Azure Site Recovery による Veritas Backup Exec Instant Cloud Recovery の DR のサポート


執筆者: Sujay Talasila (Senior Program Manager, Cloud + Enterprise)

このポストは、2018 年 8 月 14 日に投稿された Azure Site Recovery powers Veritas Backup Exec Instant Cloud Recovery for DR の翻訳です。

 

Microsoft Azure Site Recovery (ASR) は、Azure とオンプレミスの両方で実行しているアプリケーションを対象とする DRaaS (サービスとしての災害復旧) です。ASR を使用することで、IT のサービス中断が発生した場合にも、コンプライアンスを損なうことなく、アプリケーションのダウンタイムを短縮することができます。ASR は、Linux、Windows、VMware VM、Hyper-V VM、物理サーバーのオンプレミス アプリケーションを包括的にカバーします。

今回、Veritas Backup Exec 20.2 のリリース (英語) に伴い、Azure Site Recovery で Backup Exec Instant Cloud Recovery (ICR) がサポートされました。ICR では、オンプレミス VM の Azure への継続的レプリケーションを簡単に構成し、オンプレミスでサービス中断が発生した場合に迅速なフェールオーバーを行うことができます。Backup Exec のお客様は ICR を使用して、ビジネス クリティカルなアプリケーションの目標復旧時点 (RPO) と目標復旧時間 (RTO) を最小限に抑え、動的な災害復旧プラットフォームとしての Azure のメリットを実現できます。

Instant Cloud Recovery を使用するには Azure サブスクリプションが必要です。ICR では、VMware および Hyper-V VM がサポートされ、使い慣れた Backup Exec コンソールから直接、概要ビュー、監視、レプリケーションの正常性に関する詳細、主なアクションにアクセスできます。また、Azure Portal では、高度な監視およびフェールオーバー操作を行うことができます。

Backup Exec Instant Cloud Recovery の Azure への DR は、ASR が提供されているすべての Azure リージョンで利用できます。利用を開始するには、Backup Exec 20.2 の無料体験版をダウンロードしてください。

関連資料

 

Comments (0)

Skip to main content