Remote Desktop Services 2019 が Windows Server 2019 と共に正式リリース


執筆者: MICROSOFT WINDOWS SERVER TEAM

このポストは、2018 10 3 日に投稿された Remote Desktop Services 2019 generally available with Windows Server 2019 の翻訳です。

 
今回は、デスクトップ仮想化担当プロダクト マーケティング マネージャーを務める Jonathan Federico と、RDS 担当プログラム マネージャーを務める Christian Montoya が共同執筆した記事をご紹介します。

マイクロソフトは 2018 10 2 日に、Remote Desktop Services (RDS) の最新バージョンである RDS 2019 の提供を開始しました。RDS 2019 は、RDS 2016 の強力な基盤をベースに構築されており、オンプレミスやクラウドへの迅速な展開が可能です。RDS 2019 Windows Server 2019 と共に一般提供されます

RDS 2019 ではさまざまな機能が大きく強化されています。管理エクスペリエンスとクライアント エクスペリエンスを改善するためのイノベーションが複数の領域に組み込まれ、これまでで最良の RDS となりました。

私たちが特に重視したのは、IT 管理の簡素化ユーザー エクスペリエンスの向上セキュリティの強化 3 つです。

IT 管理の簡素化

お客様からはたびたび、デプロイメントのスケーリングのためにはライセンス管理を簡素化することが重要だとご指摘いただいていました。そこで私たちはここ数年にわたり、Remote Desktop (RD) ライセンス サーバーの管理と Active Directory (AD) を通じた資格付与を改善することに注力してきました。

  • その結果、Windows Server の将来のバージョンに対する上位互換性を備えた可用性の高い RD ライセンス サーバーを実現し、多様な RDS リリースのライセンスをより簡単に管理できるようにしました。
  • 従業員のライセンス管理を簡素化しました。RDS ユーザーのクライアント アクセス ライセンス (CAL) RD ライセンス サーバーから AD オブジェクトに更新できる機能を追加したため、AD に直接アクセスする必要がなくなりました。
  • パフォーマンスに関する Performance Counters API を追加しました。これにより、パートナー様はデータに簡単にアクセスしてダッシュボードを構築したり、一貫したユーザー エクスペリエンスを提供したりすることができます。

ユーザー エクスペリエンスの向上

マイクロソフトは、エンドユーザーが RDS 2019 を通じてデスクトップやアプリでの生産性を最大限に高められるよう、ユーザー エクスペリエンスの向上に積極的に取り組んできました。具体的には以下のとおりです。

  • アクション センターに RemoteApp の最新の通知を表示し、Microsoft Outlook などのアプリをより生産的に活用できるようにしました。
  • RDS 2016 Discrete Device Assignment のイノベーションをさらに強化し、グラフィックスを駆使したワークロードのセキュリティ、仮想マシン (VM) の分離、パフォーマンスを改善しました。GPU 仮想化テクノロジをこのように強化することで、ネットワーク トラフィックを削減させ、スムーズな動画再生を実現しました。

https://cloudblogs.microsoft.com/uploads/prod/sites/26/2018/10/Discrete-Device-Assignment-in-RDS-2016.png

  • GPU 仮想化テクノロジの強化の他にも、内蔵型や外付けタイプのビデオ カメラの高度なリダイレクト機能を追加したり、新規や従来のリモート アプリやデスクトップから最適なビデオ ストリームを高フレーム レートで送信できるようにしました。これにより、ビデオを多用する場合でも快適なエクスペリエンスを得られます。

https://cloudblogs.microsoft.com/uploads/prod/sites/26/2018/10/High-level-redirection-of-built-in-or-attached-video-cameras-in-RDS.png

  • クライアントやサーバーの CPU 使用率と帯域幅を削減し、画質の向上とエンドツーエンドの Web クライアント エクスペリエンスの高速化を実現しました。

セキュリティの強化

Remote Desktop Services プロダクト チームが主に目標としていることの 1 つは、お客様のデスクトップ環境とアプリ仮想化環境のセキュリティ体制を支援することです。そのため、次のようにセキュリティ強化を実施しました。

  • Windows Admin Center と統合し、ローカルとリモート サーバーの管理作業をすべて 1 つの画面で行えるようにしました。
  • Windows Defender のマルチセッションに関する最適化を導入し、安全で拡張性が高くコスト効率の良いデスクトップ エクスペリエンスをエンドユーザーに提供できるようにしました。
  • Web クライアントでシングル サインオン (SSO) をサポートし、Web クライアントから接続しているユーザーが効率よく認証を行えるようにしました。
  • 信頼できるエンドツーエンドの RDS デプロイメントを提供するために、この他にも、構成しやすい DTLS ベースの暗号化などの機能を追加しました。

RDS 2019 Azure へのデプロイ

私たちは、Azure RDS をより簡単にデプロイできるようにする機能を提供することで、Azure が持つ柔軟性や拡張性、セキュリティといったさまざまなメリットをお客様にさらに実感していただけるようになると考えています。柔軟性を向上させ、クラウドの導入率を上げるために、マイクロソフトはハイブリッド展開をサポートしています。ハイブリッド展開では、インフラストラクチャの役割を Azure に持たせ、ホストの仮想マシンをオンプレミスに配置します。

RDS 2019 Azure へのデプロイを容易にする主な取り組みとして、Azure Key Vault を使用してより簡単に証明書を管理できるようにし、また、Azure SQL Database を使用して可用性の高い RD ライセンス管理ができるようにしました。

10 月後半から、Remote Desktop Services (RDS) サブスクリプションをクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムから提供する予定です。CSP RDS を提供することで、デスクトップとアプリの仮想化をサポートするコスト効率の高いソリューションを求めるお客様のニーズに応えることができます。

RDS サブスクリプションの導入により、パートナー様はマイクロソフトの CSP プログラムを通じて直接 RDS サブスクリプションを販売できるようになるため、お客様やパートナー様が複数のライセンスを別々のプログラムから購入することによる手間も省けます。この販売モデルによって、Windows ServerSQL ServerOffice などのマイクロソフトのライセンスと CSP プログラムが統合されるため、お客様はライセンス サイクルの短縮によって柔軟性が向上し、パートナー様にとっては購買プロセスを簡素化しやすくなります。

RDS 2019 の技術的な情報は、RDS ドキュメント ページをご覧ください。

ぜひ今すぐ RDS 2019 が含まれる Windows Server 2019 をダウンロードしてお試しください

よく寄せられる質問

Q: Windows Server 2019 の最終バージョンはいつダウンロードできるようになりますか。

A: RDS 2019 が含まれる Windows Server 2019 は、2018 10 2 日より一般提供が開始されます。Evaluation Center ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) からダウンロードできます。

Q: Remote Desktop Server Windows Server 2019 に含まれるのですか。

A: はい。Remote Desktop Server 2019 は、Windows Server 2019 のサーバーの役割の 1 つです。

Q: 今回の発表は、Windows Virtual Desktop に関する Ignite での発表とどのように関連しますか。

A: 今回発表したのは、マルチセッションに対応したオンプレミスの仮想化環境を実行できる RDS の最新バージョンとなります。これは Windows Server で提供されます。Windows Virtual Desktop Azure のデスクトップおよびアプリケーション仮想化サービスです。詳細については、ブログ記事「Microsoft 365 で Azure 上のモダン デスクトップが利用可能に」をご覧ください。

Q: Azure に展開する RDS Windows Virtual Desktop はどう違うのですか。

A: RDS は、オンプレミスのデスクトップとアプリケーション仮想化に関する理想的なソリューションです。Windows Server オペレーティング システムでマルチセッションのデスクトップ エクスペリエンスを実現できます。これを Azure にデプロイすると、環境を拡張でき、所有するサブスクリプション内で RD インフラストラクチャの役割を管理できます。一方 Windows Virtual Desktop では、Azure の拡張性と柔軟性を活用しながら、完全な Windows 10 エクスペリエンスと共にまったく新しいマルチセッション機能を配信できるようになります。この新サービスの場合は、マイクロソフトがインフラストラクチャの役割を管理します。Windows Virtual Desktop は今年中にパブリック プレビューとしてご利用いただけるようになる予定です。詳細については製品ページでご確認ください。

Q: RDS から Windows Virtual Desktop への移行パスは用意されますか。

A: はい。現在、2018 年内の Windows Virtual Desktop のパブリック プレビュー開始に向けて、移行パスに関する Azure ドキュメントを作成しているところです。

 

Comments (0)

Skip to main content