ハイブリッド アプリケーションのイノベーションを促進する Azure Stack の TP3 をリリース – 従量課金制モデルの導入も発表

執筆者: Jeffrey Snover (Technical Fellow, Microsoft Enterprise Cloud Group) このポストは、3 月 1 日に投稿された Azure Stack TP3 Delivers Hybrid Application Innovation and Introduces Pay-as-you-Use Pricing Model の翻訳です。   企業が成長を加速させ、他にはないカスタマー エクスペリエンスを生み出すためには、クラウド テクノロジをベースとした革新的なアプリケーションを開発することが重要です。従量課金で利用できるクラウド テクノロジを採用したアプリケーションは今や珍しくありません。マイクロソフトの目標は、ハイブリッド クラウド環境を採用している企業でも、自社のビジネス目標とアプリケーション設計に合わせてこれと同様の柔軟性とイノベーションを実現できるようにすることです。Azure Stack を通じて私たちが Azure テクノロジをオンプレミスに拡張している理由はここにあります。これに関連して、今回は Azure Stack に関する最新情報をお知らせします。 TP3 のダウンロード提供: 本日より Technical Preview 3 (TP3) のダウンロード (英語) が開始されました。アプリケーションをさらに刷新する機能や、Azure に接続できない場所で運用する機能が追加されたほか、インフラストラクチャとセキュリティに関する機能強化が実施されています。 パッケージと価格モデル: Azure Stack では、従量課金制を通じてクラウドの経済モデルをオンプレミスに提供します。 ロードマップの更新:…