Azure の料金引き下げを発表


執筆者: Takeshi Numoto (CVP, Cloud + Enterprise)

このポストは、10 月 3 日に投稿された New lower Azure pricing の翻訳です。

 

マイクロソフトは Azure サービスを可能な限り低料金で皆様にご利用いただけるようにしたいと考えており、その一環として 10 月 1 日より、一部の仮想マシン (VM) の料金を引き下げることを決定いたしました。この記事では、今回の発表に伴う主な変更点についてお伝えします。まず、お客様に適した VM カテゴリやリージョンごとの料金をより簡単に調べることができるように、料金ページを大幅に更新しました。詳細についてはそちらでご確認ください。

また、料金引き下げに関する主な変更点は以下のとおりです。

  • 汎用インスタンス: Dv2 シリーズ VM の料金を最大 15% 引き下げ。また、A1/A2 Basic VM の料金を最大 50% 引き下げ。
  • コンピューティング最適化インスタンス: F シリーズ VM の料金を最大 11% 引き下げ。
  • Av2 シリーズ: 2016 年 11 月に、新しい A シリーズ VM (Av2) を導入。料金は、現在提供されている A シリーズ Standard VM よりも最大 36% お安くなります。

VM カテゴリの話をすると、A シリーズ VM はエントリー レベルのコンピューティング プランです。また、Dv2 シリーズ VM は汎用レベルのプランで、A シリーズよりもメモリとローカル SSD ストレージの容量が多くなります。F シリーズ VM は高速な CPU を搭載しながらもメモリ容量が多少抑えられていて、Dv2 シリーズよりもお安くご利用いただけます。

今回は、料金引き下げに加え、ソフトウェア アシュアランス付き Windows Server をご利用のお客様向けに Microsoft Azure をハイブリッド環境で利用するメリット (英語) について発表しました。このメリットにより、Windows Server ワークロードの実行コストが最大 41% お安くなります。また、本日から Windows Server VM イメージが多数ギャラリーに公開されました。これらを利用することで、デプロイ作業を今までよりさらに簡単に行うことができます。

今回の変更が Azure を利用される皆様にとって有意義なものであることを期待しています。料金引き下げの詳細についてはこちらをご覧ください。

Comments (0)

Skip to main content