[SQL Server / Data Platform] ISV パッケージ製品向け、マイクロソフト データ プラットフォームの対応・移行支援施策のご紹介

ISVパッケージ製品向け、データプラットフォームの対応・移行支援施策のご紹介 (2017 年 4 月 12 日) 本日は ISV/SIパートナー様向けに、データプラットフォーム対応・移行の支援施策に関する、日本マイクロソフトの取り組みについてお伝えします。 ■ ISVパッケージ製品の対応・移行支援施策とその背景 日本マイクロソフトはISVパッケージ製品を対象に、他社製データベースからSQL Server及びAzure SQL Databaseへの対応・移行に関して、以下の支援施策を開始します。 今回の支援の背景として、昨年4月より実施しているSQL Serverの特別ライセンスオファーがきっかけになっております。その特別ライセンスオファーの対象にはなりにくいISV/SIパートナー様より、パッケージ製品のデータベースのSQL Serverへの対応・移行に対する相談を、この半年非常に多く頂いておりました。そのISV/SIパートナー様の要望にお応えするべく、今回パッケージ製品向けの支援施策を開始しました。 この支援施策を通して、パッケージ製品のデータベースをSQL Server及びAzure SQL Databaseに対応・移行する工数的、技術的、及び心理的な負担を少しでも軽減するとともに、移行・対応後のパッケージ製品のマーケティング協業により、販促活動も一緒に行っていきたいと考えております。 ■ 日本マイクロソフトのデータプラットフォームを、ISVパッケージ製品のデータベースとして選択する理由 多くのISVパッケージ製品に導入されている実績 (マイクロソフト独自調査 シェア50%)。あわせてスピード、可用性、クラウド連携、将来性、サポートなどとコストを総合的に判断して、パッケージ製品のデータベースとして選択頂いていると、多くのISV/SIパートナー様からフィードバックを頂いております。 商用データベース中 6 年連続の最高のセキュリティ評価をいただいていること。SQL Serverは 6 年連続、商用データベース中脆弱性が最少と評価されております (※)。また最新のSQL Serverは、アプリケーション側での設定不要でありながら、データを守る 「Always Encrypted」、行単位で参照レベルを設定できる「行レベルのセキュリティ」、そしてデータの一部だけを「*」など任意の文字で隠す「データ マスキング」など、堅牢さと柔軟さを兼備した高度なセキュリティ機能をあらかじめ包含して提供しているため、これらのセキュリティ機能を活用することでISVパッケージ製品の機能と価値の向上実現を可能にします。 オンプレミスとクラウドのハイブリッドなデータプラットフォームであること。開発上の工数を抑えながらSQL Server及びAzure SQL Database、マイクロソフトのデータ プラットフォームはオンプレミスとクラウド双方をニーズに合わせて選択可能であるため、ISVパートナー様のパッケージのビジネスモデル、パッケージ導入顧客の環境にあわせ、選択可能です。 SQL Serverの持つ多くのサービス機能 (SQL Server Integration Services、SQL Server Analysis Services、SQL Server Reporting Services、SQL…