Windows Server 2008 SP2 のサービス変更について


執筆者: Sachin Goyal (Senior Program Manager, Windows Servicing & Delivery Team)

このポストは、2018 6 12 日に投稿された Windows Server 2008 SP2 servicing changes の翻訳です。

 

Windows Server 2008 SP2 が、ロールアップ モデルに移行することになりました。月例品質ロールアップのプレビューの初回リリースは、2018 8 21 () に予定されています。

これにより、Windows Server 2008 SP2 その後にリリースされた Windows バージョンと同じサービス モデルになり、サービス エクスペリエンスの一貫性が増すと同時にシンプルになります。Windows の更新を管理されている方は、どのような選択肢があるかよく確認されるようにしてください。

8 月に月例品質ロールアップの最初のプレビューがリリースされた後、毎月のリリースは以下のようになる予定です。

セキュリティのみの品質更新プログラム: 2018 9 月以降、マイクロソフトの月例更新日として知られる第 2 火曜日に、セキュリティのみの品質更新プログラムがリリースされます。

セキュリティ月例品質ロールアップ: 2018 9 月以降、マイクロソフトの月例更新日として知られる第 2 火曜日に、セキュリティ月例品質ロールアップがリリースされます。

月例品質ロールアップ プレビュー: 2018 8 月以降、第 3 火曜日に月例品質ロールアップのプレビューがリリースされます。

詳細については、こちらの IT プロフェッショナル向けの Windows ブログをご覧ください。

Internet Explorer の更新

  • 月例ロールアップには、Windows Server 2008 SP2 Internet Explorer 9 の修正プログラムも含まれます。既に新しいバージョンがインストールされている場合を除いて、セキュリティのみの品質更新プログラム、セキュリティ月例品質ロールアップ、月例品質ロールアップ プレビューによって新しいバージョンの Internet Explorer がインストール/アップグレードされることはありません。

.NET Framework の月例ロールアップ

今回の変更により、Windows Server 2008 SP2 搭載コンピューターの更新が簡素化され、スキャンやインストールの所要時間が短縮されます。また、普段の Windows の更新管理がさらに柔軟になります。

 

Comments (0)

Skip to main content