System Center 2016 のリリースと Operations Management Suite の新サービスを発表


執筆者: Microsoft Server and Cloud Platform Team

このポストは、9 月 26 日に投稿された Announcing the launch of System Center 2016 and new services for Operations Management Suite の翻訳です。

 

今回は、エンタープライズ クラウド担当プログラム マネジメント ディレクターの Jeremy Winter の記事をご紹介します。

クラウドに移行するということは、すなわち、IT の運用の仕方を変えるということです。クラウドのリソースとハイブリッド環境全体を管理するには、クラウドの俊敏性に対応したスピーディで柔軟な新たなツールが必要になります。また、オンプレミスのデータセンターの管理に特化した機能も必要です。このたびマイクロソフトのデータセンター管理ソリューションの最新リリース Microsoft System Center 2016 と、Microsoft Operations Management Suite の新機能がリリースされました。これにより、クラウド ベースの管理機能とセキュリティ機能がさらに拡張されることになります。

1 つの企業でも部門にはそれぞれ違うニーズがあり、クラウドやデータセンターといったリソースの使用状況もさまざまです。今回の新たな機能やサービスは、主にこうした状況に対応することを目的としてリリースされました。ニーズの違いや優先度の問題もあるため、すべてを一度に移行することは難しいですが、適切な管理ツールがあれば、こうしたさまざまなニーズを持つすべてのユーザーにとって必要な共有のデータ セットや共有プラットフォームを提供することができます。今回の System Center 2016 と Operations Management Suite では、クラウドへの移行の対応に必要なさまざまなオプションが提供されます。Operations Management Suite では Azure ベースの管理機能を使用して、簡単かつスピーディに System Center のオンプレミス機能を構築できます。

ソフトウェア定義のデータセンターの管理

System Center では引き続きシンプルなデータセンター管理エクスペリエンスが提供されるため、これを利用して IT をご自身でコントロールすることができます。System Center 2016 ではデータセンター管理機能が拡張されると同時に、パフォーマンスが向上し、ワークフローが合理化され、Linux のサポートも拡充されます。たとえば、共有環境で Shielded Virtual Machines や Host Guardian Service を管理するのに Windows Server 2016 の強化されたセキュリティ機能を利用できます。また、System Center 2016 ではワークロードを停止させることなくクラスター ノードのローリング アップグレードを実行したり、Windows Server 2016 の最小容量のインストール オプションである Nano Server のライフサイクル管理を行うことができます。また、ソフトウェア定義のストレージでは、エンドツーエンドのサービス品質 (QoS) を必要なレベルで維持したり、ストレージ階層を使用してデータ取得を高速化することができます。さらに、System Center 2016 では Windows と Linux のどちらの環境でも監視機能が強化されており、管理パックの検索性が向上しています。また、アラートのチューニング、メンテナンス期間のスケジュール設定により、不要なアラートを減少させることができます。このように System Center 2016 と Operations Management Suite の統合によって、ハイブリッド クラウドでの管理がさらに簡素化されています。

クラウド ベースの管理で柔軟性とスピードを向上

Operations Management Suite は、前回の Ignite カンファレンスで初めて発表されました。それ以来、クラウド ベースの管理への移行に大きな関心が寄せられていることを実感しています。この流れを加速するために、このたび中核的な管理への統合的なアプローチを実現する以下の 4 つの拡張的なサービス セットを発表しました。

  • インサイトとアナリティクス: ワークロード全体を視覚化し、自社環境内の状態を把握するために必要なあらゆる情報を取得できます。インサイトとアナリティクスでは、ログの取得と検索、アプリケーションとサーバーの依存関係のマッピング、ネットワークの正常性監視といったサービスが提供されます。今週リリースされる機能は以下のとおりです。
    • Azure SQL/MySQL/VMware ホスト向けの新しいアプリケーションおよびサービスの監視機能
    • アプリケーションとワークロードの分析を統合するための Application Insights 向けコネクタ
    • Azure のアクティビティ ログの検索機能
    • データとログの取得を拡張する新しい収集 API
  • 自動化と制御: Azure、サードパーティのクラウド、オンプレミスのデータセンターの間で一貫した制御とコンプライアンスが確保されます。自動化と制御では、プロセスの自動化によるアシスト機能、意図した状態の構成、変更追跡、新しい更新管理機能、ハイブリッド ランタイムなどのサービスが提供されます。
    • 推定所要時間に関するインサイトや、Windows Server と Linux のシステムを最新状態に保つために必要な更新のシーケンス処理など、更新管理機能を強化
    • Windows Server 環境や Linux 環境をサポートする精密なファイル ベースの追跡といった変更追跡機能を強化
  • セキュリティとコンプライアンス: セキュリティとコンプライアンスでは、ハイブリッド環境全体のセキュリティを強化するサービスが提供されます。セキュリティの脆弱性に関するインサイトを迅速に確認できる機能や、脅威を検出できる高度な分析機能、脅威インテリジェンスとセキュリティ データを迅速な検索できる組み込みの検索機能などにより、調査をすばやく実施できます。
    • Operations Management Suite の一部として提供される Azure Security Center
    • 新しい Cisco ASA などの Common Event Format を使用した、拡張版のセキュリティ データ収集機能
    • ウィルス感染しているシステム内部からの脅威や攻撃を検出する新しい挙動分析機能
  • 保護と復旧: 保護と復旧では、重要なアプリケーションやデータの可用性を確保するためのサービスが提供されます。重要なデータを保護する統合クラウド バックアップ機能により、アプリケーションの可用性を確保しながらビジネスへの混乱を最低限に抑えることができます。Backup と Site Recovery のいずれでも統合されたエクスペリエンスが提供されます。
    • Linux および VMware のバックアップと復旧のサポートを拡張
    • Site Recovery のキャパシティ プランニングを含む、ログ分析を利用した統合型監視機能

これらの新しいテクノロジをすべて活用していただけるように、マイクロソフトは、ハイブリッド環境とクラウド環境向けのライセンス オプションを拡張しました。これにより、現在クラウドへの移行を進めているお客様にもこれらの新しい管理機能の数々をご利用いただけます。Operations Management Suite で提供されるあらゆる機能を組み合わせて活用したいお客様向けに、2 つのサブスクリプション オプションをご用意しました。どちらのオプションでも、上記の 4 つのサービス ソリューションの主な機能と System Center のすべての機能をご利用いただけます。まず、Operations Management Suite E1 では、インサイトとアナリティクス、自動化と制御のサービスを利用できます。もう 1 つの Operations Management Suite E2 では E1 で利用可能な全機能に加え、セキュリティとコンプライアンス、保護と復旧のサービスも利用できます。E1 と E2 のいずれにも System Center のサブスクリプション使用権が含まれます。また、さらに柔軟にご利用いただくために、System Center のコンポーネントに合わせて各サービスは従量課金でご利用いただけます。これらの拡張オプションを利用することで、現在の状況に最も合ったサービス セットを利用できるだけでなく、今後の成長にも柔軟に対応できるようになります。

今回、クラウドからデータセンターまでをカバーする新しい管理機能をリリースできたことをたいへん嬉しく思っています。Operations Management Suite の試用版はこちら (英語)、System Center 2016 の試用版はこちらからお試しいただけます。

合わせて、System Center 2016 の詳細 (英語)System Center Configuration Manager の詳細 (英語)Operations Management Suite の詳細 (英語) もご覧ください。

Comments (0)

Skip to main content