Azure App Service で Windows コンテナーのサポートのパブリック プレビューを開始


執筆者: Andrew Westgarth (Program Manager, Azure App Service)

このポストは、2018 8 8 日に投稿された Announcing the public preview of Windows Container Support in Azure App Service の翻訳です。

 

Web Apps Windows Server コンテナーのサポートのパブリック プレビューが開始されました。コンテナー ベースの Web アプリをサポートする Web App for Containers は、コンテナーにインストールしたものをより細かく制御したいと考える開発者向けのサービスです。

Azure App Service Windows コンテナーがサポートされたことにより、アプリケーションを刷新する新たな機会がもたらされます。

  • PaaS へのリフト & シフト: .NET Framework アプリケーションや .NET Core アプリケーションをそのまま Azure PaaS サービスに移行して、App Service プラットフォームの多数の生産性機能を活用することができます。
  • 依存関係を持つアプリケーション: Windows コンテナーにアプリをデプロイすることで、カスタムの依存関係をインストールできます。たとえば、カスタムのフォントやコンポーネント ライブラリをグローバル アセンブリ キャッシュ (GAC) にインストールする必要があるといった場合に便利です。
  • セキュリティ上の制約の緩和: コンテナー化されたアプリケーションをデプロイする場合は、Windows コンテナーが分離およびセキュリティの境界となります。そのため、通常は Azure App Service によってブロックされるライブラリへの呼び出しでも、Windows コンテナーで実行する場合には成功します。たとえば、PDF 生成ライブラリの多くはグラフィックス デバイス インターフェイス (GDI) API を呼び出します。Windows コンテナーを使用すると、それらの呼び出しが成功します。
  • サードパーティ製アプリケーションの移行: お客様が使用しているビジネス クリティカルなアプリケーションは、既に関係が終了したサードパーティによって開発されたものだというケースが多々あります。そのようなアプリケーションをコンテナー化すれば、Azure App Service に移行できるようになります。

Windows コンテナー向けの新しい SKU

Windows コンテナーのサポート開始に伴い、App Service プランに新たに 3 種類の Premium SKU を追加しました。これらは、Windows コンテナーを使用してデプロイしたアプリケーションをホストするための専用の SKU です。新しい SKU はいずれも Dv3 シリーズの機能を提供するもので、お客様のアプリケーションにとって選択肢の幅が広がります。Premium Container レベルでは、コンテナーを実行するために以下の 3 種類のオプションが提供されます。

  • Small (CPU 仮想コア 2、メモリ 8 GB)
  • Medium (CPU 仮想コア 4、メモリ 16 GB)
  • Large (CPU 仮想コア 8、メモリ 32 GB)

Pricing tiers

Windows コンテナーを Azure App Service でホストするサービスを検討、評価していただくために、8 月中は 3 種類の新しい SKU の無料プレビューを実施します。通常のプレビュー料金は、2018 9 13 日より適用されます。

サポート対象の基本イメージ

Windows コンテナーは常に Windows の基本イメージから作成されます。これは、Azure App Service にデプロイされる Windows コンテナーにも該当します。サービスの一部として、マイクロソフトのインフラストラクチャ上の複数の基本イメージをキャッシュして提供しています。アプリケーションの起動時間を短縮するために、それらをコンテナーの基本イメージとして使用することを推奨します。また、お客様が独自の基本イメージを使用することも可能ですが、サービス外の基本イメージを使用すると、アプリケーションの起動に時間がかかります。

.NET Framework アプリケーションをデプロイしているお客様は、Windows Server Core 2016 Long Term Servicing Channel リリースの基本イメージを選択する必要があります。.NET Core アプリケーションをデプロイしているお客様は、Windows Server Nano 2016 Long Term Servicing Channel リリースの基本イメージを選択する必要があります。現時点では、Windows Server 1709 リリースの基本イメージを使用したコンテナーへのアプリケーションのデプロイメントは、Azure App Service ではサポートされていません。

キャッシュされた基本イメージは以下のとおりです。

  • microsoft/iis:windowsservercore-ltsc2016, latest
  • microsoft/iis:nanoserver-sac2016
  • microsoft/aspnet:4.7.2-windowsservercore-ltsc2016, 4.7.2, latest
  • microsoft/dotnet:2.1-aspnetcore-runtime
  • microsoft/dotnet:2.1-sdk

パブリック プレビューの機能

  • Docker HubAzure Container Registry、プライベート レジストリのいずれかからコンテナー化されたアプリケーションをデプロイ
  • デプロイメント スロットとスロット スワップにより、アプリを運用環境に段階的にデプロイ
  • オートスケールにより自動的にスケールアウト
  • アプリケーション ログを有効化し、App Service のログ ストリーミング機能を使用してアプリケーションのログを表示
  • PowerShell WinRM を使用して、コンテナーに直接リモート接続

appservice_windows_containers_winrm (002)

使用を開始するには、こちらのクイック スタート (英語) をご参照ください。

ご意見をお寄せください

Azure App Service での Windows コンテナーのサポートにより、Windows プラットフォームで実行されるエンタープライズ クラスの Web アプリケーションや API アプリケーションを構築、移行、デプロイ、スケーリングする選択肢がさらに増えました。パブリック プレビュー期間中には、さらなる機能を追加する予定です。一般提供に向けて、ぜひフィードバック (英語) をお寄せください。

 

Comments (0)

Skip to main content