IT プロフェッショナルに朗報: Azure File Sync の一般提供を開始


執筆者: Tad Brockway (General Manager, Azure Storage & Azure Stack)

このポストは、2018 7 19 日に投稿された Score one for the IT Pro: Azure File Sync is now generally available! の翻訳です。

 

Azure File Sync は、オンプレミスの Windows Server ファイルを Azure ファイル共有にレプリケートするサービスです。クラウドとオンプレミス ファイル サーバーの両方のメリットが得られるため、どちらかのメリットを諦める必要はありません。Azure File Sync を使用すると、データへのローカル アクセスを維持しながら、Azure 内でファイル サービスを集中管理することができます。

Azure File Sync の詳細については、こちらのプランニング ガイドをご覧ください。

Azure Files は、クラウド ストレージを簡単に利用していただけるようにすることを目的に開発されました。長年にわたる Windows ファイル サーバーの構築経験から、私たちはファイル共有がアプリケーション開発以外にもさまざまな場面で役に立つことを知っています。このため Azure Files の開発では、汎用的なファイル共有を構築し、それを組織内のすべてのファイル サーバーや NAS デバイスの代わりに使用できるようにすることを重視しました。そして本日は、ある重要な節目を迎えたことを発表させていただきます。それは、Azure File Sync の一般提供が開始されたことです!

Azure File Sync を開発するにあたって、マイクロソフトは多くのお客様とさまざまな課題について話し合ってきました。中でも、頻繁に使用するデータにローカルからすぐにアクセスしたいというニーズと、オンプレミス ストレージのメンテナンスや管理にかかる時間やコストとのバランスをどう取るかというのは、難しい問題でした。Azure File Sync では、オンプレミスの Windows Server ファイルを Azure ファイル共有にレプリケートすることができます。これは、DFS-R を使用して Windows Server 間でデータをレプリケートするのと同じような感覚です。Azure 内にデータをコピーした後、Azure File Sync の便利な機能であるクラウドの階層化機能を有効にすると、使用頻度の高いデータや最近アクセスしたデータのみがオンプレミスに保存されるようになります。また、クラウドにはデータの完全なコピーが保存されるため、Azure ファイル共有に必要な数だけサーバーを接続すれば、ユーザーはどこにいても高速データ キャッシュにアクセスすることができます。つまり、Azure File Sync なら、Azure 内でファイル サービスを集中管理しながら、データへのローカル アクセスを維持できるということです。

クラウドにデータのコピーを保存するメリットは他にもあります。たとえば、サーバーが突然利用できなくなっても、高速のディザスター リカバリー機能によってほぼ瞬時にサーバーを復元することができます。また、更新の失敗や物理ディスクの損傷などの障害が起きても、クラウドには回復性の高いデータ コピーがあるため心配無用です。新しい Windows Server を既存の同期グループに接続するだけで名前空間が直ちにプルダウンに表示され、使用可能になります。

昨年の Ignite Azure File Sync を発表した際、Azure Files Azure File Sync はクラウドの利用を推進する多くの組織にとって役立つものだとは考えていましたが、これほど関心が高まっているとは思いもよりませんでした。Azure File Sync の一般提供を前に、私たちはプレビュー中にお客様から寄せられたフィードバックを反映することに多くの時間をかけました。以下は、初期プレビューから改善、強化された重要な点の一部です。

  • 同期とクラウドの階層化に関するパフォーマンス、拡張性、信頼性が向上: 一般提供にあたり、アップロードのパフォーマンスを 2 倍、高速ディザスター リカバリーのパフォーマンスを 4 18 (ハードウェアによって異なる) に引き上げました。また、クラウドの階層化のバックエンドを再構築し、より高速で信頼性の高い階層化をサポートできるようにしました。これにより、使用済みボリューム領域が空きボリューム領域のしきい値 (%) を超えたことが検出された場合、直ちに階層化をサポートできます。
  • Azure File Sync Portal のエクスペリエンスが向上: プレビュー中にお客様から最も多く寄せられた課題の 1 つは、システムの状態がわかりにくいという点でした。マイクロソフトとしては、お客様にシステムの構成を理解してもらったり、コンピューター サイエンスの博士号を取得してまで Azure File Sync サーバー エンドポイントの状態を理解できるようになっていただくようなことは避けなければなりません。そのため私たちは、ポータル エクスペリエンスを改良することにしました。同期アップロードの進行状況がわかりやすく表示されるようにしたほか、エラー メッセージもアクション可能なものだけが表示されるようにしました。これにより、お客様はシステムの状態を理解するよりも、本来の日常業務に多く時間を割けるようになっています。
  • geo 冗長ストレージ (GRS) との統合で全体的なディザスター リカバリーが可能に: 高速ディザスター リカバリーでは、オンプレミス システムが被災した場合にはすばやく復元することができます。しかし、Azure リージョンにサービスを提供しているデータセンターが被災した場合は、簡単に復元することはできません。そこで私たちは、今回の一般提供に合わせて、Azure File Sync GRS の回復性の設定をエンドツーエンドで統合することにしました。これにより、Azure File Sync なら、災害時にも組織の貴重なデータをしっかりと守ることができます。

 

進化はこれから

今回の Azure File Sync の一般提供開始は、Azure Files Azure File Sync のイノベーションを進めていくための出発点にすぎません。マイクロソフトでは、この夏から秋にかけて多くの新機能や機能強化を提供していく予定です。その中には、Windows Server 2019 のサポートや、Windows Server 2019 との統合の強化なども含まれています。どうぞご期待ください。それでは Ignite でお会いしましょう!

Azure File Sync のさらに詳しい情報については、製品ページをご覧ください。

 

Comments (0)

Skip to main content