2018 年 11 月アップデートで Windows Server 2016 の高速更新プログラムを再開


執筆者: MICROSOFT WINDOWS SERVER TEAM

このポストは、2018 11 12 日に投稿された Express updates for Windows Server 2016 re-enabled for November 2018 update の翻訳です。

 

今回は、Windows サービス & デリバリー担当主任プログラム マネージャーを務める Joel Frauenheim の記事をご紹介します。

Windows チームは、2018 11 13 () の更新プログラムから、再び Windows Server 2016 向け高速更新プログラムの配信を開始することを発表します。Windows Server 2016 向け高速更新プログラムは、2017 年半ばに、更新プログラムが正常にインストールされないという重大な問題が発見されてから、提供が停止されていました。この問題は 2017 11 月中には修正されましたが、高速パッケージの配信には慎重な姿勢を取ることにし、お客様が2017 11 14 日の更新プログラム (KB 4048953) をサーバー環境に確実にインストールしてもこの問題の影響を受けないことを確認するようにしました。

WSUS および System Center Configuration Manager (SCCM) のシステム管理者の皆様へのご連絡として、今回の 2018 11 月アップデートでは、Windows Server 2016 の更新用に 2 つのパッケージ (完全更新プログラムと高速更新プログラム) を配信します。サーバー環境に対して高速更新プログラムを使用することを検討されているシステム管理者の方は、対象のデバイスに 2017 11 14 (KB 4048953) 以降に完全更新プログラムが適用されていることを確認し、高速更新プログラムが正しくインストールされるようにしてください。2017 11 14 (KB 4048953) 以降にアップデートを行っていないデバイスでは、インストールに失敗し、高速更新プログラムを試行する無限ループに入って帯域幅や CPU リソースが消費されます。その状態から復旧するには、システム管理者が高速更新プログラムのプッシュを停止し、最新の完全更新プログラムをプッシュしてください。そうすれば失敗のループは止まります。

2018 11 13 日の高速更新プログラムでは、皆様がお使いになっている管理システムと Windows Server 2016 のエンド ポイントの間でパッケージのサイズが一気に削減されるはずです。

 

Comments (0)

Skip to main content