Azure を上手く使いこなしているユーザーに共通する 5 つの習慣


執筆者: Omar Khan (General Manager, Microsoft Azure)

このポストは、2018 9 12 日に投稿された Five habits of highly effective Azure users の翻訳です。

 

Azure でできることは数え切れないほどあります。IT 環境を刷新する、次世代アプリを開発する、人工知能を活用する、ソリューションを無数にデプロイする、などさまざまなことができますが、これらを成功させる人は共通してある基本的な習慣を持っています。

Azure チームでは、お客様の声に耳を傾けることを重視し、何が皆様を成功に導いているのか理解することに努めています。そこで今回は、Azure のメリットを余すところなく活用している人が行っている日常的な習慣をいくつかご紹介します。

実績のあるベスト プラクティスを常に把握しておく

Azure を上手く使いこなしているユーザーは、最適化に終わりはないことを知っています。彼らは行っているのは、常に最新のベスト プラクティスを把握しておくために、Azure Advisor を定期的に確認することです。

Azure Advisor は、Azure リソースの構成と使用状況を分析し、ワークロードの高可用性、セキュリティ、パフォーマンス、コストを最適化するための推奨事項を提案してくれる無料のツールです。よくある推奨事項の例としては、使用率の低い Virtual Machine (VM) を適切にサイジングしたり、シャットダウンすることや、VM のバックアップを構成することなどです。

1

Advisor では、Azure 全体の推奨事項をまとめて把握できます。Azure Security Center Azure Cost Management などのコンパニオン ツールと統合されているため、最適化のためのあらゆる推奨事項を簡単に確認し、対応することができます。Advisor にはどんどん推奨事項が追加され、Azure ではどんどんできることが増えています。なので、Advisor を定期的にチェックし、Azure の最新のベスト プラクティスを常に把握することを習慣にしましょう。

パーソナライズされた Advisor のベスト プラクティスの推奨事項を確認する

Azure Advisor の利用を開始するには、こちらのドキュメントをご覧ください。

外出先でもリソースを管理する

常に接続する環境が整っている今日の世界では、Azure を使いこなすユーザーは、オフィスにいるときだけでなく、いつでもどこにいても Azure リソースを管理できることが重要だと認識しています。そうした彼らは Azure モバイル アプリを使い、外出先でも常に Azure リソースを監視、管理できるようにしています。

2

Azure モバイル アプリを使用すれば、Android iOS のスマートフォンやタブレットから直接アラートや指標を確認したり、一般的な問題を修正、解決したりすることができます。また、[Cloud Shell] ボタンをタップすると、任意のシェル環境 (PowerShell または Bash) を実行して、コマンドラインからすべての Azure サービスにアクセスできます。

Azure モバイル アプリをダウンロードして、外出先でもリソースを管理する

Azure モバイル アプリの使い方は、こちらのデモ動画 (英語) をご覧ください。

問題の発生時やメンテナンス中に情報を手に入れる

Azure を使いこなしているユーザーは、Azure のメンテナンス情報やサービス関連の問題の情報を得ることが重要だとよくわかっています。そのために使っているのが、Azure Service Health です。Azure Service Health は計画的メンテナンスやサービスの変更、サービスの移行といった正常性に関するアドバイスまで、パーソナライズされたあらゆるアラートやガイダンスを提供してくれる無料のサービスです。Service Health の通知を確認することでリソースへの影響を把握し、問題が解決されると最新情報を受け取ることができます。

3

Azure を使いこなしているユーザーは、Service Health を構成し、関連度の高いサブスクリプション、サービス、リージョンのアラートを設定して、サービスの問題をチームに通知しています。たとえば、以下のようなアラートを作成できます。

  • 開発/テスト用サブスクリプションのリソースに影響する場合に、開発チームにメールを送信する
  • 運用環境のリソースに影響する場合に、Webhook を利用して ServiceNow PagerDuty を更新し、勤務中の運用チームにアラートを送信する
  • 特定のリージョンのリソースに影響する場合に、地域の IT 運用マネージャーに SMS を送信する

Azure Service Health のアラートを設定して、問題の発生時やメンテナンス中に情報を入手する

詳細については、Service Health のアラートの作成に関するドキュメントをご覧ください。

最新の発表を把握する

クラウドまわりの環境は急速に変化します。Azure を使いこなしているユーザーは、最新のリリース情報や発表事項、イノベーションといったあらゆる最新情報を把握することが重要であることを理解しています。

roadmap-image

こちら Azure 最新情報ページでは、料金の変更や SDK の更新といったさまざまな Azure 関連の最新情報を確認できます。Azure を使いこなしているユーザーは、このページをブックマークしているほか、関連性の高い製品や機能の RSS フィードをサブスクライブし、発表事項や変更があるたびに通知を受け取っています。

Azure の更新情報をサブスクライブする

お客様のリージョンでのリリース日については、リージョン別の製品の提供情報をご確認ください。

他の Azure ユーザーと交流して情報共有・学習する

Azure を使いこなしているユーザーの習慣はこれがすべてではなく、他にもたくさんありますが、中でもこの 5 つ目の習慣がとても重要です。それは、常に他の Azure ユーザーと交流していることです。その中で自分の良い習慣があれば共有し、相手の良い習慣を見つけたら学ぶことができます。

他の Azure ユーザーと交流する方法は、共有したい習慣や学習したい習慣があればあるほど増えていきます。その一部を以下に紹介します。

  • 社内にベスト プラクティスの共有コミュニティを作成する、または参加する
  • 業界向けカンファレンスや業界団体に参加する
  • 地域の Meetup に参加する
  • Twitter で他の Azure ユーザーとつながる

Microsoft Ignite に直接またはオンラインでご参加ください

最後に、Azure の効果的な習慣を共有、学習する方法をもう 1 つご紹介します。それは、9 24 28 日にフロリダ州オーランドで開催される Microsoft Ignite (英語) に参加することです。この機会に、新しいスキルを習得し、他のエキスパートに出会い、最新のテクノロジに触れてみませんか?

展示フロアに出展されている Five Habits of Highly Effective Azure Users ブースを探してください。このブースでは、今回ご紹介したような習慣をすぐに実践し、Azure をもっと使いこなせるようになります。また、興味のある Ignite セッション (英語) を早めに見つけて、直接参加するか、ライブストリーミングやオンデマンドでお楽しみください。

Azure をどのように使用しているかにかかわらず、これらの 5 つの習慣は Azure を上手く使いこなすためのヒントとなります。ぜひお試しください。

 

Comments (0)

Skip to main content