MS クラウド ニュースまとめ – Azure Kubernetes Service の一般提供 他 (2018 年 6 月 15 日)

執筆者: Cloud Platform Team このポストは、2018 年 6 月 15 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for June 15, 2018 の翻訳です。   Azure Kubernetes Service の一般提供 – 提供リージョンの追加 Azure Kubernetes Service の一般提供を開始し、提供地域が拡大されました。これを利用することで、開発者は Azure で Kubernetes を運用するための専門的な知識がなくても、きわめて簡単にコンテナー ベースのソリューションを構築、実行することができます。Azure Kubernetes Service には、開発ツール、作業スペース、CI/CD 環境、ネットワーク、監視ツールなどが統合されているため、個々のサービスを組み合わせる手間をかけずに、コードの作成や配信に専念できます。 詳細については、Azure ブログの記事をご覧ください。   Azure のセキュリティと運用管理 – Security Center の新しい概要ダッシュボード Security Center の概要ダッシュボードの機能強化により、ハイブリッド クラウド ワークロードのセキュリティ状態を把握できるようになり、コンプライアンス要件への準拠、脅威にさらされるリスクの削減、検出された脅威への迅速な対応をさらに簡単に行えるようになりました。新しい概要ダッシュボードを利用すると、サブスクリプション レベルではなく、組織レベルでセキュリティ状態を把握できます。組織内の管理グループに対してセキュリティ ポリシーを設定できるようになるため、組織全体でセキュリティ体制を管理するうえでの課題を特定、解決できます。セキュリティ状態は組織全体のコンプライアンス…


Microsoft Azure Stack の提供地域を 92 か国に拡大

執筆者: Talal Alqinawi (Senior Director, Azure Marketing) このポストは、2018 年 6 月 4 日に投稿された Microsoft Azure Stack expands availability to 92 countries の翻訳です。   このたび Azure IaaS の更新が発表され、Microsoft Azure Stack の提供地域が 92 か国にまで拡大されました。私は今週 Azure Stack のマーケティング リーダーに就任したばかりですが、Azure Stack チームとハードウェア パートナー様が協力して提供地域の拡大を進められてきたことを誇りに思っています。 真のハイブリッド クラウドに対するお客様の関心が高まる中で、マイクロソフトがこうした投資や取り組みを進めていることには、わくわくするばかりです。また、お客様の独自のユースケースや、パートナー様が構築されたソリューションのすばらしさに驚かされることも多々あります。たとえば、Azure と Azure Stack を組み合わせた、インテリジェント エッジ シナリオ、DevOps、ポリシー要件に対応したソリューションなどです。 昨年の Ignite カンファレンスでは、Azure Stack を 46 か国を対象にリリースしました。その後、お客様から Azure…


スマート ビルディング、Azure IoT を基盤として構築

2018 年 6 月 5 日 | Bert Van Hoof、パートナー グループ プログラム マネージャー、Azure IoT このポストは、2018 年 6 月 5 日に投稿された Smart buildings, built on Azure IoT の翻訳です。     “スマート ビルディング” という言葉が生まれたのは 1980 年代、ネットワーキングと接続性によって建築環境で行えることに変化が起きてからです。今日、”スマート” という概念の可能性が広がってより新しく高度になるにつれ、“スマート ビルディング” もまた新しい意味を帯びるようになっています。 モノのインターネット (IoT) と人工知能 (AI) の高い可能性を活用すれば、ビルの所有者、運営管理者、および居住者はより効率的な形での管理/居住、コスト削減と省エネ、企業の文化と目標に最適な形での空間利用を実現できるようになります。これらのメリットはさまざまな空間に適用可能です。たとえば、病院、スタジアム、および工場などすべてがよりスマートになり、これらの建物間および建物が存在する都市間をつなぐ電力グリッドもよりスマートになります。 先月の Microsoft Build 開発者向け会議において、私たちはモダン ワークプレースにおけるアンビエント インテリジェンスについてのマイクロソフトのビジョンを打ち出しました。それには、組織をより生産的でコラボレーティブなワークプレースとするために、AI、IoT、および生産性ツールを融合させることが含まれています。しかし、変化するワークプレース トレンド、新しいリース会計ルール、およびコストの削減とより持続可能な運用を求める圧力の高まりを受けて、不動産のエクスペリエンスと管理の方法を変革するための IoT と AI の適用にも関心が高まってきています。 IoT および…


MS クラウド ニュースまとめ – GDPR 関連機能の一般提供 他 (2018 年 5 月 30 日)

執筆者: Cloud Platform Team このポストは、2018 年 5 月 30 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for May 30, 2018 の翻訳です。   Power BI Desktop の新機能 Power BI Desktop で以下の新機能と強化機能がリリースされました。 レポート機能: 異なるフィールドに基づく条件付き書式設定、高度なスライサー同期、ログ スケールの改善、じょうごグラフのデータ ラベル オプション、線の幅のゼロ設定のサポートが追加されました。 分析機能: ドリルスルーにメジャーを追加できるようになりました。 Power BI Premium: 増分更新機能がサポートされました (プレビュー)。 カスタム ビジュアル: Collage by CloudScope と Chinese Color Map が追加されました。 データ接続: データ抽出例を指定できる新しい From Web コネクタ…


マイクロソフトが今年も Gartner Magic Quadrant の Cloud IaaS 部門で「Leader」の評価を獲得

執筆者: Venkat Gattamneni (Director, Product Marketing, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 5 月 25 日に投稿された Microsoft continues to be a leader in Gartner’s Cloud IaaS MQ の翻訳です。   クラウド革命の真っただ中にある今、大小さまざまな規模のお客様が Azure に投資し、大規模なデジタル トランスフォーメーションを推し進めています。大手企業の 1 社である Rio Tinto (英語) は、ミッション クリティカルな SAP 環境の運用に強力な Azure インフラストラクチャを採用しているほか、スタートアップ企業の Audioburst (英語) も、Azure をベースに、AI テクノロジを活用したこれまでにない新しいビジネスの構想を描いています。他にも Adobe (英語) をはじめとする多くの企業が、Azure でさらにレベルの高いデジタル エクスペリエンスを提供することで顧客の満足を得ています。Azure を使ったサクセス ストーリーは、お客様の数だけ存在します。そして私たちマイクロソフトは、IaaS と…


GDPR に確実に準拠するための新機能をご紹介

執筆者: Tom Keane (Head of Global Infrastructure, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 5 月 25 日に投稿された New capabilities to enable robust GDPR compliance の翻訳です。   本日より EU 一般データ保護規則 (GDPR) が施行されます。これに合わせてマイクロソフトは、GDPR への準拠や Azure ユーザーのポリシーに関するニーズに対応する、他社にはない新機能や新たなリソースの提供を開始しました。 今回一般提供されるのは、Azure GDPR Data Subject Request (DSR) ポータル、Azure Policy、GDPR 向けのコンプライアンス マネージャー、データ ログのエクスポート機能、Azure Security and Compliance GDPR Blueprint です。 本日公開された Web キャスト (英語) では、マイクロソフト プレジデントを務める…


”HIBIYA 2018” 日比谷シャンテにおける AI を活用した近未来の消費体験開催中!

日本のブロードウェイと呼ばれる日比谷が新しく生まれ変わり、「日比谷シャンテ」でも、お客さまに近未来のショッピングとエンターテイメントを体験できるプロジェクト「HIBIYA 2018」を展開。 ゴジラ・ナイト開催初日同日(5/24)より日比谷シャンテ館内にて近未来のショッピング&レストラン体験が可能になりました。   <お客様に最適な映画を AI が提案> 日比谷シャンテの地下 2 階の休憩スペースのデジタルサイネージには、Microsoft Azure の AI サービス「Cognitive Services」を採用し、サイネージの上にあるカメラで前に立った人の年齢や性別、表情などを分析し、オススメ映画の予告を自動編成して放映します。人がサイネージ前に立っていない時は、通常のデジタルサイネージとして映画の予告編を流しています。  ※ 本サービスは、株式会社アロバ ( https://www.arobaview.com/ ) の「アロバビューコーロ」と連携しています。 <飲食店の空き状況をリアルタイムで表示> 空き状況を認識するため、13 の飲食店にセンサーを設置し、Microsoft Azure で構成したリアルタイム空席管理データベースを通じて、館内の 5 つのデジタルサイネージに各店の現在の混雑状況を表示しています。1 階のサイネージからも 2 階、地下 2 階の空き情報が一目でわかります。また、日比谷シャンテの外でも携帯・PC のブラウザからも確認することが出来ます。また日英が交互に表示され、訪日外国人にも利用いただけます。 ※ 本サービスは、株式会社バカン (https://www.vacancorp.com/) のリアルタイム空席管理プラットフォーム「VACAN」と連携しています。   <注文 0 分、会計 0 分、待ち時間 0 分> レジ待ちや注文待ちの時間を無くす「Putmenu」を館内の「リンガーハット TOKYO PREMIUM」に導入し、6 月 1 日より一般提供を開始します。レジでの支払いをすることなく、店舗の外でメニューをセレクトし、アプリに登録したクレジットカード等で、店舗内で決済をすることが出来ます。また、Microsoft Translator により 12…


Azure 最新情報 – Microsoft BUILD 2018 のハイライト

執筆者: Julia White (Corporate Vice President, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 5 月 18 日に投稿された Azure the cloud for all – highlights from Microsoft BUILD 2018 の翻訳です。   先日開催された Microsoft Build カンファレンスでは、それぞれのテーマを深く掘り下げた多くのセッションを通じて、開発者の皆様にいくつものイノベーションをお届けすることができました。この期間中、私は場内を回りながら、コンテナー、開発ツール、IoT、Azure Cosmos DB、AI といった話題のトピックについてさまざまな方と議論を交わしました。開発者の皆様には、新たなイノベーションが驚くべきスピードで提供されており、Microsoft Build でお伝えした内容も、あまりの情報の多さに把握しきれていないという方がいらっしゃるのではないかと思います。そこで今回の記事では、Build で話題になったいくつかの重要なテーマと、ぜひ押さえておいていただきたい重要なセッションについてご紹介させていただきます (セッションのハイライトをまとめた再生リスト (英語) がありますので、そちらもご覧ください)。 開発業務を効率化する最先端のツール Build は開発者向けのカンファレンスです。IT 業界のあらゆるイノベーションはコーディングから始まるため、まず開発者向けツールから振り返りましょう。Build 初日の大きな出来事は、.NET Core 2.1 リリース候補版の発表でした。パフォーマンス強化と数々の新機能が実装された NET Core 2.1 は、これまでの .NET Core リリースをさらに大きく飛躍させた最新バージョンとなります。詳細については、こちらのブログ…


日比谷にゴジラが襲来! AI と MR で変革 Hibiya 2018「ゴジラ・ナイト」開催中!

先日発表を行った、Microsoft HoloLens と Microsoft Azure の AI を活用した日本初の屋外アトラクションイベント「ゴジラ・ナイト」と近未来の消費体験を創造するプロジェクト「HIBIYA 2018」を 5/24 より開催しています。   ■ゴジラ・ナイト Microsoft HoloLens と Microsoft Azure の AI を活用した日本初の屋外アトラクションイベント「ゴジラ・ナイト」を日比谷ゴジラスクエアにて開始しました。   【ゴジラ・ナイト開催概要】 期間:2018 年 5 月 24 日 (木) 〜 5 月 29 日 (火) 場所:日比谷ゴジラスクエア (日比谷シャンテ前広場) 時間:18:30 〜 21:00 参加者:一般の方 140 名様(事前抽選により確定済み) その他:参加者以外の方に、参加者が HoloLens を装着して見ている映像を一部モニターにてご確認いただけます。また、HoloLens と新・ゴジラ像と撮影ができるフォトブースを用意しています。   ゴジラ・ナイトは東宝株式会社と日本マイクロソフト株式会社は連携し、Mixed Reality の技術により、まるで目の前にゴジラがいるかのような体験ができるアトラクションイベントです。参加者が Microsoft HoloLens を装着すると、118.5m…


Azure Confidential Computing のビジョンとこれまでの取り組みについて

執筆者: Mark Russinovich (CTO, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 5 月 9 日に投稿された Azure confidential computing の翻訳です。   昨年 9 月、Azure Confidential Computing の取り組みをご紹介しました。これにより、Microsoft Azure は、お客様の使用中のデータを保護する新しいデータ セキュリティ機能を実装した初のクラウド プラットフォームとなりました。Azure チームは、Microsoft Research、Intel、Windows、開発者用ツール グループと協力し、Intel SGX や Virtualization Based Security (VBS、旧称 Virtual Secure Mode) などの Trusted Execution Environment (TEE) をクラウドで利用できるようにしました。TEE の役割は、処理中のデータを保護し、TEE 外部からアクセスできないようにすることです。今回は、Confidential Cloud (機密性に優れたクラウド) のビジョンと前回の発表以降の取り組みについて詳しくお伝えします。 今日では多くの企業がミッション クリティカルなワークロードやデータをクラウドに移行しています。このようにクラウドの採用が促進される大きな要因として、パブリック クラウドのセキュリティ上のメリットが挙げられます。International Data Corporation…