Windows Server 2019 のプレビューをリリース


執筆者: Erin Chapple (Director of Program Management, Windows Server)

このポストは、2018 年 3 月 20 日に投稿された Introducing Windows Server 2019 – now available in preview の翻訳です。

 

今日は Windows Server にとって特別な日です。Windows Server チームを代表して、Windows Server 2019 の一般提供が 2018 年後半に開始されることを発表します。また本日より、Insider Program からプレビュー ビルドにアクセスしていただくことができます。

Windows Server 2019 の新機能

Windows Server 2019 は、今もお客様への普及が進んでいる Windows Server 2016 の強力な基盤の上に構築されています。歴代の Windows Server の中でも、Windows Server 2016 の導入スピードは凄まじいものでした。Ignite 2016 でリリース発表して以来、さらに改良すべく、お客様からのフィードバックや製品テレメトリの反映に精力的に取り組んできました。

また、将来的な課題や今後の業界トレンドを把握するために、お客様とのコミュニケーションに多くの時間を費やしてきました。ハイブリッド、セキュリティ、アプリケーション プラットフォーム、ハイパーコンバージド インフラストラクチャという 4 つのテーマに一貫して取り組んできましたが、Windows Server 2019 にはこの 4 つに関連する最新技術が多数組み込まれています。

ハイブリッド クラウド シナリオ

ご存知のとおり、クラウドへの移行は時間のかかるもので、組織によってはオンプレミス環境とクラウド環境を組み合わせたハイブリッドのアプローチを取る場合があります。データセンターをパブリック クラウドに拡張するにあたり、Active Directory を拡張し、ファイル サーバーを同期し、クラウドでバックアップするということは、数社のお客様のもとで実際に行われています。またハイブリッドのアプローチでは、アプリをオンプレミスで実行しながら、人工知能や IoT といった最新のクラウド技術を利用することができます。ハイブリッド クラウドでは将来を見据えた長期的なアプローチが可能であるため、マイクロソフトは近い将来 (英語) のクラウド戦略において中心的な役割を果たすものだと考えています。

2017 年 9 月に開催された Ignite では、Windows および Windows Server の管理エクスペリエンスを刷新する Project Honolulu (英語) のテクニカル プレビューが発表されました。Project Honolulu は、ローカルにデプロイする、柔軟で軽量なブラウザー ベースの管理プラットフォームで、その目標の 1 つは、既存の Windows Server デプロイメントから Azure サービスへの接続を簡素化することです。Windows Server 2019 と Project Honolulu を組み合わせると、Azure Backup、Azure File Sync、災害復旧といったさまざまな Azure サービスを簡単に統合できるため、アプリケーションやインフラストラクチャの提供を中断することなく、これらの Azure サービスを使用できるようになります。

図 1: Windows Server 2019 Preview に搭載された Project Honolulu の Azure Backup 用管理ダッシュボード

 

セキュリティ

セキュリティは常にお客様の最優先課題です。サイバーセキュリティ関連のインシデント数は増え続け、インシデントの影響は急速に拡大しています。マイクロソフトの調査によると、脅威が最初のマシンに感染してから環境に侵入するまでの時間は、平均でわずか 24 ~ 48 時間 (英語) です。また、FireEye の Mandiant のレポートによると、脅威が気づかれないまま環境内に居続ける期間は、平均で 99 日間 (英語) にもなります。マイクロソフトは、Microsoft Azure、Office 365、その他のオンライン サービスで世界規模のデータセンターを運用してきた経験とそこから生まれた機能を活用して、お客様のセキュリティへの取り組みを引き続き支援していきます。

マイクロソフトのセキュリティ アプローチは、保護、検出、対応の 3 つで構成されています。Windows Server 2019 には、この 3 つの分野のセキュリティ機能がすべて搭載されています。

保護の面では、Windows Server 2016 に Shielded VM が導入され、お客様から高い評価を得ています。Shielded VM はファブリック内の被害を受けた管理者や悪意のある管理者から仮想マシン (VM) を保護する機能で、VM 管理者は既知の健全で証明済みの保護されたファブリックでのみアクセスできます。Windows Server 2019 では、Linux VM でも Shielded VM がサポートされます。また、VMConnect が拡張され、Windows Server や Linux の Shielded VM のトラブルシューティングが改善されました。さらに、Encrypted Networks が追加されました。この機能では、管理者がスイッチ 1 つでネットワーク セグメントを暗号化し、サーバー間のネットワーク層を保護できます。

検出と対応については、Windows Server 2019 で Windows Defender Advanced Threat Protection (ATP) が拡張され、予防的保護、攻撃やゼロデイ攻撃の検出といった機能がオペレーティング システムに追加されました。これによりユーザーが深層カーネルやメモリ センサーにアクセスできるようになり、パフォーマンスや改ざん対策が強化されます。また、サーバー マシンを操作して対応することができます。

図 2: Windows Defender ATP で Windows Server 2019 Preview を実行しているマシンのセキュリティを確保

 

アプリケーション プラットフォーム

Windows Server チームの基本方針は、開発者エクスペリエンスに重点的に取り組むことです。開発者コミュニティからリクエストされた中でも多かったのが、Windows Server コンテナーと Windows Subsystem for Linux (WSL) の 2 つの改良です。

2016 年に Windows Server 2016 に導入されて以来、コンテナーの普及は大きく進み、Docker Hub からのコンテナー イメージのダウンロード数は数万回に達しています。私たちは、お客様のフィードバックから、コンテナー イメージの容量を削減すればするほど、コンテナーを使って既存のアプリケーションを刷新している開発者や IT プロフェッショナルのエクスペリエンスが改善されることを知りました。このため Windows Server 2019 では、Server Core ベースのコンテナー イメージを現在の 5 GB からその 3 分の 1 まで削減することを目標としています。そうすることでイメージのダウンロード時間が 72% 短縮され、開発時間の短縮とパフォーマンスの改善も見込むことができます。

Windows Server コンテナーのデプロイメントのオーケストレーションについては、ご利用いただける選択肢を引き続き拡大していきます。Kubernetes は現在ベータ版としてサポートされており (英語)、Windows Server 2019 では Kubernetes クラスターのコンピューティング、ストレージ、ネットワークのコンポーネントが大幅に改良されています。

開発者の皆様からは、Linux や Windows のデプロイメントにおいて環境のナビゲーションが複雑だというご指摘が何度もありました。これを解決するために、Windows Server の Insider ビルドで Windows Subsystem for Linux (WSL) を使用できるようにし (英語)、Windows Server で Linux コンテナーと Windows コンテナーを共存させて実行できるようにしました。Windows Server 2019 でも引き続き WSL を改良し、Linux ユーザーが Windows でもスクリプトを使用できるようにしたほか、OpenSSH、Curl、Tar などの業界標準に準拠しました。

図 3: Windows Server 2019 Preview を実行しているホストを Kubernetes で管理

 

ハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI)

ハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI) は、サーバー業界の最新トレンドの 1 つです。IDC によると 2016 年に HCI 市場は 64% の成長 (英語) を見せ、また Gartner は 2019 年に市場規模が 50 億ドルに達する (英語) と予想しています。トレンドになった主な理由としては、高パフォーマンスのローカル ディスクを使用する x86 サーバーでコンピューティングとストレージの両方のニーズに同時に対応できるというメリットがユーザーの間に広まったためです。また、HCI の柔軟性により、こうしたデプロイメントを容易にスケーリングできるのもその理由です。

HCI ソリューションは現在、Windows Server 2016 と Windows Server のソフトウェア定義型プログラムで使用できます。マイクロソフトは、業界をリードするハードウェア ベンダーと提携し、手頃な価格を維持しながら堅牢で有効性の高い設計の HCI ソリューションを提供しています。Windows Server 2019 では、このプラットフォームのスケーリング性、パフォーマンス、信頼性をさらに強化しました。また、HCI デプロイメントを Project Honolulu で管理できるようにし、HCI 環境での管理や日常的な業務を簡素化しました。

図 4: Windows Server 2019 Preview に搭載された Project Honolulu のハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI) 管理ダッシュボード

最後は、System Center を使用している Window Server ユーザーの皆様への朗報です。System Center 2019 が近日中にリリースされ、Windows Server 2019 でサポートされることになりました。

今年後半に予定されている一般提供開始までに、この他にもたくさんお伝えしたいことがあります。Windows Server 2019 の素晴らしさは、ブログ シリーズとして今後もお伝えしてきますので、ぜひお楽しみに。

Insider Program に登録して Windows Server 2019 をご利用ください

次期リリースをいち早く試してみたいというお客様のために、本日より Windows Insider の皆様向けにプレビュー ビルドの提供が開始されました。ぜひ参加してお試しください。プレビュー ビルドの詳細については、リリース ノート (英語) をご覧ください。

マイクロソフトでは皆様からのフィードバックをお待ちしています。Windows フィードバック Hub アプリやテクノロジ コミュニティの Windows Server サイト (英語) からお気軽にお寄せください。

 

よく寄せられる質問

Q: Windows Server 2019 の一般提供はいつ開始されますか。

A: Windows Server 2019 の一般提供は、2018 年後半に予定されています。

Q: Windows Server 2019 は Long-Term Servicing Channel (LTSC) としてリリースされるのですか。

A: Windows Server 2019 は、Long-Term Servicing Channel の次期リリースに含まれます。LTSC は引き続き Microsoft SQL Server、Microsoft SharePoint、Windows Server のソフトウェア定義型ソリューションなどのほとんどのインフラストラクチャ シナリオで推奨される Windows Server となります。

Q: Windows Server 2019 で提供されるインストール オプションについて教えてください。

A: Windows Server 2019 の LTSC リリースでは、Server with Desktop Experience と Server Core のインストール オプションが提供されます。また、Semi-Annual Channel では、Server Core インストール オプションのみが提供され、コンテナー イメージとして Nano Server が提供されます。これにより、既存のワークロードとアプリケーションの互換性が保たれます。

Q: Windows Server 2019 の Semi-Annual Channel リリースも同時に提供されるのですか。

A: はい。Semi-Annual Channel リリースも同時に提供される予定で、最先端のコンテナーを Windows Server 2019 で使用できます。また、Semi-Annual Channel リリースでは標準となる 18 か月のサポート ライフサイクルが適用されます。

Q: Windows Server 2019 のライセンス モデルは Windows Server 2016 と同じですか。

A: はい。現在の Windows Server 2016 のライセンスの詳細については、Windows Server の料金ページでご確認ください。Windows Server のクライアント アクセス ライセンス (CAL) は、値上げを予定しています。詳細については後日お伝えします。

Comments (0)

Skip to main content