UHD コンテンツのエンコードと配信


執筆者: Anil Murching (Senior Program Manager, Azure Media Services)

このポストは、9 月 9 日に投稿された Encoding and delivery of UHD content の翻訳です。

 

最近の調査 (英語) によると、HEVC/H.265 などの高効率コーデックのソフトウェア実装は成熟期を迎え、AVC/H.264 と同じ品質で 50% のビットレート削減率を達成できるようになっています。UHD (超高精細) 以上の画質の動画配信を実現するには、効率性を向上させることが不可欠です。現在マイクロソフトは、Azure Media Services における HEVC エンコードおよび配信のトライアルをお客様の協力のもとで実施しています。Premium Encoder と同じプラットフォーム上に構築された新しいエンコーダーでは、以下の機能が強化されています。

  • UHD/4K 解像度での HEVC エンコード (例: ピクセル数 4096 x 2160、フレームレート 60 fps)
  • HDR10 Media Profile (英語) による HDR (ハイ ダイナミック レンジ) コンテンツのサポート (カラー サンプルあたりのビット深度 10 ビット、色域 BT.2020、エンコード プロファイル HEVC Main 10 Profile)

エンコード プロセスは、Premium Encoder と非常によく似ています。メザニン ファイルは、HEVC ビデオ/ドルビー デジタル プラスまたは AAC オーディオにエンコードしISO MP4 ファイルとして保存した後、MPEG DASH ファイルに動的パッケージ化して、4K テレビなどのデバイスにストリーミングすることができます。日本を拠点にビデオ レンタルとオンライン VoD サービス事業を手掛ける TSUTAYA は現在このワークフローのテスト中で、圧縮ツールが自社基準を満たすことを確認しています。皆様もぜひエンコーダーの出力結果をご自身の目でご確認ください。テスト動画へのリンクはこちら (英語) です。HEVC のハードウェア デコードに対応した Windows 10 デバイスで、Edge ブラウザーを利用してご覧いただけます。

トライアルへのご参加をご希望の方は、ams-uhdsup@microsoft.com までお問い合わせください。

Comments (0)

Skip to main content