Azure Digital Twins を発表: クラウド、AI、IoT を活用した空間とインフラストラクチャのデジタル レプリカを実現

執筆者: Bert Van Hoof (Partner Group Program Manager, Azure IoT) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された Announcing Azure Digital Twins: Create digital replicas of spaces and infrastructure using cloud, AI and IoT の翻訳です。   これまで何年もの間、マイクロソフトのパートナー様とお客様は、Azure Internet of Things (IoT) プラットフォームを使用してさまざまな業界向けの画期的なアプリケーションを生み出してきました。マイクロソフトがその過程で学んだのは、デジタル トランスフォーメーションの取り組みのほとんどは、物理世界のコンテキストからメリットを受けているということです。このため、組織の多くが、人、場所、モノの間で交わされる高度なやり取りをより深く理解したいと思い、そのためのソリューションを求めるようになっています。 そこで注目されたのが「デジタル ツイン」という概念です。これは、さまざまなソースからデータを取り込み、物理環境を仮想空間で再現するというものです。デジタル ツインは従来から、産業用機器 (機械、同一機械の集合設備、エンジンなど) の分野で利用されてきました。デジタル ツインの考え方そのものは、物理環境のモデル化全般に広く応用できるものなので、私たちの生活や仕事のあらゆる面に役立てることができます。人、場所、モノの間の複雑なやり取りや、高い価値を持つ関係性をモデル化できれば、新たなビジネス チャンスや効率化の機会が生まれ、より良いパブリック/プライベート空間を実現できるでしょう。 こうしたことを踏まえ、私たちは自社の IoT プラットフォームに新しいサービスを追加することにしました。マイクロソフトはフロリダ州オーランドで開催中の Ignite カンファレンスにおいて、Azure Digital Twins…


E.ON と Azure Sphere: スマート ホーム エクスペリエンスを安全なセキュリティ基盤の上に構築

執筆者: Galen Hunt (Distinguished Engineer and Managing Director, Microsoft Azure Sphere) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された E.ON and Azure Sphere: building smart home experiences on a foundation of security の翻訳です。   IoT は人と社会のかかわり方を大きく変えています。私たちは、限られた時間の中で社会的な責任と個人の優先事項のバランスを取りながら日々生活しています。スマート ホームには、快適性、創造性、目標達成、友人や家族との人間関係といった個人の価値観に合わせて環境を調整できるメリットがあります。スマート デバイスのリモート機能や音声コマンドを使用することで日常のタスクを軽減し、自分のための時間を最大化することができるのです。スマート ホームのメリットはこれだけではありません。コネクテッド デバイスが普及するにつれ、エクスペリエンス構造も進化しています。何層ものインテリジェント システムが連携し、人が気付く前にニーズを予測して自動でアクションを実行します。これにより、具体的には、電化製品が故障する前に点検サービスを受けたり、日用品や食品のストックがなくなる前に注文したりすることが可能になります。スマート エクスペリエンスの直観的な機能によって面倒なタスクから解放されるため、生活環境のさまざまな面を最適化してスムーズに管理できます。こうしたインテリジェント エッジによって支出や時間を節約し、環境負荷を低減することで、人々はより多くのことを達成できるようになるのです。 スマート エクスペリエンスを開発する企業にとって、今はまさにイノベーションを起こす絶好の時期です。しかし、セキュリティという課題は依然残っています。スマート エクスペリエンスという分野はまだ新しく、リスクを完全に把握し切れてはいません。これを次の段階に進めるためには、俊敏性と応答性の高いインテリジェント セキュリティ プラットフォームの上にエクスペリエンスを構築し、学習を継続させることが必要です。セキュリティの責任を持てる企業こそが、信頼できるブランドとして業界をリードできるのです。   家庭のエネルギー管理を刷新する E.ON ヨーロッパのエネルギー関連大手の E.ON は、特に難しいと言われる家庭での電力維持に取り組んでいます。未来のエネルギー消費を研究する同社では、理想的な生活環境を細かく定義して、生活を向上させることを目指しています。 E.ON の Home…


自動翻訳と機密情報 – Microsoft Translator

この記事は、2016 年 12 月 6 日 に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容です。   Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 大林裕明 最近、Microsoft が提供する翻訳サービスの精度が向上してきていると思いませんか? これは翻訳に従来の辞書を使った統計的な翻訳からニューラルネットワークを利用するようになったためです。 ニューラルネットワークを使った翻訳については 日本マイクロソフト株式会社 CTO の榊原の下記ページをご覧ください。 Microsoft Translator がニューラル ネットワークによる翻訳の提供を開始 ニューラルネットワークを使った自動翻訳は Bing 翻訳だけでなく、Office 製品、Edgeなどででも使われるようになってきています。 皆さんは日常業務で社内にある英語のドキュメントを読む際に、便利なのでブラウザの翻訳機能や翻訳サイトを気軽に使っていませんか? 実は翻訳のために送ったデータは翻訳精度を上げるためなどの目的で再利用されることが利用規約に明記されています。


Fluentd で収集したログを Azure Event Hubs に連携する方法

この記事は、2018 年 1 月 25 日 に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容です。   Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 中川 ログ収集に Fluentd を利用されている方は多いかと思います。その収集したログを kafka にキューイングし、必要に応じて Spark で処理をしつつストレージ等に蓄積されているケースもあるかと思いますが、Azure には大量のストリーミングデータをキューイングする Event Hubs、更にキューイングされたデータを加工した後に別サービスに出力する Stream Analytics という PaaS が用意されております。今回は Fluentd から Azure Event Hubs にログを飛ばしてキューイングし、Stream Analytics でAzure Blob Storage に出力してログを蓄積する方法について触れたいと思います。


はじめての Azure Data Lake ~ そもそも Data Lake って何? ~

この記事は、2017 年 2 月 22 日 に Data Platform Tech Sales Team Blog にて公開された内容です。   Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 丹羽 勝久 1. はじめに 昨今、クラウドを中心としたトレンドとして、AI、IoT、機械学習などのキーワードが非常に盛んに取り上げられていますが、このような技術、手法が進化すればするほど、扱うデータの量、形態が多様になり、よりデータの蓄積基盤が重要になってきます。これらの領域が扱う大容量のデータ蓄積基盤の1つにデータウェアハウス(DWH)がありますが、このデータウェアハウスと併用して利用するデータレイク基盤が、現在注目されています。 そもそもデータレイク基盤とは何でしょうか?何故、データウェアハウスだけでなく、データレイク基盤も必要なのでしょうか?


マイクロソフトが Open Invention Network に加入: Linux などのオープン ソース保護を促進

執筆者: Erich Andersen (Corporate Vice President, Deputy General Counsel) このポストは、2018 年 10 月 10 日に投稿された Microsoft joins Open Invention Network to help protect Linux and open source の翻訳です。   このたびマイクロソフトは、Open Invention Network (OIN) に加入することを発表しました。OIN とは、Linux を始めとするオープン ソース ソフトウェア プログラムを特許関連のリスクから保護することを目的としたコミュニティです。 OIN への加入は、マイクロソフトとオープン ソース コミュニティの間に特許関連の不和があったことを知る皆様にとって、驚きの出来事だったかもしれません。しかし当社のこれまでの歩みを知っている方なら、今回の発表は納得のいくステップだと受け止めていただけるでしょう。なぜならマイクロソフトは、お客様や開発者の皆様に常に耳を傾け、Linux を始めとするオープン ソース プログラムに真摯に貢献してきたからです。 OIN は 2005 年の設立以来、企業の特許関連のリスク管理において中心的な役割を担ってきました。OIN の設立以前は、オープン ソース ライセンスの大部分は著作権にのみ明示的に対応し、特許には沈黙を保っていました。OIN はこの問題への対処を目的に設立された組織であり、Linux システム…


2018 年秋の Azure ネットワーク関連の最新情報

執筆者: Yousef Khalidi (CVP, Azure Networking) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された Azure Networking Fall 2018 update の翻訳です。   発表事項: パブリック クラウドで最も高速な 100 Gbps 接続、ブランチ接続の提供開始、新しいクラウドネイティブ セキュリティ機能、アプリケーション パフォーマンス サービス 企業がかつてないほど高負荷のミッションクリティカルなワークロードをクラウドに移行している中、マイクロソフトは、デプロイ、管理、スケーリング、監視が容易で包括的なネットワーク サービスの提供に取り組んでいます。お客様は、クラウドへの接続方法の改善、クラウド ワークロードの保護の強化、最適なアプリケーション パフォーマンスの提供、包括的な監視サービスを常に求めています。 接続方法に関しては、きわめて帯域幅が広いソリューションが必要だとお客様から声が上がっています。これは、お客様が高度な分析と機械学習を利用するために、クラウドに大量のデータを転送しようとしているからです。SD-WAN (ソフトウェア定義 WAN) は、より多くのトラフィックをインターネットにインテリジェントにルーティングし、ブランチ オフィスへの接続をお客様が適切に管理し、コストを削減できるようになる大きな可能性を秘めています。仮想データセンターのコンセプトは定着しつつありますが、こうしたソリューションをグローバル規模で構築することは依然として容易ではありません。Azure では現在 54 のリージョンを展開しており、今後さらに多くのリージョンを追加する予定であることなど、マイクロソフトのグローバル ネットワークは拡大の一途をたどっており、全体的なキャパシティも増加しています。お客様からは、新しい方法でマイクロソフトのグローバル WAN を活用できるようにしてほしいという声が寄せられています。これに関してマイクロソフトは、ExpressRoute 100 Gbps Direct、ExpressRoute Global Reach、Azure Virtual WAN の一般提供開始と、Virtual Network と DNS の機能強化を発表します。…


次世代の Azure Disks テクノロジ – Ultra SSD (プレビュー) を発表

執筆者: Tad Brockway (General Manager, Azure Storage & Azure Stack) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された Announcing Ultra SSD – the next generation of Azure Disks technology (preview) の翻訳です。   最も高負荷でミッション クリティカルなワークロードをクラウドに移行したい。そんなお客様のニーズに応えるべく、マイクロソフトはこのたび Microsoft Azure プラットフォーム向けの新しいディスク サービスを発表しました。Azure Ultra SSD は、入出力の負荷が最も高いワークロードにも対応できる新たなソリューションです。Ultra SSD はレイテンシが 1 ミリ秒以下というかつてないほどスケーラブルなパフォーマンスを実現する新しい Azure Managed Disks サービスであり、低レイテンシと高い IOPS が一貫して求められる非常に負荷の高いワークロードに適しています。Ultra SSD なら、最も要件の厳しいアプリケーションにも対応する業界最高レベルの IOPS、スループット、レイテンシをクラウド環境で実現できます。 Ultra SSD の登場により、Azure…


Managed Disks で大容量ディスクのパブリック プレビューを発表

執筆者: Tad Brockway (General Manager, Azure Storage & Azure Stack) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された Introducing the public preview of larger Managed Disks sizes の翻訳です。   Azure Managed Disks は、仮想マシンでご利用いただける耐久性と可用性に優れた永続ストレージを提供するソリューションです。マイクロソフトは、パフォーマンス特性の異なる 3 種類のディスクをご用意しています。Premium SSD は、データベースやオンライン トランザクション システムなどの入出力処理の負荷が高いワークロードに最適な、高パフォーマンスと低レイテンシを実現するソリューションです。Standard SSD は、新たに追加されたエントリ レベルの SSD サービス レベルです。IOPS が比較的低い場合に安定したパフォーマンスを実現し、Web サーバーやデータ ウェアハウス アプリケーションに最適です。Standard HDD は、磁気ハード ドライブ上で提供されるコスト効率の高いディスクで、開発/テストのワークロードや利用頻度の低いストレージに最適です。 本日マイクロソフトは、Azure Managed Disks のすべてのディスク タイプで、容量とパフォーマンスの両方のスケーラビリティ目標を大幅に引き上げることを発表します。具体的には、Premium…


Windows Server 2019 のハイパーコンバージド インフラストラクチャ: 本番利用へのカウントダウンが始まる!

執筆者: Cosmos Darwin (Sr PM on the Core OS team at Microsoft) このポストは、2018 年 10 月 2 日に投稿された Hyper-converged infrastructure in Windows Server 2019 – the countdown clock starts now!  の翻訳です。   今回は、マイクロソフトのコア OS チームでシニア PM を務める Cosmos Darwin の記事をご紹介します。ぜひ Twitter (@cosmosdarwin) をフォローしてください。 今日は嬉しいお知らせです。本日マイクロソフトは、Windows Server 2019 の一般提供を開始しました! Windows Server 2019 は、マイクロソフトが提供するハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI) の 2…