【11/28 開催】参加無料 Microsoft Azure 徹底活用フェス@渋谷 開催決定!


11/28 (火)限定イベントMicrosoft Azure 徹底活用フェスを開催
AI, IoT, ビッグデータ活用からクラウド アプリケーション開発まで、
国内インテグレーターが一堂に!Azure Stack 専用エリアも併設!

大好評につき第2弾の開催決定~

 

11月28日(火)、渋谷ヒカリエホールにて、Microsoft Azure をご利用中のお客様、ご利用のご検討をいただいているお客様向けに特別開催する 1 日だけの Microsoft Azure 徹底活用フェス「Meet Azure Solution @渋谷ヒカリエ」を開催します。
Azure をベースにソリューションを展開している国内有力システム インテグレーターが一堂に介し、AI、IoT、ビッグデータ活用からクラウド アプリケーション開発まで Azure を最大限ご利用いただくための様々なソリューションを展示会形式でご紹介いたします。展示会場内にはセッション会場もご用意し、マイクロソフトの人気スピーカーによる最新ソリューション事例をご紹介するミニ セミナーも予定しております。さらに今回は注目のAzure Stack 専用エリアをご用意します!
大好評にて閉幕したフェス第1弾から、システム インテグレーターや提供メニューをさらにパワーアップ。Azureフェスにてお待ちしています!

Microsoft Azure Stack を見る・知る・調べる 1日 -  Azure Stack 専用エリアを併設!

ハイブリッドクラウド基盤の新しい選択肢として注目されている Azure Stack。本イベントでは Azure Stack専用エリアをご用意。システム インテグレーターが各社が提供する Azure Stackソリューションを一度にご覧いただけます。また専用エリアでは日本マイクロソフトのAzure Stack 第一人者 高添修による Azure Stack セッションも終日実施、Azure Stackのコンセプトから利用シナリオまで、わかりやすく解説します。

<概要>
タイトル:Microsoft Azure 徹底活用フェス@渋谷ヒカリエ
日  時:2017年11月28日(火) 10:30-18:00 (会場は出入り自由となります。皆様のご都合の良い時間帯にご来場ください。)
会  場:渋谷ヒカリエホール 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 9F
参加費 :無料(事前登録制)
お申込みはこちら こちらのサイトよりご登録ください
ご対象者 : Azureをすでに利用している、またはAzureをご検討いただいている企業ユーザーの方々
※上記以外の方はご参加をお断りする場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

 

イベント参加特典

 

イベントにご参加の上ソリューションエリアの展示ブースにて相談いただくと、相談数に応じてもれなく素敵なプレゼントを差し上げます!!
  • 参加特典1:Azure & Azure Stack 特製ステッカー
  • 参加特典2:Azureロゴ入り老舗どら焼き
     

 

セッションスケジュールを含むイベントの情報は、随時アップデートしていきます。
<イベントスケジュール>
時間 セッション内容 スピーカー
10:30 - 開場(ソリューションゾーン オープン )

11:00-11:30
AI時代のビッグ データ ウェアハウス

AI / IoT / ビジネスインテリジェンス等、クラウドでのデータの活用の幅が広がっていく中で、柔軟なクラウドのデータウェアハウスの重要性が一層増しています。本セッションでは、これからのデータ活用の基盤となる、スケーラブルなクラウド データ ウェアハウス Azure SQL Data Warehouse についてご紹介します。

日本マイクロソフト株式会社

データ & クラウドAIアーキテクト技術本部

クラウド ソリューション アーキテクト

高木 英朗

12:00 – 12:30
(軽食付き)*

失敗しない社内システムのクラウドお引越し ~正しい Lift and Shift とは~

本セミナーでは、定番の失敗する検討テーマ、失敗をしないためのプロジェクトの進め方、クラウド環境の特長を活かしたシナリオ、お引越しの実践、導入プロジェクトで検討すべきサービス群などについて解説します。 Microsoft Azure 徹底活用フェススペシャル版でお届けします!

日本マイクロソフト株式会社

Azureテクニカル ソリューション プロフェッショナル

吉田 雄哉

13:00 – 13:30
サーバー管理不要!Azure PaaS ではじめる、モダンWeb/Mobile アプリケーション開発のベストプラクティス

本セッションでは、クラウド時代を生き抜くうえで知るべきアプリケーション開発について、Azure PaaSのデモを交えながら分かりやすくご紹介します。

マイクロサービスやサーバーレス、そしてDevOpsにテスト駆動開発。クラウド時代に適したアーキテクチャや開発手法は色々あります。

しかし、いざ始めようと思っても何から手を付けてたら良いのか整理ができないまま、言葉だけが一人歩きしてしまうケースが多いのではないでしょうか。

また現実問題として、解決しなければいけない問題は山積しています。伸びるリードタイムに増えるサーバー、インフラは複雑化し、リソース管理は煩雑になりがちです。

クラウドの時代に適したサービスを利用し、システムの最適化を実現しましょう!

日本マイクロソフト株式会社

インテリジェントクラウド統括本部

テクノロジー ソリューション プロフェッショナル

服部 佑樹

14:00 – 14:30

Azure 仮想マシンにおける運用管理・高可用性設計のベストプラクティス

オンプレミスと同様に、Azure仮想マシン活用するにあたっても、運用管理や可用性、セキュリティなどは極めて重要なテーマです。本セッションでは、Azure仮想マシンを安全安心に使っていただくために必要な基本的な考え方と、Azure が提供するバックアップや災害対策、セキュリティなどの各種運用管理サービスについて、わかりやすくご紹介します。

日本マイクロソフト株式会社

テクニカルソリューションプロフェッショナル

グローバル ブラックベルト セールス

大井 雄介

15:00 – 15:30

Mobile-first、Cloud-first のその先へ

~AI と BI、そして Azure で実践するアプリケーション モダナイゼーション

アプリケーション開発をとりまく技術トレンドがクラウドを中心に大きく変化している今、クラウド ネイティブ アプリケーションとしての技術選択や設計が重要になります。本セッションでは、身近になった AI (Artificial Intelligence) と BI (Business Intelligence) 、そして、

コンテナーやサーバーレスを利用したアプリケーションのモダナイズ手法についてご紹介します。

日本マイクロソフト株式会社

テクニカルエバンジェリスト

デベロッパー エバンジェリズム統括本部

井上 章 

16:00 – 16:30

Introduction to GitHub Enterprise

OSS プロジェクトを中心に世界中のユーザーに受け入れられている GitHub ですが、企業におけるソフトウェア開発でも多く利用されています。
GitHub Enterprise は、企業におけるソフトウェア開発で必要なコンプライアンス要件をクリアしながら、最先端のモダンな開発フローを御社に取り入れることを可能にします。
また、GitHub Enterprise Visual Studio Azure といった Microsoft 製品ともよく連携し、スムーズな開発フローを構築できるのも特徴的です。
本セッションでは、GitHub Enterprise Visual StudioAzure を組み合わせて利用するデモをお見せしつつ、企業利用におけるメリットをお話します。

GitHub
ソリューションエンジニア
池田 尚史
16:30 – 17:00

ソニービデオ&サウンドプロダクツにおける Azure を用いた組み込みソフトウェア開発手法の紹介

GitHub を活用した CI/CD およびコードレビューを円滑化するために、ソニービデオ&サウンドプロダクツでは Azure を導入しました。

Pull-Request のレビューをする前に F/W ビルド・テストなどの自動チェックを行うことで、現場エンジニアの負担を軽減し、開発ブランチが安定化する工夫をしています。

本セッションでは Azure を現場導入して 2 年間で得られたベストプラクティスをご紹介します。

ソニービデオ&サウンドプロダクツ株式会社

プラットフォームソフトウェア開発部

大崎 泰寛 氏

17:00 – 18:00 ネットワーキングパーティー -
*軽食のご用意は数に限りがございます。あらかじめご了承ください。

<参加予定のシステムインテグレーター一覧(順不同)>
※11月20日時点の情報です。参加パートナーは本ブログにて随時追加アップデートします。

ARアドバンストテクノロジ株式会社
DATUM STUDIO株式会社
FutureOne株式会社
NECネッツエスアイ株式会社
NHNテコラス株式会社
NTTテクノクロス株式会社
SCSK株式会社
アジュールパワー株式会社
イサナドットネット株式会社
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
インフォテリア株式会社
ウェブシステムテクノロジー株式会社
株式会社ISAO
株式会社ISID-AO
株式会社Y2S
株式会社アロバ
株式会社オープンストリーム.
株式会社ニッセイコム.
株式会社オプティム.
株式会社シーイーシー
株式会社タイムインターメディア
株式会社大塚商会
関電システムソリューションズ株式会社
クリエーションライン株式会社
サイオステクノロジー株式会社
ジェイエムテクノロジー株式会社
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
ソフトバンク株式会社
ソフトバンクコマース&サービス株式会社
データクック株式会社
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社
デル株式会社
東洋ビジネスエンジニアリング
株式会社ドリーム・アーツ
株式会社ナレッジコミュニケーション
日商エレクトロニクス
日本電気株式会社
日本ユニシス株式会社
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
富士ソフト株式会社
プライム・ストラテジー株式会社
ぷらっとホーム株式会社
ボクシーズ株式会社
三井情報株式会社
株式会社EVC
株式会社Jストリーム.
株式会社アイキューブドシステムズ
株式会社アラヤ
株式会社インターナショナルシステムリサーチ
株式会社エーアイスクエア
株式会社エナ・ストーン
株式会社エフエスクリエーション
株式会社オービックビジネスコンサルタント
株式会社クララオンライン
株式会社サイト・パブリス
株式会社ジェーエムエーシステムズ
株式会社システムサポート
株式会社シナモン
株式会社シムトップス
株式会社ソリッドシステムソリューションズ
株式会社ソリマチ技研
株式会社ソルティスター
株式会社データビークル
株式会社ネクストスケープ
株式会社パシフィックビジネスコンサルティング
株式会社ブイキューブ
株式会社ブレインパッド
株式会社ブロードバンドタワー
株式会社ヘッドウォータース
三井物産セキュアディレクション株式会社
日本オプロ株式会社
日本システムウエア株式会社
日本ビジネスシステムズ株式会社
富士通株式会社
株式会社エクシード
EY アドバイザリー・アンド・コンサルティング
株式会社インターネットイニシアティブ
東京エレクトロンデバイス株式会社
株式会社NTTコミュニケーションズ
アバナード株式会社
日本コムシス株式会社
AMATELUS JAPAN 株式会社
エクイニクス・ジャパン株式会社
株式会社システナ
株式会社ソフトクリエイト
株式会社bitFlyer
日本ヒューレット・パッカード株式会社


Comments (2)

  1. 辻 秀雄 より:

    はじめまして。私は金融・投資のポータルサイト「エムトレ」(http://mtre.jp/)のアドバイザーをしております。11月28日のイベントのセッションの取材をぜひさせていただきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

    1. Eriko Iga より:

      辻様、ご連絡ありがとうございます。
      大変お手数ですが、弊社コーポレートコミュニケーション本部(広報)あてにご連絡いただけますでしょうか。
      https://news.microsoft.com/ja-jp/contact/
      どうぞよろしくお願いいたします。

Skip to main content