マイクロソフトが Cloud Foundry Foundation への参加を発表


執筆者: Corey Sanders (Director of Compute, Azure)

このポストは、6 月 13 日に投稿された Microsoft joins Cloud Foundry Foundation の翻訳です。

 

私は Azure Virtual Machines を最初にリリースした当時からずっと、パートナーやユーザーの皆様と一緒に仕事をさせていただけることに大きな喜びを感じていました。マイクロソフトはこれまで多くのオープン ソース テクノロジを生み出し、そうしたコミュニティの皆様のもとでさまざまな面で貢献してきました。また、Azure をよりオープンなものにし、柔軟性を高め、簡単に移植できるプラットフォームにしていく過程で、たくさんの仲間と知り合うことができました。

しかし、これで取り組みが完結したわけではありません。この道のりはまだまだ続きます。本日サンタクララで開催された Cloud Foundry Summit で、私はたいへん光栄ながら、Cloud Foundry Foundation のエグゼクティブ ディレクター Abby Kearns 氏と共に登壇し、マイクロソフトが Cloud Foundry Foundation Gold メンバーとして参加したことを発表しました。Azure で Cloud Foundry を利用しているお客様からは、これまで多くの成功事例をご報告いただいています。Cloud Foundry on Azure では、アプリケーションをモダン化しながらクラウドへの移行を進めると同時に、オープンで容易に移植可能なハイブリッド プラットフォームを提供することが可能になっています。Cloud Foundry Foundation とのパートナーシップにより、マイクロソフトではオープン ソース コミュニティとのコラボレーションやイノベーションへの取り組みをさらに充実したものにできると考えています。マイクロソフトは今後もお客様が希望するクラウド プラットフォームにアプリケーション ソリューションを自由にデプロイしていただけるよう、多様でオープンなテクノロジ エコシステムの構築に取り組んでいきたいと思います。

Cloud Foundry Foundation への参加に加え、Cloud Foundry Azure の統合を拡張したことも発表しました。Azure Database (PostgreSQL および MySQL) とのバックエンドの統合や、SQL Database、Service Bus、Cosmos DB でのクラウド ブローカーのサポートのほか、Cloud Shell で利用可能なツールで Cloud Foundry CLI を使用し、Cloud Foundry を数秒で管理できるようにしました。以降のセクションでは、Azure と Cloud Foundry の統合についてさらに詳しくご説明します。

Cloud Foundry をこれまでにないほど包括的にサポート

マイクロソフトはコミュニティの皆様との協力のもとで 2 つの画期的なエコシステムを構築し、Azure のツールとフレームワークを Cloud Foundry でサポートしています。実際、Azure で新たなサービスや機能を開発する際には、プレビューをリリースする時点から Cloud Foundry との統合も実現させています。その実例として、先月開催された開発者向けカンファレンス Microsoft Build で発表した 2 つの統合についてご紹介します。

  • Azure Cloud Shell Cloud Foundry CLI に対応 - ブラウザーを使用可能なあらゆるデバイスで、Azure ポータルに組み込まれている Azure Cloud Shell から完全機能版の Bash シェルを使用することができます。そして本日は、Cloud Shell に既定でインストールされているツールのリストに、Cloud Foundry CLI を追加したことを発表しました。
  • MySQL での Azure Database のサポートと PostgreSQL サービスでの Azure Database のサポートを追加 - 新しい Azure Database サービスを利用して、自動スケーリングと自動バックアップが組み込まれているフルマネージド ストレージに Cloud Foundry 環境をバックアップできるようになりました。

この他にも、Azure プラットフォームと Cloud Foundry プラットフォームの統合によって以下の点が強化されました。

  • Azure Cloud Provider Interface (CPI) - Azure CPI (英語) を使用すると、VM や仮想ネットワークのほか、Cloud Foundry を実行するために必要なその他のインフラストラクチャ要素を含む Azure インフラストラクチャも、BOSH (英語) と統合できます。Azure CPI は、Azure Stack をサポートするなど、最新の Azure 機能に対応するために継続的に更新されています。
  • Azure Meta Service Broker - Azure Meta Service Broker (英語) では、Cloud Foundry 開発者が Azure SQL や Azure Service Bus、Azure Cosmos DB など特に広く使用されているサービスにアプリケーションをプロビジョニングして連携させることができます。
  • Visual Studio Team Services (VSTS) プラグイン - VSTS 用 Cloud Foundry プラグイン (英語) では、VSTS でホストされているビルド エージェントから Cloud Foundry 環境にデプロイする能力を含む Cloud Foundry の継続的インテグレーション/継続的配信 (CI/CD) パイプラインを幅広くサポートしているため、チームがビルド サーバーを管理する手間を抑えることができます。なお、このプラグインもオープン ソース (英語) です。
  • Microsoft Operations Management Suite (OMS) Log Analytics – OMS Log Analytics との統合により、システムやアプリケーションのメトリックを収集してログを記録し、Cloud Foundry アプリケーションの監視に使用することができます。

Open Service Broker

Azure チームは、Deis と始めた取り組みの一環として、Open Service Broker API (英語) エコシステムを Kubernetes に対応させる作業に積極的にかかわっています。これにより、開発者の皆様は Service Catalog 経由で Azure サービスをより簡単に使用できるようになります。このブローカーは、Cloud Foundry や Kubernetes などのクラウド ネイティブなプラットフォームとアプリケーション プラットフォームを接続する標準インターフェイスとして機能します。Deis が Azure チームに加入したことで、マイクロソフトは Cloud Foundry Foundation の中核戦略である Open Service Broker ワーキング グループに正式に参加することができました。これにより、クラウド ネイティブなプラットフォームへの接続インターフェイスを標準化する取り組みをさらに加速させ、マルチクラウドやマルチプラットフォームの移植性を追求できます。

お客様とパートナーにさらに多くの選択肢を

Cloud Foundry は、ビジネス上の複雑な問題を解決するソリューションとして、Ford (英語)、Manulife、Merrill といった多くの大企業に選ばれています。また Azure も、そうした企業に最先端のエンタープライズ クラウド ソリューションであると認められています。マイクロソフトは、Pivotal (英語)SAP (SAP Cloud Platform、英語)GE (英語) といった多くの Cloud Foundry コミュニティ パートナーと緊密に連携して作業を行っています。今回の発表により、マイクロソフトのサポートがさらに強力なものになり、成長を続けるコミュニティ パートナー各社の皆様と協力できるようになると考えています。マイクロソフトが Cloud Foundry Foundation に参加したこと、そしてここでご紹介した機能によって、お客様には Azure 製品がオープンでベンダーロックインの心配がなく、移植が容易な Cloud Foundry アプリケーションをデプロイするのに最適な場所であることを知っていただければと願っています。

Cloud Foundry on Azure のさらなる詳細については、Cloud Foundry on Azure の Web セミナー (英語) にご参加ください。皆様がどのようなソリューションを構築されるか、楽しみにしています!

次回の記事もどうぞお楽しみに。

Corey Sanders

Comments (0)

Skip to main content