Windows Server 2019 – 10 月に一般提供を開始

執筆者: Erin Chapple (Corporate Vice President, Windows Server) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された Windows Server 2019 – Announcing general availability in October! の翻訳です。   今年も Ignite に参加することができてとても光栄です! Windows Server 2016 がリリースされたのがちょうど 2 年前ですが、私はその時からWindows Server のメジャー リリースの発表を担当してきました。昨年は、半期チャネルの初リリースとなる Window Server バージョン 1709 を発表しました。そして、今年も大きな発表があります。 Windows Server 2019 の一般提供が、10 月に開始されることが決定しました。そして、Windows Server 2019 と Azure ハイブリッド シナリオをサポートするために、Windows Admin Center…


Microsoft Azure が実現するエッジ コンピューティングのニュー ウェーブとは ?

執筆者: Julia White (Corporate Vice President, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された Microsoft Azure enables a new wave of edge computing.Here’s how. の翻訳です。   近年のテクノロジ変革により、以前なら絶対に考えられなかったシナリオが、にわかに可能になりつつあります。スマート センサーやコネクテッド デバイスが産業機器の世界に新たな生命を吹き込み、その影響は工場から酪農場、スマート シティからスマート ホームにまで及んでいます。しかも、新たに開発される機械や装置は、車や冷蔵庫に至るまで、クラウドに接続されていることが当たり前になってきました。 同時に、ハイブリッド クラウドも進化しています。従来はデータセンターとパブリック クラウドの連携を意味していましたが、今では世界最果ての地でも利用可能な、パブリック クラウドと連動するコンピューティング ユニットのような存在となっています。 前述の 2 つの現状と、あらゆるシステムに AI が取り入れられつつあることを考え合わせると、私たちは既に、インテリジェント クラウドとインテリジェント エッジの時代に足を踏み入れていると言えるでしょう。 インテリジェント クラウドとは、パブリック クラウドを利用し、AI によって強化された、どこででも利用可能なコンピューティング リソースです。この考え方に基づいて、当社では Azure のことを、お客様が思い描くあらゆるタイプのアプリケーションとシステムに活用可能な世界のコンピューターと呼んでいます。 一方、インテリジェント エッジは、絶えず拡大を続けるコネクテッド システムとコネクテッド デバイスの集合体です。インテリジェント エッジを通じて物理的なデータの置き場所と近い場所で情報の収集と分析を実行することにより、リアルタイムでインサイトを入手でき、コンテキストに応じてすばやく応答するイマーシブなエクスペリエンスが実現されます。…


Microsoft Ignite 2018: 次世代 IoT およびエッジ ソリューションの大規模な構築とセキュリティ対策

執筆者: Sam George (Partner Director, Azure IoT) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された Microsoft Ignite 2018: Build and secure next-generation IoT and edge solutions at scale の翻訳です。     毎年 Microsoft Ignite (英語) を開催するたびに、お客様が IoT を活用して生み出す新たなソリューションに驚かされています。企業が資産を有効活用しようとすると、10 年前なら膨大な費用をかけてデータセンターを建設し、すべての機能を一から築き上げなければなりませんでした。それが今では、Azure IoT Central アプリケーションを 1 分足らずでプロビジョニングするだけです。リージョンは自由に選択でき、その日のうちに運用を始められます。実に目覚ましい進歩です。 マイクロソフトはお客様やパートナー様にイノベーションをお届けするために精力的に取り組んできました。安全で拡張性の高い IoT 関連サービスを提供し、さらに、世界中のあらゆる企業の皆様が強力な機能を存分に活用できるよう簡素化にも努めています。 つい先日は、2018 年第 3 四半期の Forrester Wave™ において、マイクロソフトは産業用 IoT ソフトウェア プラットフォーム分野の「リーダー」として認定されました。この分野への取り組みはまだ始まったばかりで、今後…


Ignite 2018 – Azure Data により AI をビジネスにとってリアルな存在に

執筆者: Rohan Kumar (Corporate Vice President, Azure Data) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された Ignite 2018 – Making AI real for your business with Azure Data の翻訳です。   本日、オーランドで開催中の Microsoft Ignite において、クラウド、データ、人工知能 (AI) の潮流が、今までにない変革をもたらし、あらゆる業界のイノベーションの基盤となっていることを紹介しました。強力な AI アプリケーションの推進要素はデータです。AI を最大限に活用するためには現代的なデータ基盤が必要です。AI を活用して新たな洞察の発見と新たなビジネス機会の創出を目指す企業にとってデータの可能性を最大化することが不可欠になっています。   本日、マイクロソフトは、ビジネスを変革するデータと AI のソリューション構築を実現するための数多くの素晴らしい発表を行いました。20 年以上にわたり、企業はリレーショナルデータのあらゆる局面を管理するために SQL Server を活用してきました。昨年の Ignite では、広く使われてきた SQL Server のエンジンを Linux でも稼働できるようにした SQL Server…


SQL Server Integration Services ( SSIS ) の使い方

この記事は、2016 年 9 月 28 日 に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容です。   Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 坂本 禎尚 今回は SQL Server Integration Services 、通称 SSIS の使い方をご紹介します。 SSIS とは SQL Server が持つ ETL ツールです。 Extract - データ ソースからの情報の抽出・取り込み Transform - 抽出したデータの変換や加工 Load - 変換や加工が完了したデータのロード ETL という言葉は以前はデータウェアハウスを構築・維持をしていくうえでの工程を表した用語でしたが、最近ではそもそもデータベースに限定することなく様々なデータ ソース間のデータ連携手段として用いられることが多くなってきています。 SSIS の前身は SQL…


SQL Server Integration Services (SSIS) – パッケージの実行方法

この記事は、2017 年 3 月 22 日 に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容です。   Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 佐藤秀和 SQL Server Integration Services (SSIS) のパッケージ実行方法は、用途に応じて様々な実行方法がありますが、今回はSQLステートメントからSSISパッケージを実行する方法についてご紹介いたします。   SSIS パッケージの実行方式 SSIS パッケージの実行には、以下の様な実行方式がありますが、それぞれパッケージの配置場所(SSISサーバーやファイルシステム)や実行タイミング(スケジュール実行やユーザによる実行)に特徴があります。


SQL Server 2016 新機能  INSERT…SELECT のパラレル処理

この記事は、2016 年 6 月 1 日 に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容です。   Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 北澤 2016 年 6 月 1 日に出荷開始された SQL Server 2016 新機能の情報も色々な媒体で目にする事も多いと思います。 この記事では、数多くある新機能の中ではあまり目立たないのですが、バッチ処理のパフォーマンスを向上させる SQL Server 2016 の新機能「 INSERT…SELECT のパラレル処理」についてご紹介致します。 「 INSERT…SELECT 」は、 SELECT で検索したクエリ結果を指定したテーブルに INSERT する処理で、バッチ処理などで中間テーブルを生成したり、サマリーテーブルを生成する、という用途で良く使われる処理です。バッチ処理の中で時間がかかっている、と実感されている方も多いのではないでしょうか。


SQL Server 2016 Analysis Services のご紹介

この記事は、2016 年 5 月 16 日 に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容です。   Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 高木 充弘 みなさんこんにちは。SQL Server の機能の一つに、Analysis Servicesがあるのをご存知でしょうか?最初は多次元データベースとして OLAP Services が登場し、SQL Server 2012 で列ストア型インメモリDBである表形式モードが追加されました。 ここでは Analysis Services の目的、機能、開発・管理・運用方法、分析方法についてご説明致します。 Analysis Services の目的 多くの場合、BI ツールから直接データベースへ接続して検索するケースが多いと思います。利用者の方から、パフォーマンスをもっと早くしてほしい、他のデータとつなげて分析したいなどの要求に応じて、データベース設計を見直したり、データマートを個別に作成したりして大変な思いをしたご経験はありませんか? Analysis Services では利用者のさらなる高速化の要望に応えるために、「事前集計による多次元データベース」に加えて、「インメモリアクセス」による高速化機能を実装しています。また複数のデータソースからなるデータモデリング、アクセス権限の管理機能も備えています。このビックデータ時代に蓄積される莫大な量のデータ分析に対応するため、データソースに直接クエリする機能も、SQL Server 2016 から大幅に性能が改善されました。   Analysis Services の3つ機能 1) 多次元モード(SQL Server…


Video Indexer : 一般提供開始とその他の発表について

執筆者: Ella Ben-Tov (Senior Program Manager, Video Indexer) このポストは、2018 年 9 月 13 日に投稿された Video Indexer – General availability and beyond の翻訳です。   このたび、Video Indexer の一般提供が開始 (英語) されました。これにより、Azure のお客様は、Video Indexer のすべてのメタデータ関連の機能を常に業務に利用できるようになります。しかし、Video Indexer に関する発表事項は、今回の一般提供だけではありません。2018 年 5 月に Video Indexer のパブリック プレビューをリリース (英語) して以来、Video Indexer チームは常にイノベーションを継続して豊富な新機能を追加し、Video Indexer のインサイトを充実させると共に、お客様のビデオやオーディオのニーズに対応してきました。 快適なエクスペリエンスとウィジェットの強化 Video Indexer ポータルの既存の [Insights] および [Timeline] ウィンドウでは、お客様がメディアのインサイトを簡単に確認して評価することができます。このエクスペリエンスは、埋め込み可能なウィジェット (英語)…


Azure を上手く使いこなしているユーザーに共通する 5 つの習慣

執筆者: Omar Khan (General Manager, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 9 月 12 日に投稿された Five habits of highly effective Azure users の翻訳です。   Azure でできることは数え切れないほどあります。IT 環境を刷新する、次世代アプリを開発する、人工知能を活用する、ソリューションを無数にデプロイする、などさまざまなことができますが、これらを成功させる人は共通してある基本的な習慣を持っています。 Azure チームでは、お客様の声に耳を傾けることを重視し、何が皆様を成功に導いているのか理解することに努めています。そこで今回は、Azure のメリットを余すところなく活用している人が行っている日常的な習慣をいくつかご紹介します。 実績のあるベスト プラクティスを常に把握しておく Azure を上手く使いこなしているユーザーは、最適化に終わりはないことを知っています。彼らは行っているのは、常に最新のベスト プラクティスを把握しておくために、Azure Advisor を定期的に確認することです。 Azure Advisor は、Azure リソースの構成と使用状況を分析し、ワークロードの高可用性、セキュリティ、パフォーマンス、コストを最適化するための推奨事項を提案してくれる無料のツールです。よくある推奨事項の例としては、使用率の低い Virtual Machine (VM) を適切にサイジングしたり、シャットダウンすることや、VM のバックアップを構成することなどです。 Advisor では、Azure 全体の推奨事項をまとめて把握できます。Azure Security Center や Azure Cost Management などのコンパニオン ツールと統合されているため、最適化のためのあらゆる推奨事項を簡単に確認し、対応することができます。Advisor…