Cray 製スーパーコンピューターが Azure に登場予定


執筆者: Jason Zander (Corporate Vice President, Microsoft Azure Team)

このポストは、10 月 23 日に投稿された Cray Supercomputers are coming to Azure の翻訳です。

 

マイクロソフトはこのたび Cray と独占的なパートナーシップを締結しました。これにより、スーパーコンピューティングの処理能力をこれまで以上に Azure でご利用いただきやすくなり、気候モデリング、高精度医療、エネルギー、製造、その他の科学研究分野の難しい課題を解決できるようになります。

今回の発表は、マイクロソフトのお客様に HPC や AI の力をコスト効率良く、俊敏に活用していただけるようにするための第一歩です。マイクロソフトがクラウドでビッグ コンピューティングの能力を提供できるようになれば、さまざまなビジネスを変革し、画期的な実験や今後数十年かけて実現されるイノベーションにおいて皆様を強力に支援できると考えています。こうしたビジョンの実現に向けて、私たちはこの数年間多くの投資を行ってきました。InfiniBand による業界最高レベルのネットワーク パフォーマンス、Cycle Computing の買収によるハイブリッド HPC デプロイメント管理の簡素化 (英語)、最先端 GPU のパブリック クラウドへの導入をはじめとする先日の発表 (英語) などはその成果の一部です。

マイクロソフトと Cray は、きわめて高いパフォーマンス、スケーラビリティ、柔軟性を最適な形で一体化させたサービスを提供するべく、今後も引き続き連携して取り組んでまいります。Azure からは専用の Cray XC シリーズおよび CS シリーズのスーパーコンピューターを提供し、お客様には Azure ネットワークで直接 HPC や AI アプリケーションと他のクラウド ワークロードを並行して実行していただけます。Cray システムは Azure Virtual Machines、Azure Data Lake Store、Microsoft AI プラットフォーム、Azure Machine Learning の各サービスと容易に連携させることができるため、さまざまな形のワークフローや共同作業が可能になります。クラウドで提供されるこれらのすべての機能は、政府機関やそのパートナー様向けの専用リージョンを含む世界中のほぼすべてのデータセンターで提供され、ほとんどのコンプライアンスに準拠しています。

クラウドでさまざまなハイブリッド ワークフローを実行でき、エンタープライズ クラウドと HPC のエキスパートによる十分なサポートが受けられるのは、マイクロソフトと Cray のパートナーシップが提供するソリューション以外にありません。

このサービスの詳細については、プレスリリース (英語)Cray の Web サイト (英語) をご覧ください。

 

Comments (0)

Skip to main content