Microsoft Connect(); 2018: すべての開発者がより多くの成果を達成できるように

執筆者: Scott Guthrie (Executive Vice President, Cloud and Enterprise Group, Microsoft) このポストは、2018 年 12 月 4 日に投稿された Empowering every developer to achieve more at Microsoft Connect(); 2018 の翻訳です。   本日マイクロソフトは Connect(); 2018 (英語) を開催し、あらゆる開発者の皆様のお役に立つ新たなイノベーションを発表しました。私たちは今、ユビキタス コンピューティングの世界の実現にどんどん近付いていることを実感しています。テクノロジによって、あらゆる消費者、そして企業のエクスペリエンスが変革され続けているためです。


Azure Dedicated HSM 提供の発表

Microsoft Azure Dedicated Hardware Security Module (HSM) サービスでは、Azure の暗号キー ストレージを提供しており、最も厳しいお客様のセキュリティとコンプライアンスの要件にも対応します。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/announcing-azure-dedicated-hardware-security-module-availability/


Azure Functions と App Service を使用したサーバーレスと Web アプリのセキュリティの単純化

サーバーレスと PaaS は、一言でいうと、管理上の負担を軽減し、最も重要なこと、つまりアプリケーション ロジックに集中できるようにすることで開発者の生産性を向上させるサービスです。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/simplifying-security-for-serverless-and-web-apps-with-azure-functions-and-app-service/


Azure Stack の活用によって生み出されるハイブリッド クラウド イノベーション

執筆者: Talal Alqinawi (Senior Director, Azure Marketing) このポストは、2018 年 11 月 26 日に投稿された Customers are using Azure Stack to unlock new hybrid cloud innovation の翻訳です。   数週間のヨーロッパ滞在中、クラウド サービスをデータセンターやエッジに導入して新しいハイブリッド クラウド ソリューションを実現したいというお客様やパートナー様にお会いしました。レイテンシ、規制準拠、旧式のデータやシステムなど、さまざまな理由でパブリック クラウドを利用できない企業は、デジタル資産全体に一貫したエクスペリエンスを実現できる、真のハイブリッド クラウド ソリューションを求めています。既に Azure Stack を利用している企業もあり、マイクロソフトのインテリジェント クラウドやインテリジェント エッジを活用した革新的なデジタル トランスフォーメーション促進の方法など、実に有意義なお話を伺うことができました。 世界中のおよそ 60 か国の公共機関、製造、金融サービス、医療といった業界のお客様が、Azure Stack を利用してこれまで不可能とされていたシナリオを次々に実現していることを非常に嬉しく思います。しかし、これで終わりではありません。マイクロソフトはお客様のニーズに応え、これからも Azure Stack に新機能やイノベーションをお届けしてまいります。 一貫性のあるハイブリッド クラウド Azure Stack は、Azure との一貫性をとことん追求しています。クラウド コンピューティングの俊敏性とイノベーションがオンプレミスやエッジにもたらされることで、柔軟で操作性の高い環境をフルに活用して最新アプリを構築できます。Azure Stack…


MS クラウド ニュースまとめ – HockeyApp の Visual Studio App Center への移行 他 (2018 年 11 月 28 日)

執筆者: Cloud Platform Team このポストは、2018 年 11 月 28 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for November 28th, 2018 の翻訳です。   Azure のセキュリティと運用管理 – Azure Dedicated HSM によるハードウェア セキュリティ モジュール (HSM) の制御 Azure Dedicated HSM を使用すると、ハードウェア セキュリティ モジュール (HSM) の管理と暗号化を完全に制御することができます。これらの HSM は、暗号化キーを処理するもので、複数の業界標準および規制 (FIPS 140-2 レベル 3、GDPR、HIPAA、PCI-DSS、eIDAS など) のコンプライアンス要件に準拠しているほか、アプリケーションのレイテンシやスループットの厳しい要件にも対応しています。このサービスは、移行や HSM 固有の機能など、HSM に直接アクセスする必要があるシナリオを対象としています。詳細については、Azure ブログ (英語) をご覧ください。 なお、迅速なデプロイメント、高可用性、他のマイクロソフト クラウド…


Windows Server と SQL Server のお客様に Azure が選ばれる 3 つの理由

執筆者: Julia White (Corporate Vice President, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 11 月 27 日に投稿された Three reasons why Windows Server and SQL Server customers continue to choose Azure の翻訳です。   過去 25 年間、Windows Server と SQL Server は大小さまざまな規模の企業に支持され、ビジネス クリティカルなワークロードの運用に使用されてきました。実に、オンプレミス サーバー ワークロードの 70% 以上が Windows Server で実行されています1。最近では、クラウドを活用してイノベーションやデジタル トランスフォーメーションに取り組むお客様が増えていますが、そのほとんどが、Windows Server や SQL Server の既存アプリケーションやデータをクラウドに移行することから始めています。信頼できる移行先として、多くのお客様が Azure を選んでいます。お客様から寄せられた声をまとめたところ、マイクロソフトが選ばれ続ける 3 つの理由が見えてきました。…


イベント開催のご案内 | 2018/12/09 – 2018/12/15

マイクロソフトでは、様々な支援ができるよう多数のセミナー(ウェビナーおよび各地でスクール形式行われるセミナー)を開催しております。 遠方で参加が難しい方や当日都合が悪くなった方には、オンラインでご参加いただける形式のセミナーも多数実施しておりますので、お気軽にご参加いただき、お役立て下さい。(参加には事前のお申込みが必要になります) なお、過去のウェビナーは Azure サイトの歩き方ページより、 [学習する] ― [過去の Web / 動画セミナー (2018 年 1 月以降)] から参照いただけます。 セミナー 2018 年 12 月 11 日(火) 13:00 – 17:30(12:45 開場) [東京開催] SQL Sever 丸わかり 1 日セミナー 本セミナーでは開催タイミングの最新の情報をお届けできるようにしております。前半は、Ignite 2018 で発表された、新しいバージョンの SQL Server となる SQL Server 2019 の最新情報、一般提供が開始された SQL Server と高い互換性を持つ PaaS 型のDB である SQL Database Managed Instance の解説、SQL Server のマイグレーションを効率的に実施するためのツールの最新情報をご紹介。後半は、既存データ資産を生かしたデータベースの最新化についてご説明いたします。…


すぐに始められる: エンタープライズ レベルの仮想アシスタントの構築

執筆者: Lili Cheng (Corporate Vice President, Artificial Intelligence and Research Group) このポストは、2018 年 11 月 14 日に投稿された Get started in minutes: Build your own enterprise grade virtual assistant の翻訳です。   運転中の車中で最寄りのガソリン スタンドを探したり、工場で製造ラインを停止する場合には、会話のほうが操作しやすかったり、生産性が高かったりすることが考えられます。世界は今、人がコンピューターを学び、慣れる必要があった時代から、コンピューターが人を理解し、人と自然に会話する手段を学ぶ時代へと進化しています。 Azure Bot Service は、Web サイト、アプリ、Cortana、Microsoft Teams、Skype、Slack、Facebook Messenger などの利用者と自然に対話するインテリジェントなボットを開発、接続、デプロイ、管理できるサービスです。36 万人を超える Azure Bot Service 開発者の皆様のために、マイクロソフトはさらなる生産性向上につながるツールやフレームワークの強化に取り組んでいます。今回、仮想アシスタント用のオープンソースのボット ソリューション アクセラレータのプレビューをリリースしました。このソリューション アクセラレータにより、開発者はすばやく作業を開始して、ブランディングされた仮想アシスタントを簡単に作成できるようになります。また、ボット開発の生産性を向上する Bot Framework SDK (ソフトウェア開発キット) およびツールのバージョン 4.1 の一般提供も開始しました。さらに、マイクロソフトは会話型…


Azure DevOps Server 2019 RC1 の概要

本日、Azure DevOps Server 2019 の最初のリリース候補 (RC) を公開いたします。Azure DevOps Server 2019 は、Microsoft Azure DevOps のコードベースを提供しており、セルフホストを望まれるお客様向けに最適化されています。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/introducing-azure-devops-server-2019-rc1/


イベント開催のご案内 | 2018/12/02 – 2018/12/08

マイクロソフトでは、様々な支援ができるよう多数のセミナー(ウェビナーおよび各地でスクール形式行われるセミナー)を開催しております。 遠方で参加が難しい方や当日都合が悪くなった方には、オンラインでご参加いただける形式のセミナーも多数実施しておりますので、お気軽にご参加いただき、お役立て下さい。(参加には事前のお申込みが必要になります) なお、過去のウェビナーは Azure サイトの歩き方ページより、 [学習する] ― [過去の Web / 動画セミナー (2018 年 1 月以降)] から参照いただけます。 セミナー 2018 年 12 月 6 日(木) 13:00-17:30(12:45 開場) [東京開催] SQL Server and Azure Data Services ロードショー このロードショーでは米国本社よりマーケティング担当および開発者が来日し、データ投資がデジタル変革にとってなぜ重要であるかの理由と、データと AI を活用して業界をリードするための方法を、Red Hat、HPE のソリューションを組み合わせたフルスタックでお話しします。 参加のご登録はこちら > ウェビナー 2018年12月4日(火) 16:30-17:30 一歩先行く Azure Computing シリーズ(全 3 回) 第 3 回 VMSS やコンテナー オーケストレーターで、クラウドのコンピューティング リソースを使いこなす 多数の仮想マシンやコンテナーを稼働させ、可用性やスケーラビリティを確保できることはクラウドの大きなメリットです。コンテーにはオーケストレーターがありますが、仮想マシンはどうすればよいでしょう?同一構成の仮想マシンを同時に多数展開、更新、スケーリングできる、Virtual Machine…