イベント開催のご案内 | 2018/12/02 – 2018/12/08


マイクロソフトでは、様々な支援ができるよう多数のセミナー(ウェビナーおよび各地でスクール形式行われるセミナー)を開催しております。

遠方で参加が難しい方や当日都合が悪くなった方には、オンラインでご参加いただける形式のセミナーも多数実施しておりますので、お気軽にご参加いただき、お役立て下さい。(参加には事前のお申込みが必要になります)

なお、過去のウェビナーは Azure サイトの歩き方ページより、
[学習する] ― [過去の Web / 動画セミナー (2018 年 1 月以降)] から参照いただけます。

セミナー

2018 年 12 月 6 日(木) 13:00-17:30(12:45 開場)

[東京開催] SQL Server and Azure Data Services ロードショー

このロードショーでは米国本社よりマーケティング担当および開発者が来日し、データ投資がデジタル変革にとってなぜ重要であるかの理由と、データと AI を活用して業界をリードするための方法を、Red Hat、HPE のソリューションを組み合わせたフルスタックでお話しします。

参加のご登録はこちら >

ウェビナー

2018年12月4日(火) 16:30-17:30

一歩先行く Azure Computing シリーズ(全 3 回) 第 3 回 VMSS やコンテナー オーケストレーターで、クラウドのコンピューティング リソースを使いこなす

多数の仮想マシンやコンテナーを稼働させ、可用性やスケーラビリティを確保できることはクラウドの大きなメリットです。コンテーにはオーケストレーターがありますが、仮想マシンはどうすればよいでしょう?同一構成の仮想マシンを同時に多数展開、更新、スケーリングできる、Virtual Machine Scale Sets (VMSS) をご存知でしょうか? VMSS は、高いコンピューティング リソースが必要な処理には不可欠です。このセッションでは、VMSS を紹介するとともに、Azure で利用できるコンテナー オーケストレーターである、Azure Kubernetes Service (AKS) と Azure Service Fabric の概要について紹介します。

参加のご登録はこちら >

2018年12月5日(水) 16:30-17:30

Azure へのお引越しシリーズ(全 6 回)第 5 回 データベース編 2/2

Azure への引っ越しシリーズとして 2 回お送りするデータベース編の第 2 回として、第 1 回の SQL Server 2008 のサポート終了に関する案内を受けて、実際のデータベースの Azure への引越しについての方法をご案内いいたします。本セッションでは 決して 1 つではない引っ越し方法の代表的な例を紹介し、まずはお試しいただく足がかりにしていただく目的になっております。

参加のご登録はこちら >

2018 年 12 月 6 日(木) 12:00-13:00

これから始める SAP のクラウド化 - Azure が選ばれる理由 -

本 Webinar では、クラウド及び S/4 化の戦略別に Azure のメリットを説明し、大企業から中堅企業まで、多くの SAP ユーザが Azure を選んでいる理由をご説明いたします。

参加のご登録はこちら >

2018年12月7日(金) 16:30-17:30

IoT システムを Microsoft Azure で作るには?

本セッションでは、Microsoft Azure で IoT システムを構築する際に知っておくべき内容として、簡単なアーキテクチャ概要と Microsoft Azure の提供する各サービスとの関連性についてご紹介し、これから IoT 開発を始める方への道しるべとなる情報を提供いたします。

参加のご登録はこちら >

Azure のイベント からもイベントの一覧をご覧いただけます。

Comments (0)

Skip to main content