マイクロソフトがクラウドに特化した ISO 27017 認定を新たに取得


執筆者: Alice Rison (Microsoft Azure 担当シニア ディレクター)

このポストは、8 月 3 日に投稿された Microsoft obtains new cloud-centric ISO 27017 certification の翻訳です。

ISO27017
このたび、Microsoft Azure が ISO/IEC 27017:2015 認定を取得したことを発表いたします。ISO/IEC 27017:2015 は、クラウド固有の脅威やリスクに重点を置いて ISO/IEC 27002:2013 を補完する国際標準です。

この認定は、ISO/IEC 27002 に含まれる 37 のコントロールと、ISO/IEC 27002 に含まれない 7 つの新しいコントロールに関するガイダンスを提供するものです。クラウド サービスのプロバイダーとお客様の両方がこのガイダンスに従い、クラウド コンピューティングの情報セキュリティ コントロールを効果的に設計、実装することができます。ISO/IEC 27017 認定の取得は、コンプライアンスを確保した安全なクラウド環境をお客様に提供するためのマイクロソフトの継続的な取り組みの成果です。認定証はこちらのページ (英語) からダウンロードしていただけます。

Microsoft Azure は、金融サービス、医療、ライフ サイエンス、メディア/エンターテインメント、世界各地の公共機関、米国の連邦政府、州政府、地方自治体など、規制の厳しいさまざまな業界および市場において、お客様によるコンプライアンス要件への対応を支援します。

Microsoft Azure のコンプライアンス ポートフォリオの詳細については、トラスト センターをご確認ください。

Comments (0)

Skip to main content