MS クラウド ニュースまとめ – Azure Stack 販売開始、他 (2017/07/10)


このポストは、7 10 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for July 10, 2017 の翻訳です。

 

この記事では、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめてご紹介します。

マイクロソフトでは、ユーザーの皆様によるクラウドの利用をサポートする取り組みを日々行っています。私たちは幅広い製品ポートフォリオを通じてマイクロソフトならではの最新技術、総合的なモバイル ソリューション、開発ツールを提供しており、ユーザーの皆様にはこれらをご活用いただくことで皆様が本来持つ力を余すところなく発揮していただきたいと考えております。今回お届けする最新リリース情報は以下のとおりです。

  • Azure Stack の一般販売開始
  • Azure Managed Applications のプレビュー
  • Azure Service Health のプレビュー
  • SQL Data Warehouse のパフォーマンス向上とスケール拡大
  • Azure Managed Disks での Apache Kafka for HDInsight のプレビュー
  • Azure の仮想マシン スケール セットの新しいネットワーク機能の一般提供
  • 独立運営クラウドでの Azure Service Bus ハイブリッド接続機能の一般提供
  • Microsoft Cloud App Security の新機能 (ランサムウェア ポリシー、ロール ベースのアクセス制御、Microsoft Teams)

Azure Stack の一般販売開始

Dell EMC、HPE、Lenovo 各社のハードウェアとセットになった Azure Stack 統合システムを注文していただけるようになりました。購入計画の参考となるよう、ソフトウェアの価格と可用性に関する情報も公開しています。また、統合システム環境でアプリケーションの構築や検証が行えるよう、サーバー 1 台のデプロイメント オプションを無料でお試しいただけます。

Azure Stack 統合システムの注文に関する詳細については、こちらのブログ記事 (英語) をご覧ください。

Azure Managed Applications のプレビュー

Azure Marketplace 向け Azure Managed Applications がプレビューとしてリリースされました。マネージド サービスのプロバイダーやパートナーの皆様は、Azure Managed Applications を利用することで、Azure Marketplace からターンキー ソリューションを配信できるようになります。Azure Managed Applications はマーケットプレースからインフラストラクチャやソフトウェアを販売するための 1 つのチャネルとして利用可能な、Azure のお客様への追加サービスや運用サポートを提供するための手段となります。個々のマネージド アプリケーションは自己完結型で、お客様からは密閉されたパッケージとなります。このためマネージド サービスのプロバイダーおよびパートナーの皆様は、高品質のサービスを確実に配信することができます。

Azure Managed Applications の詳細については、こちらをご覧ください。

Azure Service Health のプレビュー

Azure Service Health プレビューは、Azure サービスで問題が発生し、お客様に影響が及ぶ可能性がある場合にガイドやサポートを提供するサービスです。発生した問題の影響に関してお客様が必要とする情報をタイムリーに提供し、今後予定されているメンテナンスに備えてユーザーが準備できるようサポートします。ビジネス クリティカルなリソースに影響が生じる場合は、メール、テキスト メッセージ、Web フック通知を通じて Azure Service Health からアラートが送信されます。

Azure Service Health プレビューの詳細については、こちらのページをご覧ください。

SQL Data Warehouse のパフォーマンス向上とスケール拡大

Azure SQL Data Warehouse プレビューでは、無制限のカラムナ ストレージによりコンピューティング能力が 3 倍に

Azure SQL Data Warehouse のスケーリングの上限が 6,000 DWU から 18,000 DWU へと 3 倍に拡大しました。ペタバイト級のストレージ規模でクエリのパフォーマンスと 1 秒あたりのクエリ数が大幅にアップしたほか、弾力性と一時停止/再開のメリットが加わり、さらにコストを最適化できるようになりました。

新しいパフォーマンス レベルである 9000 DWU と 18000 DWU の SQL Data Warehouse プレビューには、間もなくアクセスしていただけるようになります。これらが利用可能になれば、さらに強力なコンピューティング能力でスケーリングを行い、フル機能を備えた SQL エンジンを使用して分析クエリを実行できます。また、これらの新しいパフォーマンス レベルでは、無制限のカラムナ ストレージがサポートされるため、より深いインサイトを得るために十分なデータを読み込み、保存することができます。

このプレビューを利用するには、Azure ポータルからご登録ください。ぜひお試しください。

Azure Managed Disks での Apache Kafka for HDInsight のプレビュー

Azure Managed Disks を使用した Apache Kafka for HDInsight のプレビューを開始

Managed Disks を使用した Apache Kafka のプレビューが HDInsight プラットフォーム向けにリリースされました。この機能を使用すると、お客様用にストレージ アカウントの仕様を抽象化し、より簡単にディスクの使用を管理できるようになります。また、ワークロードの拡大に応じて、指数関数的にスケーラビリティを向上させ、コストを削減できます。詳細については こちらの Azure ブログ記事 (英語) をご覧ください。

Azure の仮想マシン スケール セットの新しいネットワーク機能の一般提供

仮想マシン スケール セットのネットワーク機能を強化

仮想マシン スケール セットの新しいネットワーク機能を使用すると、仮想マシンを大規模にデプロイしているさまざまなアプリケーションで、スケール セットのシンプルなデプロイメント、弾力性、オートスケール機能を利用できます。

独立運営クラウドでの Azure Service Bus ハイブリッド接続機能の一般提供

中国とドイツの独立運営クラウドにおいて、Azure Relay のハイブリッド接続機能の一般提供が開始されました。Azure Relay ではオープン標準の Web ソケットを使用することで、ファイアウォール接続を開放したり企業ネットワークを変更したりすることなく、企業ネットワークの内部にあるサービスを安全にクラウドに公開することができます。これにより、企業データの格納場所はそのままで、クラウドからアクセスが可能になります。

機能

  • HTTPS と WebSockets を使用して安全にリソースに接続
  • Azure Relay の堅牢な管理機能と監視機能を活用
  • 自社の仮想プライベート ネットワーク、ファイアウォール、プロキシの変更が不要

料金の詳細については、Service Bus の料金ページをご覧ください。Azure Relay のドキュメントもご確認ください。

Microsoft Cloud App Security の新機能 (ランサムウェア ポリシー、ロール ベースのアクセス制御、Microsoft Teams)

Cloud App Security の新機能をリリース

Microsoft Cloud App Security の新機能は次のとおりです。

  • Office 365 監査ログでサポートされている Microsoft Teams アクティビティへのサポートが追加されました。
  • Cloud App Security ポータルでロール ベースのアクセス制御 (RBAC) がサポートされました。これにより、管理者に付与されたアクセス許可を Cloud App Security コンソール内で管理できるようになります。既定では、Azure Active Directory (Azure AD) のグローバル管理者、Office 365 グローバル管理者、セキュリティ管理者の全員に、ポータルでの完全なアクセス許可が付与されます。Azure AD と Office 365 のセキュリティ閲覧者の全員には、Cloud App Security での読み取り専用アクセス権が付与されます。[アクセスの管理] オプションを使用すると、ほかの管理者を追加したりアクセス許可を変更したりすることができます。詳細については、ドキュメント「管理アクセス許可の管理」を参照してください。
  • 潜在的なランサムウェア アクティビティを検出する新しいポリシー テンプレートがポリシーに追加されました。このテンプレートには、WannaCrypt の拡張子が含まれます。
  • Azure AD のガバナンス オプションが強化されたのに伴い、不審なユーザー アクティビティに関するアラートや乗っ取られたアカウントに対してすばやく効果的に対処するために、ユーザーは Office 365 と Azure AD のすべてのアプリに再度ログインすることが必要になりました。

Cloud App Security および最新機能をお試しいただくには、無料試用版を入手してください。

Cloud App Security の詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Comments (0)

Skip to main content