Azure Site Recovery で Windows Server 2008 を Azure に移行する

執筆者: Bharath Sivaraman (Senior Program Manager, Azure Site Recovery) このポストは、2018 年 8 月 20 日に投稿された Migrate Windows Server 2008 to Azure with Azure Site Recovery の翻訳です。   Windows Server 2008/2008 R2 は、高い信頼性を持つプラットフォームとして、約 10 年もの間お客様に愛されて続けてきました。Windows Server 2008 プラットフォームは、世界中にデプロイされている膨大な数のインスタンスで使用され、多数のビジネス アプリが実行されています。その中には、きわめて重要なアプリも含まれています。 Windows Server 2008 のサポート終了は 2020 年 1 月に予定されています。その期限が近づく今は、Windows Server 2008 をご利用のお客様にとって、アプリとインフラストラクチャを刷新し、Azure の能力を活用し始める絶好のチャンスと言えます。しかし、デジタル トランスフォーメーションは、一夜にして成し遂げられるものではありません。マイクロソフトは、Windows Server 2008 でビジネス アプリを実行しているお客様に向けて、デジタル…


Linux VM 用 DPDK (Data Plane Development Kit) の一般提供を開始

執筆者: Laxmana Rao Battula (Senior Program Manager, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 8 月 21 日に投稿された DPDK (Data Plane Development Kit) for Linux VMs now generally available の翻訳です。   Azure Linux 仮想マシン (VM) 用 Data Plane Development Kit (DPDK) の一般提供をすべての Azure リージョンで開始しました。この機能は、VM のカーネル ネットワーク スタックをバイパスするハイ パフォーマンス アプリケーション向けの、ユーザー領域のパケットを高速で処理するフレームワークです。 DPDK は、仮想ルーター、ファイアウォール、VPN、ロード バランサー、Evolved Packet Core (EPC)、サービス拒否 (DoS) アプリケーションなどをネットワーク仮想アプライアンスの形で実装するネットワーク機能の仮想化を進めるうえで、パフォーマンス向上に大きく貢献します。DPDK は、Azure…


FFIEC に準拠したワークロード向けに Azure Blueprint を拡張

執筆者: Alan Ross (Senior Director, Financial Services Industry) このポストは、2018 年 8 月 21 日に投稿された Expanded Azure Blueprint for FFIEC compliant workloads の翻訳です。   このたびマイクロソフトは、米国連邦金融機関検査協議会 (FFIEC) の規制に準拠したワークロード向けに拡張した Blueprint の一般提供を開始しました。金融サービス業のお客様の多くが Azure クラウド プラットフォームへの移行を進めていることに伴い、マイクロソフトは Blueprint を拡張し、4 種類の参照アーキテクチャを安全性が高くコンプライアンスを維持できるようにデプロイする方法を提示したいと考えてきました。そうすることで、マイクロソフトがお客様に代わって Azure に実装するセキュリティ制御の種類やお客様によるセキュリティ制御の実装方法を推測せずに済むようになります。 マイクロソフトは、米国をはじめとする世界各国の銀行と連携してきた経験を活かし、コンプライアンスに準拠したワークロードを Azure に移行するエンドツーエンド ソリューションを開発し、移行期間の短縮を実現しました。Blueprint を使用すれば、ゼロから面倒な作業を行う必要はありません。Blueprint は、FFIEC の規制に準拠しながら、機密の金融データの収集、格納、取得に適した PaaS Web アプリケーション、IaaS Web アプリケーション、データ分析、データ ウェアハウスのアーキテクチャを Azure にデプロイするためのガイドを提供します。 FFIEC Blueprint の現在の構成内容 4…


Azure であらゆる業界を改革する – はじめに – 第 1 回

執筆者: Marty Donovan (Senior Program Manager, Industry Experiences) このポストは、2018 年 8 月 20 日に投稿された Driving industry transformation with Azure – Getting started – Edition 1 の翻訳です。   マイクロソフトは、あらゆる組織がその業界ならではの課題を解決し、新たなビジネス チャンスを創出し、デジタル トランスフォーメーションを推進できるよう支援することを重視しています。マイクロソフトや主要パートナーが、各業界に特化したソリューション、コンテンツ、ガイドなどのリソースをほぼ毎日のように発表しているのは、そのためです。このブログ シリーズでは、あらゆる業界のお客様が新たなビジネス チャンスを掴めるように、Azure を活用した課題解決や機会創出の方法に関する最新情報を毎月まとめてお届けします。 銀行/金融業 詐欺や金融犯罪への対策 サイバー攻撃や詐欺の手法は日々進化しており、システムによるより迅速な検出が求められています。この記事では、金融業界をけん引する大手銀行における活用事例と情報が紹介されています。Azure の機械学習と AI のソリューションにより、リスクをすばやく検出して保護する方法をご覧ください。 Azure を活用して金融分析機能をアップグレードする方法 (英語) コーポレート ファイナンスや投資銀行にとって、リスク分析はきわめて重要です。Azure を活用してリスク評価ソリューションを実装する方法をご覧ください。 大手小売店の事例から学ぶ (英語) 銀行では、新しいサービス オプション、迅速な対応、個別のアドバイスなど、サービスのさらなる充実が求められています。この記事では、最先端の小売店の事例から学べるヒントを紹介しています。 Microsoft Azure が、金融機関向けに改ざん防止の Azure Blob Storage…


MS クラウド ニュースまとめ – SQL Server から Azure SQL Database へのオンライン移行のサポート 他 (2018 年 8 月 22 日)

執筆者: Cloud Platform Team このポストは、2018 年 8 月 22 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for August 22, 2018 の翻訳です。   Azure SQL Database Managed Instance の General Purpose を近日中に正式リリース Azure SQL Database Managed Instance の General Purpose パフォーマンス レベルが、2018 年 10 月 1 日に正式リリースとなる予定です。Managed Instance は SQL Server とのほぼ完全な互換性を持つ新しいデプロイメント オプションで、オンプレミスのワークロードを最小限の変更でクラウドに移行できます。General Purpose パフォーマンス レベルは、大半のビジネス ワークロードに適した、バランスの取れたスケーラブルなコンピューティング オプションとストレージ…


IoT デバイスへの証明書のインストール

執筆者: Nicole Berdy (Senior Program Manager, Azure IoT) このポストは、2018 年 8 月 16 日に投稿された Installing certificates into IoT devices の翻訳です。   最近多くのエンジニアが Azure IoT Hub Device Provisioning Service を使用し始め、X.509 証明書ベースの認証への移行が進みつつあります。これは非常に素晴らしいことです。これに伴い、ベスト プラクティスや大規模環境で使用する場合についてさまざまなご質問をいただくようになりました。しかし、証明書の発行元やインストール方法、各ステージでの所有者は個々のプロセスやビジネス上の関係性などによって異なるため、その答えはさまざまです。この記事では、運用レベルの大きな規模で行う場合の証明書の生成プロセスと IoT デバイスへのインストール プロセスについて説明します。 この記事は、既に証明書を IoT デバイスに問題なくインストールし、システムを使用できている方には該当しないため、よろしければこちらのコンテンツ (英語) をご覧ください。この記事は、IoT デバイスに証明書を使用する方法に移行しようとしていて、ベストな方法を模索中の方向けの内容となっています。 深刻なセキュリティ問題 パスワードを使った手っ取り早い方法を採用されてきた方は、1 つの証明書をすべてのデバイスで使うことができないことを疑問に思われているかもしれません。パスワードの場合、同じものをすべてのデバイスで使用することが可能だったからです。そもそも 1 つのパスワードを使い回すのは非常に危険な行為です。過去には何度も大規模な DDoS 攻撃の原因となりました。数年前には米国東海岸で DNS がダウンしたこともあります。そのため、たとえ個人アカウントであっても、パスワードの使い回しは避けるべきです。また、パスワードとは違い、証明書は完全な ID です。パスワードは、クラブハウスに出入りするための暗号のようなものである一方、証明書は、入場者に身分証の提示を求める警備員のようなものです。たとえば、私が自分のパスポートを何枚もコピーし、その 1 つをあなたに渡したとします。しかし、あなたが私のふりをして (私の ID…


Azure Site Recovery による Veritas Backup Exec Instant Cloud Recovery の DR のサポート

執筆者: Sujay Talasila (Senior Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、2018 年 8 月 14 日に投稿された Azure Site Recovery powers Veritas Backup Exec Instant Cloud Recovery for DR の翻訳です。   Microsoft Azure Site Recovery (ASR) は、Azure とオンプレミスの両方で実行しているアプリケーションを対象とする DRaaS (サービスとしての災害復旧) です。ASR を使用することで、IT のサービス中断が発生した場合にも、コンプライアンスを損なうことなく、アプリケーションのダウンタイムを短縮することができます。ASR は、Linux、Windows、VMware VM、Hyper-V VM、物理サーバーのオンプレミス アプリケーションを包括的にカバーします。 今回、Veritas Backup Exec 20.2 のリリース (英語) に伴い、Azure Site Recovery で…


Azure Data Factory のビジュアル ツールと GitHub の統合が可能に

執筆者: Gaurav Malhotra (Senior Program Manager, Azure Data Factory) このポストは、2018 年 8 月 9 日に投稿された Azure Data Factory Visual tools now supports GitHub integration の翻訳です。   GitHub (英語) は、オープンソース コミュニティや企業に所属する何百万人もの開発者が協力して、コードのホストやレビュー、プロジェクト管理、ソフトウェアのビルドを行うことができる開発プラットフォームです。また、Azure Data Factory (ADF) は、Extract/Transform/Load (ETL) ワークフローの反復的なビルド、オーケストレーション、監視を行うことができる Azure のマネージド型のデータ統合サービスです。今回、この Azure Data Factory を GitHub と統合できるようになりました。ADF のビジュアル オーサリング ツールと GitHub を統合することにより、Data Factory のアセット (パイプライン、データセット、リンクされたサービス、トリガーなど) で、他の開発者との共同作業、ソース管理、バージョン管理を行えるようになります。 これを開始するには、[Set up…


Azure Sphere の技術ドキュメントを公開

執筆者: Ed Nightingale (Partner Architect) このポストは、2018 年 8 月 9 日に投稿された Now Available: Azure Sphere technical documentation の翻訳です。   今年の 4 月、全世界に向けて Azure Sphere が発表されました。それ以来、多くのお客様の関心を集め、メディア (英語) での会話も盛り上がりを見せています。これは、エンドツーエンドの安全な IoT プラットフォームを実現するというマイクロソフトのビジョンや取り組みをお伝えすると同時に、パートナー様、お客様、消費者の皆様の声を聞くことができる貴重な機会となりました。IoT デバイスには、設計者がデバイスの着想を得た瞬間から、シリコン、ソフトウェア、クラウドのすべてに関するセキュリティ対策を含める必要があります。マイクロソフトは今後も、後付けではない IoT セキュリティの実装に精力的に取り組んでいきます。 Azure Sphere の目的は、デバイス メーカーが MCU 搭載デバイスを簡単かつ手頃な価格で構築できるようになり、また、マイクロソフトの何十年にも及ぶセキュリティ分野での経験を活かして、Azure Sphere Security Service への接続を保護できるようにすることです。パブリック プレビューの開始がすぐそこまで迫る今、Azure Sphere で使用されているテクノロジについて詳しくご紹介したいと思います。ちょうど今週、Azure Sphere のドキュメント (英語) をリリースしました。このドキュメントでは、下に一例を掲載しているアーキテクチャから、重要なコンセプト、アプリ開発、現場のデバイスへのアプリの OTA (Over-The-Air) デプロイメントまで、幅広いトピックを取り上げています。また、クイックスタート ガイド、チュートリアル、厳選されたベスト プラクティスもあり、いずれも開発キットをすばやく立ち上げ、利用を開始するのに役立つ資料となっています。開発キットは数週間のうちに発送を開始する予定ですので、もう少しお待ちください。 Azure…


Azure App Service で Windows コンテナーのサポートのパブリック プレビューを開始

執筆者: Andrew Westgarth (Program Manager, Azure App Service) このポストは、2018 年 8 月 8 日に投稿された Announcing the public preview of Windows Container Support in Azure App Service の翻訳です。   Web Apps で Windows Server コンテナーのサポートのパブリック プレビューが開始されました。コンテナー ベースの Web アプリをサポートする Web App for Containers は、コンテナーにインストールしたものをより細かく制御したいと考える開発者向けのサービスです。 Azure App Service で Windows コンテナーがサポートされたことにより、アプリケーションを刷新する新たな機会がもたらされます。 PaaS へのリフト & シフト: .NET Framework…