Azure Site Recovery による Veritas Backup Exec Instant Cloud Recovery の DR のサポート

執筆者: Sujay Talasila (Senior Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、2018 年 8 月 14 日に投稿された Azure Site Recovery powers Veritas Backup Exec Instant Cloud Recovery for DR の翻訳です。   Microsoft Azure Site Recovery (ASR) は、Azure とオンプレミスの両方で実行しているアプリケーションを対象とする DRaaS (サービスとしての災害復旧) です。ASR を使用することで、IT のサービス中断が発生した場合にも、コンプライアンスを損なうことなく、アプリケーションのダウンタイムを短縮することができます。ASR は、Linux、Windows、VMware VM、Hyper-V VM、物理サーバーのオンプレミス アプリケーションを包括的にカバーします。 今回、Veritas Backup Exec 20.2 のリリース (英語) に伴い、Azure Site Recovery で…


Azure Data Factory のビジュアル ツールと GitHub の統合が可能に

執筆者: Gaurav Malhotra (Senior Program Manager, Azure Data Factory) このポストは、2018 年 8 月 9 日に投稿された Azure Data Factory Visual tools now supports GitHub integration の翻訳です。   GitHub (英語) は、オープンソース コミュニティや企業に所属する何百万人もの開発者が協力して、コードのホストやレビュー、プロジェクト管理、ソフトウェアのビルドを行うことができる開発プラットフォームです。また、Azure Data Factory (ADF) は、Extract/Transform/Load (ETL) ワークフローの反復的なビルド、オーケストレーション、監視を行うことができる Azure のマネージド型のデータ統合サービスです。今回、この Azure Data Factory を GitHub と統合できるようになりました。ADF のビジュアル オーサリング ツールと GitHub を統合することにより、Data Factory のアセット (パイプライン、データセット、リンクされたサービス、トリガーなど) で、他の開発者との共同作業、ソース管理、バージョン管理を行えるようになります。 これを開始するには、[Set up…


Azure Sphere の技術ドキュメントを公開

執筆者: Ed Nightingale (Partner Architect) このポストは、2018 年 8 月 9 日に投稿された Now Available: Azure Sphere technical documentation の翻訳です。   今年の 4 月、全世界に向けて Azure Sphere が発表されました。それ以来、多くのお客様の関心を集め、メディア (英語) での会話も盛り上がりを見せています。これは、エンドツーエンドの安全な IoT プラットフォームを実現するというマイクロソフトのビジョンや取り組みをお伝えすると同時に、パートナー様、お客様、消費者の皆様の声を聞くことができる貴重な機会となりました。IoT デバイスには、設計者がデバイスの着想を得た瞬間から、シリコン、ソフトウェア、クラウドのすべてに関するセキュリティ対策を含める必要があります。マイクロソフトは今後も、後付けではない IoT セキュリティの実装に精力的に取り組んでいきます。 Azure Sphere の目的は、デバイス メーカーが MCU 搭載デバイスを簡単かつ手頃な価格で構築できるようになり、また、マイクロソフトの何十年にも及ぶセキュリティ分野での経験を活かして、Azure Sphere Security Service への接続を保護できるようにすることです。パブリック プレビューの開始がすぐそこまで迫る今、Azure Sphere で使用されているテクノロジについて詳しくご紹介したいと思います。ちょうど今週、Azure Sphere のドキュメント (英語) をリリースしました。このドキュメントでは、下に一例を掲載しているアーキテクチャから、重要なコンセプト、アプリ開発、現場のデバイスへのアプリの OTA (Over-The-Air) デプロイメントまで、幅広いトピックを取り上げています。また、クイックスタート ガイド、チュートリアル、厳選されたベスト プラクティスもあり、いずれも開発キットをすばやく立ち上げ、利用を開始するのに役立つ資料となっています。開発キットは数週間のうちに発送を開始する予定ですので、もう少しお待ちください。 Azure…


Azure App Service で Windows コンテナーのサポートのパブリック プレビューを開始

執筆者: Andrew Westgarth (Program Manager, Azure App Service) このポストは、2018 年 8 月 8 日に投稿された Announcing the public preview of Windows Container Support in Azure App Service の翻訳です。   Web Apps で Windows Server コンテナーのサポートのパブリック プレビューが開始されました。コンテナー ベースの Web アプリをサポートする Web App for Containers は、コンテナーにインストールしたものをより細かく制御したいと考える開発者向けのサービスです。 Azure App Service で Windows コンテナーがサポートされたことにより、アプリケーションを刷新する新たな機会がもたらされます。 PaaS へのリフト & シフト: .NET Framework…


Linux on Azure App Service Environment の一般提供を開始

執筆者: Jennifer Lee (Program Manager, Azure App Service) このポストは、2018 年 8 月 8 日に投稿された Linux on Azure App Service Environment now generally available の翻訳です。   このたび Azure App Service チームは、App Service on Linux と App Service Environment の機能を組み合わせた、Linux on Azure App Service Environment (ASE) の一般提供を開始します。これは、Linux Web アプリやコンテナー化した Web アプリを Azure Virtual Network にデプロイしたい開発者の皆様に朗報です。パブリック プレビューのリリース時にもお伝えしたとおり、この機能を使用すると、Linux アプリやコンテナー…


MS クラウド ニュースまとめ – Azure SQL Database – 予約容量と Azure Hybrid Benefit で最大 80% のコスト カット 他 (2018 年 8 月 8 日)

執筆者: Cloud Platform Team このポストは、2018 年 8 月 9 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for August 8th, 2018 の翻訳です。   Azure Virtual Machines の Azure RI のインスタンス サイズの柔軟性 Linux の料金 | Windows の料金 | Azure Reserved VM Instances の Web ページ このたび、インスタンス サイズの柔軟性をご利用いただけるようになりました。この新機能は、既存および新規に購入するすべての Azure Reserved Virtual Machine (VM) Instances に適用することができます。 インスタンス サイズの柔軟性のメリットは以下のとおりです。 Azure Reserved VM…


Azure Database の予約容量の一般提供

執筆者: Lindsey Allen (Partner GPM, Azure SQL Database) このポストは、2018 年 8 月 8 日に投稿された Announcing general availability of Azure SQL Database reserved capacity の翻訳です。   このたび、Azure をお客様のワークロードにとって最もコスト効率の良いクラウドにする取り組みの一環として、Azure SQL Database の Single Database と Elastic Pool 向けの予約容量オプションの一般提供を開始いたします。この新しい価格オプションでは、1 年間または 3 年間の SQL Database の仮想コアのリソースを事前に購入することで、ライセンス付きの価格より最大 33%1 もコストを節約することができます。 Azure は最もコスト効率の良い SQL Server ワークロード向けクラウド 現在、有効なソフトウェア アシュアランスをお持ちのお客様は、SQL Server 向け Azure ハイブリッド特典と仮想コア…


[Power BI] ワークスペースの仕様変更

執筆者: Microsoft Japan Business Intelligence Tech Sales Team 伊藤   2018 年 8 月 7 日付で Power BI サービスのワークスペースに対する仕様変更がお知らせされました。 https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/blog/enable-your-team-with-new-workspaces-experiences-preview/ この変更により、Office 365 管理者の方にとってもPower BI ユーザーの方にとっても、管理しやすくかつ使いやすくなると思います。   それではまずワークスペースとはどのようなものなのかこれまでの仕組みを説明し、次にそれがどう変わるのかを紹介します。 ワークスペースはその名の通り、作業スペースです。フォルダーと異なり、フラットな構造となっています。この中に Power BI Desktop で作ったレポートを発行したり、ダッシュボードを作ったりします。ワークスペースの中にはデータセット、レポート、ダッシュボードなどが格納されます。ワークスペースには 個人用の「マイ ワークスペース」と、他のユーザーと共同作業するための「アプリ ワークスペース」の2種類あります。Office 365 をお使いの方向けに言うと、マイ ワークスペースは OneDrive, アプリ ワークスペースは SharePoint のような位置づけです。 現在「アプリ ワークスペース」は Office 365 グループと連動しており、アプリ ワークスペースを作成すると Office 365 グループが自動で作成されます。 Office 365 グループについてはこちらのブログ記事をご覧ください。…


Azure Reserved Virtual Machine Instances のインスタンス サイズの柔軟性の一般提供

執筆者: Manish Shukla (Program Manager, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 8 月 3 日に投稿された General availability of instance size flexibility for Azure Reserved Virtual Machine Instances の翻訳です。   今回のブログ記事は、Microsoft Azure の主任エンジニアリング マネージャーを務める Arabinda Mohapatra と共同で執筆しました。 このたび、Azure Reserved Virtual Machine Instances のインスタンス サイズの柔軟性をご利用いただけるようになりました。これは、Reserved Instances (RI) の購入と管理を簡素化する新しい機能で、同じ VM グループ (英語) 内の他のサイズの VM に RI 割引を適用することができます。 この機能を利用すると、同じ VM グループ内の他の…


Azure ポータルで Managed Disks への移行が可能に

執筆者: Kay Singh (Senior Program Manager, Azure Compute) このポストは、2018 年 8 月 2 日に投稿された Managed Disks migration now available in the Azure Portal の翻訳です。   Azure ポータルで Unmanaged Disks の VM を Managed Disks に変換する機能をリリースいたしました。これにより、PowerShell や CLI スクリプトを使用しなくても、ワンクリックで移行できるようになります。 Azure Managed Disks は、リリース以来高い評価を得ており、既に多くのお客様に導入いただいています。まだ使用されたことのないお客様のために、すべての機能をまとめてご紹介します。ぜひご検討ください。 ストレージ アカウントの制限を気にせずにアプリケーションをスケーリング 障害ドメインの整合性により、コンピューティングおよびストレージ リソース全体の高可用性を実現 最大 1,000 個のインスタンスを含む VM Scale Sets を作成 ディスク、スナップショット、イメージを優先リソースとしてアーキテクチャに統合 Azure…