マイクロソフトと SWIFT、Azure でクラウド ネイティブな決済ソリューションを実現


執筆者: Guru Kirthigavasan (Principal Program Manager)

このポストは、2018 10 21 日に投稿された Microsoft and SWIFT make Azure cloud native payments a reality 翻訳です。

 

金融サービス業界の世界的イベント「Sibos 2018 (英語)」にて、マイクロソフトと SWIFT (国際銀行間金融通信協会) は、Microsoft Azure でホストされる SWIFT インフラストラクチャを使用した、クラウド ネイティブな決済処理システムの概念実証 (POC) を発表しました。この取り組みでは、SWIFT メッセージング ソリューションのクラウド展開を推進することによって、銀行、企業、サービス機関などにおける決済処理業務の効率化と安全性の確保を目指しています。

SWIFT は安全な金融メッセージング サービスを提供する国際的な組織で、200 以上の国と地域の 11,000 もの金融機関で利用され、信頼されています。現在、企業や銀行は、SWIFT テクノロジに対応したオンプレミス環境から安全性の高い SWIFT ネットワークを介して決済メッセージを送信しています。今回の概念実証では、マイクロソフト クラウド サービスの運用性、安全性、インテリジェンスのメリットを活用して、銀行と同じレベルの送金エクスペリエンスを実現しようとしています。

SWIFT のカスタマー プラットフォーム責任者である Arnaud Boulnois 氏は次のように話しています。

「これは、クラウドの力でバックオフィス業務を効率化できることを示す大きな一歩です。SWIFT は、決済処理の非効率な部分を解消して、金融サービス エコシステムの負担軽減に継続的に取り組んでいます。金融サービス業界でのクラウド導入は右肩上がりに増えています。マイクロソフトの協力の下、Microsoft Azure によって SWIFT のお客様やエコシステム パートナーにクラウドのメリットをお届けしたいと考えています」。

脅威がますます深刻化する中、セキュリティ、コンプライアンス、信頼性は金融機関にとって最優先課題です。セキュリティ分野に毎年 10 億ドル以上もの投資を行い、業界トップの拠点数と強固な規制対応ポートフォリオを持つ Azure は、信頼できる先駆的クラウド パートナーとして SWIFT に最適であると言えます。

この概念実証には、マイクロソフトの財務部門が初期ユーザーとして参加しています。マイクロソフトの財務部門では、1,500 億ドル以上の資産を管理しており、190 以上の国におけるグローバル規模の「ジャストインタイム」のキャッシュ管理を支える年間 4,000 億ドルの SWIFT ベースの決済を処理しています。

マイクロソフトと SWIFT のチームは、この概念実証によって実現される未来に大きな期待を寄せています。サービスのクラウド移行によって運用やセキュリティといった面でのメリットをすぐに実感できるだけでなく、新たなビジネス ロジック、高度な分析、AI 機能を追加することによって、銀行や企業の送金のしくみがさらに向上し、新しいトレンドやインサイトを獲得できるようになるでしょう。

マイクロソフトの CVP 兼財務部長の George Zinn はこう述べています。

「これは、決済処理の分野における大きな前進です。ビジネス俊敏性、セキュリティ、コンプライアンス、パフォーマンスのすべてが高度化されたシステムをあらゆる企業に提供できるようになるのです」。

このシステムは次のようなしくみになっています。マイクロソフトの財務部門が SAP on Azure で電信送金を指示すると、機械学習アルゴリズムがその内容を検証します。検証が完了すると、その送金指示はクラウド上のマイクロソフトの SWIFT 対応システムから SWIFT に送信されます。SWIFT 側での手順検証の後、適切な銀行へ送信されます。手順どおりに受け取った銀行は、マイクロソフトへ確認を通知します。

マイクロソフトの優秀なアーキテクトである Ulrich Homann は次のように語っています。

SWIFT とマイクロソフトの緊密な技術協力によって、業界全体にメリットをもたらす高度なセキュリティとコンプライアンスを備えたクラウド サービスが生まれました。今後、オープン バンキングや即時決済の分野において、Azure クラウドならではの俊敏性、パフォーマンス、高可用性のメリットをさまざまな業界の皆様が活用できるようになるでしょう」。

 

マイクロソフトと SWIFT は、世界初の Azure クラウド ネイティブな決済サービスを構築しました。近いうちに共通のお客様に向けてプライベート プレビューを実施し、念願だったコンプライアンスに対応したクラウド ネイティブな決済処理を CSP で実現させ、市場で提供する予定です。

 

Comments (0)

Skip to main content