Azure ポータルで Managed Disks への移行が可能に


執筆者: Kay Singh (Senior Program Manager, Azure Compute)

このポストは、2018 8 2 日に投稿された Managed Disks migration now available in the Azure Portal の翻訳です。

 

Azure ポータルで Unmanaged Disks VM Managed Disks に変換する機能をリリースいたしました。これにより、PowerShell CLI スクリプトを使用しなくても、ワンクリックで移行できるようになります。

Azure Managed Disks は、リリース以来高い評価を得ており、既に多くのお客様に導入いただいています。まだ使用されたことのないお客様のために、すべての機能をまとめてご紹介します。ぜひご検討ください。

  • ストレージ アカウントの制限を気にせずにアプリケーションをスケーリング
  • 障害ドメインの整合性により、コンピューティングおよびストレージ リソース全体の高可用性を実現
  • 最大 1,000 個のインスタンスを含む VM Scale Sets を作成
  • ディスク、スナップショット、イメージを優先リソースとしてアーキテクチャに統合
  • Azure RBAC (ロールベースのアクセス制御) によってディスク、スナップショット、イメージを保護

Managed Disks のさらなるメリットについては、「Azure Managed Disks の概要」をご覧ください。

 

Azure ポータルでの Managed Disks への移行

Azure ポータル内での移行は非常に簡単です。手順は以下のとおりです。

Unmanaged Disks VM を使用している場合は、VM の概要ブレードに情報バナーが表示されます。

vm1

バナーをクリックすると、移行ブレードが起動します。

vm2

: VM が可用性セットに含まれている場合は、先に可用性セットを移行するように促すメッセージが表示されます。

移行が開始されると、以下のスクリーンショットのように、移行ステータスを確認することができます。

vm3a

[Resource Group] ビューに戻ると、追加の Disk リソースが表示されます。VM にアタッチされた OS およびデータ ディスクごとに 1 つのディスクが表示されます。

vm4

サイド バーの [Disks] をクリックして、VM のディスクの詳細を表示することもできます。

vm5

 

移行の自動化

マネージド ディスクへの移行を自動化する場合は、以下の手順をご確認ください。

 

Comments (0)

Skip to main content