Always On 可用性グループのすべてのデータベースを自動で保護できます。既存のデータベースのバックアップを有効化できるだけでなく、今後追加されるすべてのデータベースも同様に保護します。

使用を開始する

SQL Server on Azure VM の [Configure Backup] からお好みの SQL Server インスタンスや Always On 可用性グループを選び、自動保護機能を有効化します。有効化すると、該当する SQL Server のすべてのデータベースが自動的に選択されます。その後、選択されたデータベースのバックアップ ポリシーを定義します。ポリシーを関連付けると、新たに保護されたデータベースが [Backup items] に表示されます。

お客様の環境で大量のデータベースの追加や削除を実施する場合、この機能で新規データベースの検出や保護を自動で実行することで、時間と手間を節約できます。

関連資料

 

Skip to main content