すぐに始められる: エンタープライズ レベルの仮想アシスタントの構築

執筆者: Lili Cheng (Corporate Vice President, Artificial Intelligence and Research Group) このポストは、2018 年 11 月 14 日に投稿された Get started in minutes: Build your own enterprise grade virtual assistant の翻訳です。   運転中の車中で最寄りのガソリン スタンドを探したり、工場で製造ラインを停止する場合には、会話のほうが操作しやすかったり、生産性が高かったりすることが考えられます。世界は今、人がコンピューターを学び、慣れる必要があった時代から、コンピューターが人を理解し、人と自然に会話する手段を学ぶ時代へと進化しています。 Azure Bot Service は、Web サイト、アプリ、Cortana、Microsoft Teams、Skype、Slack、Facebook Messenger などの利用者と自然に対話するインテリジェントなボットを開発、接続、デプロイ、管理できるサービスです。36 万人を超える Azure Bot Service 開発者の皆様のために、マイクロソフトはさらなる生産性向上につながるツールやフレームワークの強化に取り組んでいます。今回、仮想アシスタント用のオープンソースのボット ソリューション アクセラレータのプレビューをリリースしました。このソリューション アクセラレータにより、開発者はすばやく作業を開始して、ブランディングされた仮想アシスタントを簡単に作成できるようになります。また、ボット開発の生産性を向上する Bot Framework SDK (ソフトウェア開発キット) およびツールのバージョン 4.1 の一般提供も開始しました。さらに、マイクロソフトは会話型…


Azure DevOps Server 2019 RC1 の概要

本日、Azure DevOps Server 2019 の最初のリリース候補 (RC) を公開いたします。Azure DevOps Server 2019 は、Microsoft Azure DevOps のコードベースを提供しており、セルフホストを望まれるお客様向けに最適化されています。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/introducing-azure-devops-server-2019-rc1/


イベント開催のご案内 | 2018/12/02 – 2018/12/08

マイクロソフトでは、様々な支援ができるよう多数のセミナー(ウェビナーおよび各地でスクール形式行われるセミナー)を開催しております。 遠方で参加が難しい方や当日都合が悪くなった方には、オンラインでご参加いただける形式のセミナーも多数実施しておりますので、お気軽にご参加いただき、お役立て下さい。(参加には事前のお申込みが必要になります) なお、過去のウェビナーは Azure サイトの歩き方ページより、 [学習する] ― [過去の Web / 動画セミナー (2018 年 1 月以降)] から参照いただけます。 セミナー 2018 年 12 月 6 日(木) 13:00-17:30(12:45 開場) [東京開催] SQL Server and Azure Data Services ロードショー このロードショーでは米国本社よりマーケティング担当および開発者が来日し、データ投資がデジタル変革にとってなぜ重要であるかの理由と、データと AI を活用して業界をリードするための方法を、Red Hat、HPE のソリューションを組み合わせたフルスタックでお話しします。 参加のご登録はこちら > ウェビナー 2018年12月4日(火) 16:30-17:30 一歩先行く Azure Computing シリーズ(全 3 回) 第 3 回 VMSS やコンテナー オーケストレーターで、クラウドのコンピューティング リソースを使いこなす 多数の仮想マシンやコンテナーを稼働させ、可用性やスケーラビリティを確保できることはクラウドの大きなメリットです。コンテーにはオーケストレーターがありますが、仮想マシンはどうすればよいでしょう?同一構成の仮想マシンを同時に多数展開、更新、スケーリングできる、Virtual Machine…


IaaS で実行中の Linux コンテナーを保護する Azure Security Center

執筆者: Liza Mash Levin (Program Manager, Azure Security Center) このポストは、2018 年 11 月 13 日に投稿された Protect Linux containers running in IaaS with Azure Security Center の翻訳です。   最近では、従来のモノリシック アプリケーションからコンテナー化したミッション クリティカルでクラウド ネイティブなアプリケーションに移行して、運用環境に採用する企業が増えてきました。コンテナーは、同じ環境を簡単にすばやく反復的にデプロイできるなど、開発者や IT 担当者にさまざまなメリットをもたらします。企業がデプロイするコンテナー数の増加に伴い、コンテナーのセキュリティ状態を可視化し脅威から保護するためのセキュリティ ソリューションが求められるようになりました。 このたび、コンテナーを保護するための新機能を Azure Security に追加しました。 IaaS Linux マシンでホストされているコンテナーを可視化 Azure Security Center に [Containers] タブを追加し、すべての仮想マシンと Docker に関する情報を表示できるようになりました。 Docker のバージョンやホストで実行中のイメージ数などのコンテナーの詳細情報から、仮想マシンのセキュリティ問題を把握することができます。 Docker 用 CIS ベンチマークに基づいてセキュリティに関する推奨事項を提示…


Azure Site Recovery を使用して Windows Server 2008 サポート期限内に移行を実施

執筆者: MICROSOFT WINDOWS SERVER TEAM このポストは、2018 年 10 月 16 日に投稿された Use Azure Site Recovery to migrate Windows Server 2008 before End of Support の翻訳です。   今回は、Windows Server チームでシニア プロダクト マーケティング マネージャーを務める Sue Hartford の記事をご紹介します。 Azure Site Recovery (ASR) は、リカバリー ツール以外に 30 日間無料の Azure の移行ツールとしても使用できます。これまで、64 ビット版 Windows Server を移行する際に使用されてきましたが、今回新たに 32 ビット版 Windows Server 2008 から…


View が Microsoft Azure IoT でスマート ビルディング アプリ開発を加速

執筆者: Bert Van Hoof (Partner Group Program Manager, Azure IoT) このポストは、2018 年 11 月 13 日に投稿された View chooses Microsoft Azure IoT to accelerate development of smart building applications の翻訳です。   スマート ビルディングにおけるイノベーションは、ここ数年のクラウド、AI、IoT の普及によって大きく躍進しています。マイクロソフトも IoT のイノベーションに取り組んでおり、それが先日発表した Azure Digital Twins の機能に反映されています。企業は物理環境を仮想で表現できるようになることで、スマート ビルディングをはじめとするさまざまな IoT シナリオでメリットが得られます。あらゆる種類のセンサーやデバイスのデータを収集することで、空間の状況を正確に把握して最適化し、利用者のニーズに応えることができます。コンピューターの影響力は人が利用するあらゆる環境に及んでいますが、特にビルのスマート化はエネルギー効率の向上や利用者の満足度向上に役立っています。規模やスキルにかかわらずあらゆるユーザーが IoT を活用できるかどうかは、パートナーの創造性と専門知識にかかっており、革新的な新しいデバイスを開発することで有益なデータを収集し、画期的なスマート ビルディング アプリケーションを作成できるようになります。今回の記事では、数世紀もの間進化することのなかった「窓」に改革をもたらした企業、View 社と共同で進めているプロジェクトについてお伝えします。 人のための快適な環境作りを目指す View View (英語) は、人が健康で快適に過ごせることがスマート ビルディングの要であると考えており、同社の開発した Dynamic Glass…


HPC ワークロード向け Avere vFXT for Azure の一般提供を開始

執筆者: Scott Jeschonek (Principal Program Manager) このポストは、2018 年 11 月 1 日に投稿された Avere vFXT for Azure for HPC workloads now generally available の翻訳です。   このたび、Avere vFXT for Azure の一般提供を開始します。今年初めに Avere を Azure ファミリに導入 (英語) してから、マイクロソフトでの開発が進められ、ついに、Azure でのハイ パフォーマンス アプリケーション (HPC) 実行時に Avere vFXT の能力を活用できるようになりました。 Avere vFXT の一般提供開始に伴い、Microsoft Azure での HPC ワークロードの可能性はさらに広がります。Azure Virtual Machines、Azure Batch、Azure CycleCloud などの主要ポートフォリオ、および…


Azure Stack、Azure Data Box、Avere 関連の Ignite セッションのご案内

執筆者: Talal Alqinawi (Senior Director, Azure Marketing) このポストは、2018 年 10 月 30 日に投稿された Your guide to Azure Stack, Azure Data Box, and Avere Ignite sessions の翻訳です。   Azure Stack、Azure Data Box、Avere のセッションに大きな反響をお寄せくださいました Ignite 2018 参加者の皆様、誠にありがとうございます。Azure Stack チームに代わってお礼申し上げます。このたび、それらのセッションがいつでもどこでもご覧いただけるようになりました。 以下にご紹介するセッションのビデオを視聴される前に、新時代のインテリジェント クラウドとインテリジェント エッジ コンピューティングの実現に向けた Azure ソリューションについて理解を深めておかれることをお勧めします。ぜひ、Microsoft Azure 担当コーポレート バイス プレジデントの Julia White が執筆したわかりやすい記事や、クラウドの未来についてまとめられている Web ページをお読みください。 Azure Stack どのセッションも、Azure…


[SAP] Terraform および Ansible を使用した Microsoft Azure への SAP 自動デプロイ

執筆者: Tobias Niekamp (Principal Software Engineer, R&D Compute Dev) このポストは、2018 年 11 月 7 日に投稿された Automating SAP deployments in Microsoft Azure using Terraform and Ansible の翻訳です。   複雑な構成の SAP 環境のパブリック クラウドへのデプロイは簡単な作業ではありません。オンプレミスでのインストールや構成に慣れている SAP BASIS チームであったとしても、クラウドへのデプロイを設計、構築、テストする際には別のスキルが必要となります。 単調でミスの発生しやすいパブリック クラウドへの SAP デプロイ作業を確実に行うためには、下記のような選択肢があります。 SAP ソリューションのリポジトリ SAP Cloud Appliance Library (CAL) を使用して、パブリック クラウドに直接デプロイできます。しかしながら、この方法はコストが高い (英語) だけでなく、CAL では構成済みの仮想マシン (VM) イメージしか使用できず、構成の変更は非常に困難または不可能となります。 無償で利用できる選択肢として、多くのパブリック クラウド プロバイダーが提供する…


Azure Stack の次回更新版 1811 で Extension Host をリリース

執筆者: Thomas Roettinger (Senior Program Manager, Azure Stack) このポストは、2018 年 11 月 21 日に投稿された Extension Host is coming to Azure Stack with the next update 1811 の翻訳です。   2018 年 8 月のブログ記事 (英語) で、Microsoft Azure Stack の新機能についてお知らせしました。その中の 1 つである Extension Host は、Azure Stack のセキュリティを強化し、ネットワーク統合を簡素化する機能です。このたび、Azure Stack の次回更新版 (1811) より、この Extension Host をご利用いただけるようになります。なお、Azure Stack 1811 を使用するには、事前に 2…