Microsoft Azure Storage: サービスのバージョン削除に関する更新情報


執筆者: Francis Yu (Program Manager, Azure Storage)

このポストは、7 19 日に投稿された Microsoft Azure Storage: Service version removal update の翻訳です。

 

2015 年 12 に、Microsoft Azure Storage サービスのいくつかのバージョンを 2016 年 8 月 1 日に削除することを発表しましたが、皆様に余裕を持ってアップグレードを行っていただくために、フィードバックに基づきサービスの提供期間を延長し、対象バージョン (2009-07-17 バージョン以前) の削除日を延期することを決定しました。

削除対象のバージョンを使用しているお客様には引き続き、新機能の追加やパフォーマンスの改善が施された最新バージョンにアップグレードしていただくことをお勧めします。なお、バージョンの新たな削除日程は、その 12 か月前に皆様にお知らせいたします。

お客様にご対応いただくこと

最新バージョンにアップグレードした後もお客様のアプリケーションが問題なく機能するようにするには、以下の対応を行っていただく必要があります。

自社のアプリケーションで使用しているバージョンの確認

まず、自社のアプリケーションで使用している REST バージョンを確認します。アプリケーションをご自身で管理しており、Azure Storage への呼び出しを行うコンポーネントをすべて把握している場合には、コンポーネントを確認してください。また、Azure Storage への呼び出しを行うコードを自社で作成している場合には、コードを確認してください。

より確実にチェックしたい場合や、デプロイされているコンポーネントのバージョンが不明な場合は、ログ記録を有効化してストレージ アカウントへの要求をログに記録します。このログには要求で使用されているバージョンも記録されるため、古いバージョンを使用した要求がないかどうかを確認できます。

以下のログ エントリの例では、使用されているバージョンを強調表示しています。ここではバージョンが指定されていない匿名の GetBlob 要求が実行されていて、暗黙的に 2009-09-19 バージョンが使用されています。

1.0;2011-08-
09T18:52:40.9241789Z;GetBlob;AnonymousSuccess;200;18;10;anonymous;;myaccount;blob;”https:// myaccount.blob.core.windows.net/thumbnails/lake.jpg?
timeout=30000″;”/myaccount/thumbnails/lake.jpg”;a84aa705-8a85-48c5-b064-
b43bd22979c3;0;123.100.2.10;2009-09-19;252;0;265;100;0;;;”0x8CE1B6EA95033D5″;Friday, 09-Aug-11
18:52:40 GMT;;;;”8/9/2011 6:52:40 PM ba98eb12-700b-4d53-9230-33a3330571fc”

上の例のように、ログ エントリを見ると古いサービス バージョンへの参照がないかどうかを確認できます。

変更いただく内容

古いバージョンが使用されていることを示すログ エントリが見つかった場合、該当するコンポーネントを特定すると共に、それが引き続き機能することを確認する (暗黙的に使用されるバージョンが上がるだけなので、バージョンを指定しない要求でも引き続き機能する可能性があります) か、使用するバージョンを変更するための適切な手順を実施する必要があります。一般的には、以下の 2 つの手順のいずれかを実施します。

  1. 要求で指定されているバージョンを変更します。クライアント ライブラリを使用している場合は、最新バージョンのライブラリおよびツールに移行します。機能強化やバグ修正によるメリットを最大限に活用できるように、なるべく最新バージョンに移行してください。
  2. 既定のサービス バージョンを最新バージョンに設定し、アプリケーションの動作を確認します。この設定が適用されるのは、明示的にバージョンが指定されていない匿名要求のみです。

アプリケーションを新しいバージョンに移行する場合、更新後にアプリケーションが適切に動作するかどうかを入念にテストしてください。なお、バージョンの更新には、構文上の変更 (要求を行うとエラーが発生するか大きく異なる応答が返される) と意味上の変更 (要求を行うと類似しているが内容が多少異なる応答が返される) の両方が含まれています。

移行後の検証

移行後、ログに以前のバージョンが使用されていないことを確認してください。この作業では、実行頻度の低いタスクやワークロード (1 日に 1 回実行されるスケジュールされたタスクなど) の中に移行前のバージョンを使用しているものが残っていないことを確認するために、十分に長い期間のログをチェックしてください。

まとめ

ユーザーの皆様には、新機能やパフォーマンス向上のメリットを活用していただくためにアプリケーションのアップグレードをお勧めします。また、Storage サービスに対して実行されるすべての要求で、バージョンを明示的に指定しただくことをお勧めします。Azure Storage におけるバージョン管理とベスト プラクティスの詳細については、MSDN を参照してください。

Comments (0)

Skip to main content