エフェメラル OS ディスクの限定プレビューを開始


執筆者: Jing Xu (Program Manager, Azure Compute)

このポストは、2018 年 10 月 4 日に投稿された Ephemeral OS Disk in limited preview の翻訳です。
 
このたび、新しい仮想マシン (VM) および仮想マシン スケール セット (VMSS) 機能を備えた、エフェメラル OS ディスクの限定プレビューを開始します。OS ディスクをホスト ノード上に直接作成することで、ローカル ディスクと同等のパフォーマンスを実現し、VM および VMSS をすばやく再イメージ化できるようになります。
このサービスは、ステートレス アプリケーションで低コストかつ高性能の OS ディスクを使用したいというお客様のフィードバックを反映しており、OS ディスクの読み取り/書き込みのレイテンシを安定的に低く抑え、VM を元の状態へリセットする再イメージ化を頻繁に行う場合などに最適です。このサービスには、Web サイト アプリケーション、ゲーム サーバー ホスティング サービス、VM プール、コンピューティング ジョブなどのワークロードが含まれます。また、エフェメラル OS ディスクは低優先度の VM スケール セットを使用するワークロードとも互換性があります。

永続 OS ディスクとエフェメラル OS ディスクの機能比較

永続 OS ディスク エフェメラル OS ディスク
OS ディスクのサイズ制限 2 TiB プレビュー期間中は最大 30 GiB

一般提供時には VM キャッシュのサイズ まで拡張可能

サポート対象の VM サイズ すべての VM DSv1, DSv2, DSv3, Esv2, Fs, FsV2, GS
サポート対象のディスクの種類 Managed OS Disk および Unmanaged OS Disk Managed OS disk のみ
サポート対象のリージョン すべてのリージョン すべてのリージョン (国営クラウドを除く)
特殊化された OS ディスクのサポート ×
データの永続性 書き込まれた OS ディスク データは Azure Storage に格納 OS ディスク データはローカル ホスト マシンに格納、Azure Storage では永続化されない
停止と割り当て解除 VMSS インスタンスおよび VM の停止と割り当て解除、またその状態からの再起動が可能 VMSS インスタンスおよび VM の停止と割り当て解除は不可
OS ディスクのサイズ変更 VM 作成中、VM の停止と割り当て解除後に変更可能 VM 作成中のみ変更可能
VM サイズ変更時の動作 OS ディスク データを維持 OS ディスク データの削除後に OS を再プロビジョニング

プレビューへの参加方法

限定プレビュー参加をご希望の場合は、こちらのフォーム (英語) からお申し込みください。2018 年 10 月 10 日より、24 ~ 48 時間以内に承認されます。以下の PowerShell コマンドを実行すると、お申し込みの処理状況をご確認いただけます。

Powershell:

Get-AzureRmProviderFeature -FeatureName localdiffdiskpreview -ProviderNamespace Microsoft.Compute

CLI 2.0:

az feature show --namespace microsoft.compute --name localdiffdiskpreview

ぜひ本サービスをお試しいただき、Microsoft Teams から、または EphemeralOSDiskvTeam@microsoft.com までメールでフィードバックをお寄せください。

 

Comments (0)

Skip to main content