Microsoft Azure が Gartner Magic Quadrant の Cloud IaaS 部門で「Leader」の評価を獲得

執筆者: Venkat Gattamneni (Director, Product Marketing, Microsoft Azure) このポストは、6 月 16 日に投稿された Gartner names Microsoft Azure as a leader in the Cloud IaaS MQ の翻訳です。   デジタル トランスフォーメーションを推進するお客様からのクラウドへの投資が増えるにつれ、Azure の使用量も急激に増加しています。先日 Forbes (英語) が発表した Cowen and Company Equity Research の調査によると、Microsoft Azure は企業に最も広く使用されているパブリック クラウドであると同時に、更新や購入の対象としても最も多く選ばれていることがわかりました。実際、Fortune 500 の 90% の企業がマイクロソフトのクラウド サービスを使用しており、Shell (英語)、GEICO (英語)、CarMax (英語)、MetLife (英語) などの大企業から、Medpoint Digital (英語) や TreasuryXpress…


MS クラウド ニュースまとめ (2017/06/12)

このポストは、6 月 12 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for June 12, 2017 の翻訳です。   この記事では、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめてご紹介します。 マイクロソフトでは、ユーザーの皆様によるクラウドの利用をサポートする取り組みを日々行っています。私たちは幅広い製品ポートフォリオを通じてマイクロソフトならではの最新技術、総合的なモバイル ソリューション、開発ツールを提供しており、ユーザーの皆様にはこれらをご活用いただくことで皆様が本来持つ力を余すところなく発揮していただきたいと考えております。今回お届けする最新リリース情報は以下のとおりです。 Esri と Power BI の統合の一般提供 Azure VPN Gateway の新しい SKU の一般提供 Azure Cosmos DB での Azure CLI のサポートのプレビュー Azure SQL Database でデータの安全確保と保護を行う Azure SQL Analytics ソリューションのプレビュー Azure SQL Database の実行中のスケーリング、エラスティック プールでの DTU 制限引き上げのプレビュー Cognitive Toolkit の一般提供…


マイクロソフトが Cloud Foundry Foundation への参加を発表

執筆者: Corey Sanders (Director of Compute, Azure) このポストは、6 月 13 日に投稿された Microsoft joins Cloud Foundry Foundation の翻訳です。   私は Azure Virtual Machines を最初にリリースした当時からずっと、パートナーやユーザーの皆様と一緒に仕事をさせていただけることに大きな喜びを感じていました。マイクロソフトはこれまで多くのオープン ソース テクノロジを生み出し、そうしたコミュニティの皆様のもとでさまざまな面で貢献してきました。また、Azure をよりオープンなものにし、柔軟性を高め、簡単に移植できるプラットフォームにしていく過程で、たくさんの仲間と知り合うことができました。 しかし、これで取り組みが完結したわけではありません。この道のりはまだまだ続きます。本日サンタクララで開催された Cloud Foundry Summit で、私はたいへん光栄ながら、Cloud Foundry Foundation のエグゼクティブ ディレクター Abby Kearns 氏と共に登壇し、マイクロソフトが Cloud Foundry Foundation に Gold メンバーとして参加したことを発表しました。Azure で Cloud Foundry を利用しているお客様からは、これまで多くの成功事例をご報告いただいています。Cloud Foundry on Azure では、アプリケーションをモダン化しながらクラウドへの移行を進めると同時に、オープンで容易に移植可能なハイブリッド プラットフォームを提供することが可能になっています。Cloud Foundry Foundation…


Azure の品質への取り組み: ISO 9001:2015 認定を取得

執筆者: Alice Rison (Senior Director, Microsoft Azure) このポストは、5 月 22 日に投稿された We’re all about the quality: Azure achieves ISO 9001:2015 certification の翻訳です。   Microsoft Azure では、幅広く専門的なコンプライアンス製品を提供する取り組みの一環として、品質マネジメント システムの規格である ISO 9001:2015 認定を取得しました。 この国際標準は、次の 7 つの品質マネジメント原則に基づいています。 顧客重視 品質目標に対するリーダーシップ 品質目標に対する従業員の参画 目標達成に向けたプロセス主導型アプローチ 継続的改善 事実に基づく意思決定 顧客およびパートナーとの関係管理 ISO 9001:2015 は、お客様の期待を超える品質の提供と継続的な改善を目的とした品質管理システムの実装に関するガイドです。この認定は、マイクロソフトにおける 5 つ目の ISO 標準であり、高いコンプライアンス性や品質の製品を活用して、法規制が厳格な業界、市場、地域に属するお客様に幅広く製品を提供するというマイクロソフトの目標と合致しています。今回の認定は、最高品質の製品を目指してきた長年の取り組みの結果といえます。 Microsoft Azure の ISO 9001:2015 認定証明書は、こちら (英語) からダウンロードできます。この証明書には、Azure、Cloud…


MS クラウド ニュースまとめ (2017/05/31)

このポストは、5 月 31 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for May 31, 2017 の翻訳です。   この記事では、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめてご紹介します。 マイクロソフトは、今日のモバイル ファースト、クラウド ファーストの世界で企業がクラウドの文化に足を踏み入れるために必要なテクノロジとツールを提供しています。マイクロソフトの他にはないイノベーション、包括的なモバイル ソリューション、開発者ツールによって、当社のすべてのお客様のクラウド ファースト時代における真の可能性の実現を支援します。 クラウドによる迅速なイノベーションを期待されるお客様のニーズにお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。以下は、マイクロソフトの最新のリリース情報を一覧にしたものです。詳細をご覧になりたい場合は、各セクションのリンク先をご確認ください。今回の最新情報は次のとおりです。 Draft の一般提供 BizTalk Services の提供終了 Operations Management Suite の Azure Backup の更新 Operations Management Suite の Azure リージョン間での Site Recovery の使用 Cloud Essentials のパブリック プレビュー Power BI Desktop の一般提供 Power BI…


Azure でブロックチェーン プロトコルのサポートを強化

執筆者: Christine Avanessians (Senior Manager, Microsoft Azure) このポストは、5 月 18 日に投稿された Announcing support for additional Blockchain Protocols on Azure の翻訳です。   マイクロソフトは昨年よりお客様やパートナー様と緊密に協力し、Microsoft Azure におけるブロックチェーン アプリケーション開発のためのオープンなブロックチェーン エコシステム (英語) を構築しています。開発者が自由に選んだ台帳や開発ツールでブロックチェーン ソリューションを手軽に開発できる環境の実現を目指しています。 当初、R3、Enterprise Ethereum Alliance、Chain、BlockApps などの企業と協力し、開発/テスト トポロジ向けにさまざまなプロトコルの開発やデモ用マシンの提供に取り組んでいました。これがたいへん好評であったため、より高度なシナリオでの利用に向けてさらに複雑なトポロジをサポートすることになりました。そして先日、Ethereum の協力により、初のコンソーシアム ネットワーク ソリューション テンプレートのセットを発表しました。 Consensus 2017 開催に向けて、HyperLedger Fabric、R3 Corda、Quorum、Chain Core、BlockApps などの多数のブロックチェーンや分散型台帳のプロトコルに対する複雑なブロックチェーン ネットワークのデプロイを Azure でサポートします。これにより、マイクロソフトが掲げる目標の達成、さらにユーザーのニーズの実現を目指します。 マイクロソフトではデプロイを主に下記の 3 つに分類しています。 開発/テスト: プロトコルやアプリケーションの開発を行うためのトポロジ。通常は単一の Azure サブスクリプションで単一ノード…


汎用仮想マシンの料金値下げを発表

執筆者: Brian Hillger (Senior Director, C+E Business Planning) このポストは、5 月 19 日に投稿された Price reductions on General Purpose Virtual Machines の翻訳です。   マイクロソフトは、最先端のクラウド サービスをお手頃な価格でご提供するために日々努力を続けています。その取り組みの一環として、Azure の規模の成長に合わせて、また、競合他社と同等以下の料金でサービスを提供するというお約束を守るために、マイクロソフトでは定期的に料金の値下げを検討しています。 先週 Microsoft //Build カンファレンスが開催され、Azure 関連では新たなサービスの提供や既存機能の強化点 (英語) について発表がありました。本日はこの発表に続けて、Azure をさらに魅力的なものにするために、料金の値下げを発表いたします。特にご注目いただきたいのは、先日リリースされた Dv2 Promo 仮想マシンの料金値下げで、これにより次世代のハイパースレッド Dv3 VM のコストを、リリースに先駆けてさらに削減していただけるようになります。 Dv2 Promo VM の料金は本日より値下げされます。Linux VM では最大 7%、Windows VM では最大 5% 値下げされます。代表的なリージョンにおける今回の料金値下げの情報については、以下の表をご覧ください。新しい料金の完全なリストは、VM の料金ページをご覧ください。 リージョン Linux Windows 米国西部 -7.0%…


SAP ワークロードに最適なパブリック クラウドがさらに強力に

執筆者: Jason Zander (CVP, Microsoft Azure Team) このポストは、5 月 16 日に投稿された The best public cloud for SAP workloads gets more powerful の翻訳です。   現在、多くの企業が主要なビジネス アプリケーションをクラウドに移行するメリットを実感するようになっています。それに伴い、企業の視点も「なぜクラウドにすべきか?」というものから、「どのクラウド プロバイダーを選べば良いか?」というものへと進化してきました。企業のお客様が求めるのは、ミッション クリティカルなアプリケーションで常に高いパフォーマンスを発揮し、プライバシーを確実に保護し、拡張性を確保できるようになることです。Microsoft Azure では、拡張性とパフォーマンスにおいて基準を定めているほか、コンプライアンスおよび信頼性について業界をリードする対策を講じ、パブリック クラウドをどのベンダーよりもグローバルに展開しています。特に SAP ワークロードについては、マイクロソフトと SAP の間に強固なパートナーシップを築くことで、両社共通のお客様に対して要求水準の高いエンタープライズ アプリケーションに対応した業界最高クラスのサポートを提供しています。 マイクロソフトはこれまで、Azure を SAP HANA ワークロードに最適なパブリック クラウドとして成長させるために多大な投資を行ってきました。その結果、Azure は現在 HANA をサポートするパブリック クラウド プロバイダーの中で最も強力でスケーラブルなインフラストラクチャを提供するまでに進化しました。また、Azure では SAP ソリューション環境からさらに多くのインテリジェンスを引き出せる AI や分析機能を提供しているほか、Office 365 との統合による生産性向上支援など、長年にわたる包括的なパートナーシップも築いてきました。さらには、SAP ソリューション ワークロードを活用した企業支援のための巨大なパートナー…


Windows Server で継続してイノベーションを提供

執筆者: Erin Chapple (General Manager, Windows Server) このポストは、6 月 15 日に投稿された Delivering continuous innovation with Windows Server の翻訳です。   アプリケーションやデータセンターに対するお客様のニーズは、ここ何年かで大きく進化してきました。しかし、変化のスピードは一貫して速まっています。ビジネスの手法は、デジタル トランスフォーメーションが進むにつれて変化を余儀なくされており、競争力の高い企業に関しては、主にアジャイル アプリケーション関連のチャンスに即座に反応しているという状況が見られます。IT リーダーからは、こうした新たな状況に立ち向かうために、Windows Server がどのように進化してきているのか?、また、自社のニーズに合ったペースで最新技術をうまく活用することができるのか? と尋ねられることがあります。 そのためこの記事では、Windows Server をこれまでよりも高い頻度でリリースする新たなリリース モデルのしくみについて説明したいと思います。マイクロソフトではこの秋から、Windows と Office のリリース サイクルを春と秋の年 2 回の Semi Annual チャネルに変更することにしました。これは、コンテナーやマイクロサービスで構築されたアプリケーションやソフトウェア定義されたハイブリッド データセンターで、新しいオペレーティング システムの機能を今までより早いペースで活用できるようにしたいと考えるお客様のリクエストに応えたものです。なお、この Semi Annual チャネルは System Center にも適用されます。詳細についてはこちらの記事 (英語) を参照してください。 Nano Server とコンテナー: サイズが「小さすぎる」ことはない 先月開催された Microsoft…


Microsoft Build 2017: 開発者を支援する新たなイノベーションを発表

執筆者: Microsoft Azure このポストは、5 月 10 日に投稿された New innovations at Microsoft Build 2017: Helping developers achieve more の翻訳です。   今回は、マイクロソフトのクラウド & エンタープライズ グループ担当エグゼクティブ バイス プレジデントを務める Scott Guthrie の記事をご紹介します。 画期的なエクスペリエンスを実現するためには、開発者の力がこれまで以上に必要になると考える組織が増えています。スタートアップ企業でも、大企業でも、政府機関でも、開発者は組織のあり方を定義し直し、そこで働くすべてのスタッフに力を与えるような斬新なデジタル エクスペリエンスを生み出し続けています。こうした時代の中で成功をつかみ取る鍵となるのが、クラウドです。クラウドは世界中の開発者に強力な新しいテクノロジを生み出す力を与えていますが、クラウドのパワーによってこれまでにないほど速いペースでテクノロジを生み出すことが可能になったことから、「画期的なエクスペリエンスをすぐに実現してくれるはず」という大きな期待が常に開発者に寄せられるようになったのも事実です。マイクロソフトはこうした状況を理解したうえで、Microsoft Azure をどのように構築し提供すべきかを考えてきました。 私は今朝、シアトルで開催された Microsoft Build カンファレンスで、「お客様を成功へと導く」という Azure の設計原則について話をさせていただきました。強力なテクノロジと多くの新機能を提供することは必要なことですが、それだけでは十分ではありません。重要なのは、クラウドを利用することで皆様がどのように成功を収めているかということです。クラウドはもはや機能の豊富さではなく、どれだけ成功を生み出せるかが焦点となっています。この原則に沿うために、マイクロソフトはお客様のニーズを踏まえたうえで Azure のイノベーションに取り組んでいます。最先端のテクノロジをあらゆる開発者が利用できるようにし、Azure によって企業のさまざまなシナリオを満たせるよう努力を重ねています。また、マイクロソフトの中核的な価値の 1 つが信頼性です。皆様からの信頼を得られるよう、セキュリティ、コンプライアンス、プライバシー保護、責任に引き続き取り組み業界を牽引していきます。Azure はお客様の成果を第一に考えて設計されており、実績のあるガイダンス、専門家による助言、サポートをご用意しています。こうした原則に基づく Azure があれば、あらゆる開発者を成功に導くことができるでしょう。まさにその目標に向かって Azure チームは日々力を尽くしています。 お客様を成功に導くためには、クラウドと開発ツールをシームレスに連携させなければなりません。そのためには、Azure と Visual Studio で一貫したエクスペリエンスを提供する必要があると考えています。Visual Studio Enterprise、Visual…