クラウドと AI で豊かになる未来: お客様の成功を後押しする Azure の新たなイノベーション

執筆者: Jason Zander (Executive Vice President, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 7 月 12 日に投稿された New Azure innovation advances customer success for the cloud- and AI-powered future の翻訳です。   インテリジェント クラウドと AI によって私たちの未来がさらに豊かになるように、世界中の企業がさまざまな準備を進めています。お客様のビジネス戦略と変革の中心にこうした新たなテクノロジが据えられる中、マイクロソフトはそれに役立つ最先端のイノベーション、プログラム、専門知識を提供する取り組みを進めています。 マイクロソフトのビジネスの根幹はプラットフォームの提供であり、世界中のすべてのお客様の成功を後押しするために、Azure の提供地域を随時拡大 (英語) し、新たなイノベーションを投入し続けています。また、世界中のあらゆる規模のお客様にエンドツーエンドの価値を届けるために、幅広いパートナー ネットワークの力を借りています。 私は大きなイベントの準備を進める際、いつもマイクロソフトのミッションを振り返ることにしています。数日後に Microsoft Inspire の開催を控えた今は、だれかの成功のために働ける企業の一員でいることが、どれだけ自分の活力になっているか改めて実感しています。マイクロソフトは「地球上のすべての個人とすべての組織がより多くのことを達成できるように支援する」というミッションを掲げており、私はこの熱意に満ちた目標を真摯に受け止めています。マイクロソフトはパートナー様の協力のもと、イノベーションが急速に進む中でお客様が確実に成功を収められるよう、さまざまな取り組みを進めています。 ここでは、企業のお客様を支援する新たなサービスとテクノロジについてご紹介します。これらは、お客様が独自のデジタル トランスフォーメーションを進め、クラウドと AI に欠かせない基盤を構築するのに役立つものです。また、インテリジェント クラウドやインテリジェント エッジを実際に取り入れている企業やパートナー様のユースケースについても簡単にご紹介します。 Azure Data Box サービスを拡張: マイクロソフトは昨年、Azure Data Box の提供を開始しました。Azure…


IT プロフェッショナルに朗報: Azure File Sync の一般提供を開始

執筆者: Tad Brockway (General Manager, Azure Storage & Azure Stack) このポストは、2018 年 7 月 19 日に投稿された Score one for the IT Pro: Azure File Sync is now generally available! の翻訳です。   Azure File Sync は、オンプレミスの Windows Server ファイルを Azure ファイル共有にレプリケートするサービスです。クラウドとオンプレミス ファイル サーバーの両方のメリットが得られるため、どちらかのメリットを諦める必要はありません。Azure File Sync を使用すると、データへのローカル アクセスを維持しながら、Azure 内でファイル サービスを集中管理することができます。 Azure File Sync の詳細については、こちらのプランニング ガイドをご覧ください。 Azure Files…


Azure NetApp Files のパブリック プレビューを開始

執筆者: Andrew Chen (Principal PM Manager) このポストは、2018 年 7 月 12 日に投稿された Azure NetApp files now in public preview の翻訳です。   企業の間では、スケーラビリティ、俊敏性、経済性に優れたパブリック クラウドの活用が急速に進んでいます。しかし、エンタープライズ レベルの要件を満たせるパフォーマンスやスケーラビリティの高いクラウド ファイル サービスがほとんどないため、ファイル ベースのアプリケーションをクラウドにデプロイするのは容易ではありません。 マイクロソフトは、ファイル ベースのワークロードのクラウドへのデプロイを実現するために、NetApp と協力して課題の解決に取り組んできました。そしてこのたび、Azure NetApp Files のパブリック プレビューを開始しました。これは、企業が求めるパフォーマンス、スケーラビリティ、データ管理、セキュリティ、ハイブリッドなどの機能要件を満たしてきた実績のある、NetApp の画期的な ONTAP テクノロジを基盤とした Azure ネイティブなサービスです。 プレビュー期間中は、以下の機能をご利用いただけます。 充実したデータ管理: さまざまなプロトコル、プロトコル バージョン、パフォーマンス レベルのサポートに加えて、ポリシー ベースのスナップショット機能が組み込まれているため、他のデータ保護ソリューションをインストールする必要はありません。 セキュリティ: ボリューム内のすべてのデータが格納時に暗号化されるようになっており、業界随一の Azure コンプライアンス ポートフォリオを活用することができます。 使いやすさ: 完全な統合型マネージド Azure サービスであるため、Azure Portal…


Azure Virtual WAN と Azure Firewall のパブリック プレビューを開始

執筆者: Yousef Khalidi (CVP, Azure Networking) このポストは、2018 年 7 月 12 日に投稿された Announcing public preview of Azure Virtual WAN and Azure Firewall の翻訳です。   SD-WAN (ソフトウェアで定義されたワイド エリア ネットワーク) などのネットワークの最新技術では、各ブランチに経路選択ポリシーを適用することで、ブレークアウト ポイントを選択するバックホールをなくしてインターネット トラフィックを直接クラウドに送信できるため、パフォーマンスが向上します。このトラフィックは、優れたネットワーク エクスペリエンスを実現するインテリジェント ルーティングにより、迅速にマイクロソフトのグローバル バックボーン ネットワークに到達することができます。しかし、すべてのブランチがインターネットに直接アクセスできるようになると、ブランチの接続を管理したり、大規模にネットワークやセキュリティのポリシーを統一したりするなど、新たな課題が生まれます。国や地域ごとに異なる厳格なセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスなどのポリシーが設定される中で、多くの従業員が離れた場所で働くようになり、ネットワーク ポリシーの管理はますます複雑化しています。 ネットワーク セキュリティは、ユーザー、データ、アプリケーションを保護するうえで重要な役割を果たします。クラウド開発者や IT チームは、日々サイバー攻撃を未然に防ぐために努力しています。クラウド ネイティブなネットワーク セキュリティ ソリューションは、アプリケーションの構築やデプロイにおける最新の DevOps モデルとの相性がよく、さらにクラウドの経済性や規模といったメリットも活用することができます。お客様が必要としているのは、高可用性と自動スケーリング機能を備えた、デプロイ、使用、管理が容易なターンキー ソリューションです。 このような最先端のソリューションを実現するために、大規模なブランチ間接続を簡素化する Azure Virtual WAN (英語) と、ネットワーク セキュリティ ポリシーに準拠しながら大規模かつシンプルにクラウドを活用できる Azure…


Azure Application Insights でユーザー行動分析ツールの一般提供を開始

執筆者: David Stephens (Program Manager, Visual Studio) このポストは、2018 年 7 月 10 日に投稿された General availability of user behavior analytics tools in Azure Application Insights の翻訳です。   マイクロソフトは、昨年の Microsoft Build 2017 にて Application Insights のユーザー行動分析ツール (英語) のプレビュー開始を発表しました。プレビューでは、皆様から寄せられたフィードバックを基に、新機能の追加やバグの修正を実施しました。マイクロソフトは、自社でもこの分析ツールを使用しながら、お客様からのご要望に先だってエクスペリエンスを改良してきました。 そしてこのたび、機能をさらに向上し、プレビューから一般提供に移行します。今後、ユーザー、セッション、イベント、ユーザー フロー、ファネル、保持、コーホート、影響の各ツールは、安定的に Application Insights でサポートされるようになります。   ツールの使用方法 ユーザー、セッション、イベントなどのユーザー行動分析ツールは、Application Insights のリソースの一部として Azure ポータルで使用することができます。Application Insights を開始するには、お持ちのアプリケーション スタックに応じたクイックスタートの手順をご確認ください。Application Insights リソースの準備が完了すると、左側のメニューの [Usage] の下にユーザー行動分析ツールが表示されるようになります。…


Azure Database for PostgreSQL の更新情報

執筆者: Sudhakar Sannakkayala (General Manager, Azure Data) このポストは、2018 年 7 月 12 日に投稿された Latest updates to Azure Database for PostgreSQL の翻訳です。   今年 3 月、PostgreSQL のコミュニティ バージョンである Azure Database for PostgreSQL の一般提供を開始しました。これにより、組み込みの高可用性、SLA による 99.99% の可用性保証、弾力的なパフォーマンス スケーリング、業界最高レベルのセキュリティとコンプライアンスを Azure で提供できるようになりました。一般提供開始後も、チームではさまざまな新機能や機能強化を実装し、サービス価値の向上に取り組んでいます。今回の記事では、お客様からのフィードバックを反映した新機能をご紹介します。   仮想ネットワーク サービス エンドポイント (プレビュー) でセキュリティを強化 Azure Database for PostgreSQL の仮想ネットワーク サービス エンドポイントのパブリック プレビューを、すべての提供地域で開始しました。 これを使用すると、仮想ネットワーク内の特定の単一サブネットまたは複数のサブネットから、論理サーバーへの接続を分離することができます。仮想ネットワークから Azure Database…


Azure Database for MySQL の更新情報

執筆者: Sudhakar Sannakkayala (General Manager, Azure Data) このポストは、2018 年 7 月 12 日に投稿された Latest updates to Azure Database for MySQL の翻訳です。   今年 3 月、MySQL のコミュニティ バージョンである Azure Database for MySQL の一般提供を開始しました。これにより、組み込みの高可用性、SLA による 99.99% の可用性保証、弾力的なパフォーマンス スケーリング、業界最高レベルのセキュリティとコンプライアンスを Azure で提供できるようになりました。一般提供開始後も、チームではさまざまな新機能や機能強化を実装し、サービス価値の向上に取り組んでいます。今回の記事では、お客様からのフィードバックを反映した新機能をご紹介します。   仮想ネットワーク サービス エンドポイント (プレビュー) でセキュリティを強化 Azure Database for MySQL の仮想ネットワーク サービス エンドポイントのパブリック プレビューを、すべての提供地域で開始しました。 これを使用すると、仮想ネットワーク内の特定の単一サブネットまたは複数のサブネットから論理サーバーへの接続を分離することができます。仮想ネットワークから Azure Database…


SQL Server 2008 のサポート終了が新世代のデータベースへの移行を後押し

執筆者: SQL Server Team このポストは、2018 年 7 月 12 日に投稿された SQL Server 2008 end of support is the first step to tomorrow’s database の翻訳です。   本日、マイクロソフトの沼本健が自身のブログの中で、SQL Server 2008/2008 R2 のサポート終了について発表しました。これを聞いて「利用中の SQL Server 2008/2008 R2 データベースはどうすればいいの?」と思われたのは、皆様だけではありません。実は多くのお客様が、これらのデータベースのサポートが終了する 2019 年 7 月 9 日に向けて、移行計画に着手されています。 その 1 人が、ある開発会社でデータベース管理を担当している Will です。近年では転職を繰り返す「ジョブホッピング」がトレンドの 1 つになっていますが、Will は 2000 年代半ばからずっとこの会社でデータ管理を担当し、SQL Server 2008 のリリース時にはそのインストール作業の指揮を任されました。当時は、接続が非常に速く、要求の処理もスムーズで、セキュリティや効率性も高く、どこを見てもクリーンな設計が見られました。どのデータにもしかるべき場所が用意され、いずれもそこにすっぽりと収まっていました。Will がアプリ開発者から信頼されていたのは、彼らが必要とするデータを常に適切な場所に格納できていたからです。まさに理想的で、平和な時代でした。…


Azure Kubernetes Service 用 Dev Spaces を紹介

執筆者: Gabe Monroy (PM Lead, Containers @ Microsoft Azure) このポストは、2018 年 7 月 9 日に投稿された Introducing Dev Spaces for AKS の翻訳です。   本日、Azure Kubernetes Service (AKS) 用 Dev Spaces のプレビューを開始しました。これは Kubernetes 用アプリケーションの構築やデバッグを簡素化する機能で、Azure でのみ使用できます。Microsoft Build では、Scott Hanselman が講演の中で、複雑なマイクロサービス環境にあるアプリケーションを Dev Spaces を使っていかにすばやくデバッグ、修正できるかをお見せしました。この記事では、Build の講演に参加できなかった方やステージ上でのあのハプニング (英語) に気を取られてデモに集中できなかった方のために、Dev Spaces ならではのメリットについて紹介したいと思います。 まず想像していただきたいのは、独自の構成とバックエンド サービスを持つ数十個のコンポーネントで構築された複雑なマイクロサービスのバグ修正を初めて行う場合、さまざまな準備作業を行う必要があるという点です。具体的には、運用環境をシミュレートするローカルの開発環境を構築するために、IDE をセットアップし、ツール チェーン、コンテナー化されたサービスの依存関係、ローカルの Kubernetes 環境を構築し、バックエンド サービスをシミュレートする必要があります。開発環境をセットアップだけでこれだけの手間がかかります。つまり、バグの修正にはもっと日数がかかるということです。 このような場合に便利なのが、Dev Spaces と…


MS クラウド ニュースまとめ – SQL Server 2008 および Windows Server 2008 のサポート終了について、他 (2018 年 7 月 16 日)

執筆者: Cloud Platform Team このポストは、2018 年 7 月 16 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for July 16, 2018 の翻訳です。   SQL Server 2008 および Windows Server 2008 のサポート終了について 先日の発表では、SQL Server、Windows Server 2008/2008 R2 のサポート期間終了後 3 年間は、Azure Virtual Machines でご利用の場合に延長セキュリティ更新プログラムを無償で提供することをお知らせしました。本製品のサポートは間もなく終了します。定期的なセキュリティ更新プログラムが提供されなくなると、企業のセキュリティ リスクが大幅に高まります。2008/2008 R2 のワークロードを Azure に移行する場合には、アプリケーション コードの変更は不要です。今すぐに移行を開始し、セキュリティ更新プログラムを適用しながら新バージョンへの移行計画を作成してください。その他の環境向けの延長セキュリティ更新プログラムも販売します。ワークロードの安全を確保しながらアップグレードや移行プロジェクトを進めるようにお願いいたします。 詳細については、こちらのブログ記事と 2008 のサポート終了に関するページ (英語) を確認してください。 Azure Data Box Disk のプレビュー…