日比谷にゴジラが襲来! AI と MR で変革 Hibiya 2018「ゴジラ・ナイト」開催中!


先日発表を行ったMicrosoft HoloLens Microsoft Azure AI を活用した日本初の屋外アトラクションイベント「ゴジラ・ナイト」と近未来の消費体験を創造するプロジェクト「HIBIYA 2018」を 5/24 より開催しています。

 

■ゴジラ・ナイト

Microsoft HoloLens Microsoft Azure AI を活用した日本初の屋外アトラクションイベント「ゴジラ・ナイト」を日比谷ゴジラスクエアにて開始しました。

 

【ゴジラ・ナイト開催概要】

期間:2018 5 24 () 5 29 ()

場所:日比谷ゴジラスクエア (日比谷シャンテ前広場)

時間:18:30 21:00

参加者:一般の方 140 名様(事前抽選により確定済み)

その他:参加者以外の方に、参加者が HoloLens を装着して見ている映像を一部モニターにてご確認いただけます。また、HoloLens と新・ゴジラ像と撮影ができるフォトブースを用意しています。

 

ゴジラ・ナイトは東宝株式会社と日本マイクロソフト株式会社は連携し、Mixed Reality の技術により、まるで目の前にゴジラがいるかのような体験ができるアトラクションイベントです。参加者が Microsoft HoloLens を装着すると、118.5m の圧倒的な存在感で迫りくるゴジラ(『シン・ゴジラ』)が出現します。

 

参加者は巨大不明生物特設災害対策本部(通称:巨災対)の一員として、日比谷に迫りくるゴジラを迎え撃つ、「日比谷ゴジラ迎撃作戦」に参加いただきます。迎撃作戦は「第一部:日比谷ゴジラ迎撃作戦 戦略会議」と「第二部:日比谷ゴジラ迎撃作戦 実行」の二部構成となっています。

 

ゴジラ・ナイトの技術解説はこちらから

 

 

第一部:日比谷ゴジラ迎撃作戦 戦略会議

 

戦略会議では、HoloLens を装着することで、紙の地図上に現在のゴジラの位置や進行方向、戦闘機や戦車の配置がホログラムでリアルタイムに表示されます。また、ホワイトボードや紙に手書きした文字を Azure AI 機能(Cognitive Services Custom Vision )と連携させることで、手書きの文字情報を認識し、デジタルのホログラムを表示することが可能となります。

 

 

第一部のコンテンツについては、株式会社南国ソフトにて開発を行いました。

 

第二部:日比谷ゴジラ迎撃作戦 実行

 

屋外の特設ステージに立って、HoloLens を装着すると、等身大のゴジラが現れるので、迎撃作戦を実行いただきます。Azure AI (Cognitive Services, Speech to TextText to Speech) の音声認識機能と連携させることで、「ミサイル発射」という音声に反応しミサイルを発射することができます。

 

 

第二部のコンテンツについては、株式会社ピクチャーエレメント株式会社白組株式会社エム・ソフトにて開発を行いました。

 

 

なお、本イベントへの参加については、事前抽選により当選された方のみ可能となりますが、参加者以外の方には、ステージ前に設置されたモニターにて、HoloLens を装着した参加者が見ている映像の一部をご覧いただくことが可能です。

 

さらに、HoloLens と新・ゴジラ像と撮影ができるフォトブースを用意しています。ぜひお立ち寄りください。

 

 

Comments (0)

Skip to main content