NAB Show 2016 での Azure Media Services のサービスおよびパートナーシップに関する発表


執筆者: Sudheer Sirivara (Partner Director, Azure Media and Azure CDN Services)

このポストは、4 月 18 日に投稿された Exciting product and partnership announcements from Azure Media Services at NAB Show の翻訳です。

 

この 1 年で Azure Media Services (AMS) は大きく変化し、過去 12 か月の間にオリンピック規模に対応するライブ ストリーミング プラットフォームのリリース、コンテンツ保護機能の拡張、クロス プラットフォームの Azure Media Player の導入、Media Services の主要機能の強化が実施されました。また、インドや南米、オーストラリアなどの地域で新たにサービス提供が開始されたほか、業界で広く認知されている複数のコンプライアンス認定を取得しました。このような取り組みの結果、RTL Netherlands、Avex Group、TVN Poland、Veritone、Oceaneering、Clickview など世界各地で新たなお客様にサービスをご利用いただいています。

Azure Media Services チームはラスベガスで開催されている National Association of Broadcasters (NAB) Show 2016 において、革新的な Media Analytics スイート、Apple FairPlay のサポート、360° 動画のストリーミング、MPAA と FACT 認定の取得について発表しました。

さらに、Imagine Communications、Veritone、Signiant、VSN との業界内パートナーシップの新規締結と拡大についての発表も行いました。

Azure Media Analytics の概要

先日 Azure Media Services チームは、Azure Media Analytics のパブリック プレビューを発表しました (英語)。Azure Media Analytics には、コンプライアンスやセキュリティに対応し、全世界で利用可能なエンタープライズ向けの 8 つの音声サービスと動画分析サービスが含まれます。Azure Media Analytics では、モーション検出、音声転写、詳細なインデックスによる動画検索、コンテンツ モデレートなど、動画関連の新機能を提供します。これらの機能は、公安、政府、防犯、小売、教育、自動車など、さまざまな業界における用途に利用できます。Media Analytics は Azure Media Services ファミリに新たに追加された重要なサービスです。詳細についてはこちらのブログ記事 (英語) を参照してください。また、こちらのページ (英語) から Azure Media Analytics をお試しいただけます。

Apple FairPlay ストリーミングのサポート

今回の NAB では、Azure Media Services プラットフォームにおける FairPlay ストリーミングのサポート (英語) のパブリック プレビューについても発表しました。Apple FairPlay では HTTP Live Streaming (HLS) プロトコルを使用して有料コンテンツを安全に配信できます。Azure Media Services に FairPlay をネイティブに実装することで、動画の暗号化、キーの交換、iOS、Apple TV、OS X デバイスに最適化されたコンテンツの安全な再生などを容易に行うことができます。FairPlay、PlayReady、Widevine の統合サポートにより、VOD やライブ コンテンツのストリーミングを行う完全なマルチ DRM クラウド ソリューションが提供され、現在広く使用されている各種デバイスにコンテンツを配信するために最適なプロトコルを使用することができます。

Azure Media Player 用 Video Editor プラグイン

Video Editor プラグインは、ビデオ ストリームのクリッピングやトリミングの作業を容易にする Azure Media Player 用アドインです。Azure Media Services ではこれまでも既存の動画のサブクリップを生成する機能を備えていましたが、長時間のビデオ ストリームの中から特定の長さの映像を正確にクリッピングすることは優れたツールを使用しない限り困難でした。

たとえば、シーンが切り替わるフレームを正確に指定するには手間と時間がかかり、ライブ ストリームの場合はこの作業がさらに複雑になります。また、簡単な社内アセット一覧ページから本格的な動画コンテンツ管理システム (VCMS) まで、さまざまな既存のワークフローと統合可能なツールを望む声を数多くいただいていました。詳細については、Azure ブログの Video Editor プラグインに関する記事 (英語) を参照してください。

360° 動画のライブ ストリーミング

ライブ ストリーミングおよびエンコーディング プラットフォームがリリースされて以来、お客様やパートナー様によってさまざまなユース ケースやシナリオが作成されています。現在、Azure Media Services のフォーラムで大きな話題となっているのが 360° バーチャル リアリティ (VR) ストリーミングで、メールでも多数のお問い合わせをいただいています。

VR ストリーミングのエコシステムが発展するにつれて、一部のベンダーはこの分野に力を入れ始めており、Samsung や Facebook はヘッドギアを、GoPro はカメラを、VideoStitch (英語) はソフトウェアを、といったようにさまざまな製品を提供しています。このエコシステムの発展を進めるために、マイクロソフトは VideoStitch とのパートナーシップを締結することを発表しました。これにより、Azure Media Services で独自の 360° 動画のライブ ストリームを作成できるようになります。Azure Media Services と VideoStitch の Vahana VR を使用して 360° 動画のライブ ストリームを作成する方法の詳細については、こちらの記事を参照してください。

MPAA および FACT 認定

2016 年 3 月、Microsoft Azure は、ハイパースケールのマルチテナント クラウド プロバイダーとして初めて Motion Pictures Association of America (MPAA、英語) が実施する正式な査定を完了しました。これは、コンテンツ セキュリティのベスト プラクティス フレームワークの共通、アプリケーション、クラウドの 3 種類すべてのセキュリティ ガイドラインへの準拠を評価するものです。

そしてマイクロソフトはさらに、Federation Against Copyright Theft (FACT、英語) の認定を取得したことを発表しました (英語)。これにより、Azure クラウド プラットフォームで有料コンテンツを配信する場合のセキュリティ対策がさらに強化されます。

Common Media Application Format に準拠した MPEG 形式のストリーミング

Common Media Application Format (CMAF) とは、インターネット経由の動画配信の合理化を目的としてマイクロソフトと Apple が共同で推進しているメディア ストリーミング形式であり、業界の支持を幅広く得ながら、標準化に向けて MPEG への提出が完了しています。CMAF は、MPEG DASH (Dynamic Adaptive Streaming over HTTP) ストリーミングと併せて広く採用されている Apple QuickTime および Microsoft Smooth Streaming から発展したテクノロジを統合したもので、すべての主要な HTML5 Web ブラウザーでサポートされています。CMAF にはすべての主要な DRM システムで安全に再生するための MPEG Common Encryption が含まれており、映画やテレビ番組などの有料動画を 1 回エンコードするだけで、インターネット経由であらゆるデバイスに安全にストリーミングできます。ネットワーク面では、ユーザー側のデバイスにかかわらず、HTTP ネットワーク、放送ネットワーク、マルチキャスト ネットワークで同一のメディア セグメントを効率的にキャッシュ、ルーティングできるというメリットがあります。

パートナーシップの新規締結と拡大

パートナーシップの面では、Imagine Communications、Veritone、Signiant、VSN とのパートナーシップの新規締結と拡大を発表しました。

業界での実績を持つ Imagine Communications の動画処理/配信機能を Azure で利用可能に

Azure Media Services をご利用のお客様は、Microsoft Azure を通じて、集約化および仮想化された効率的なワークフロー環境から業界最先端のプレイアウト (送出)、エンコーディング、動的広告挿入テクノロジに手軽にアクセスできるようになります。メディア業界やエンターテイメント業界に変革的なイノベーションをもたらす Imagine Communications は、業界最先端のプレイアウト (英語)ライブ エンコーディング (英語)動的広告挿入 (英語) ソリューションを Microsoft Azure で使用できるようになったことを発表しました。

このソリューション スイートでは、放送事業者や動画サービス プロバイダー、その他のメディア企業に新しい収益化の機会を提供するほか、Azure 経由での安全でスケーラブルなオンデマンド アクセスを可能にすることで、メディア ワークフローの運用のスピード、効率、柔軟性が劇的に向上します。

メディア業界とテクノロジ業界をリードする 2 社の協業 (英語) は、パブリック クラウドで放送品質の動画を作成、配信する機能を提供するための取り組みとしてこれまでで最も野心的なものとなっています。

Imagine Communications のソリューションの一覧は Azure Marketplace (英語) で確認し、すぐにデプロイすることができます。

Veritone が Azure Media Analytics を活用して認知型のメディア プラットフォームを構築

インテリジェントなクラウド ソリューション開発用の認知型メディア ソリューションを提供している Veritone では、同社の Cognitive Media Platform を使用して、放送事業者、広告代理店、メディアといった企業向けのほぼリアルタイムのインテリジェンス ソリューションを開発およびデプロイしています。最高クラスの「認知型エンジン」の早期採用者 (英語) として、Veritone はこのプラットフォームにマイクロソフトの Media Indexer サービスを組み込むことの具体的なメリットを既に実感しています。Veritone では、Azure Media Analytics の一部となった Media Indexer を利用して、大規模な複数言語の音声コンテンツや動画コンテンツを短時間で安全かつ効果的に分析および転写するために役立てています。

Signiant が Azure Media Services とのシームレスな統合を発表

Signiant は、AMS プラットフォームとの緊密な統合を実現する事前構築済みのワークフローのリリースを発表しました。この自動化されたワークフローでは、Signiant のアクセラレーション テクノロジを使用して、コンテンツ ファイルを安全かつ迅速にオンプレミスのストレージから Microsoft Azure に転送し、AMS がこのアセットを取得して処理します。その後、処理済みのコンテンツは Signiant によりオンプレミスのストレージに返されます。

Signiant のワークフローでは、オプションの Premium または Standard のトランスコード プロファイルと共にメディア アセットを Azure に送信 (英語) します。Signiant は AMS におけるトランスコードの進捗状況を監視し、お客様に進捗状況やエラー メッセージを通知します。このワークフローは、ダウンロードが正常に完了すると、処理済みのアセットを AMS から削除するように構成することもできます。このワークフローでは、Signiant の M+A コンポーネントと Azure のスケーラビリティを組み合わせることで、複数のトランスコード ジョブを並列処理できます。

詳細については signiant.com (英語) を参照してください。

VSN が指定クラウド パートナーとして Microsoft Azure を選択

放送、メディア、エンターテイメント向けの高度な機能を備えた VSN の Media Asset Management (MAM) スイートが完全に Azure Media Services に統合され、メディア企業の最も厳しいニーズに対応する強力なクラウド上の MAM ソリューションとなりました。

VSN は、Microsoft Azure を信頼できる指定クラウド パートナーとして認めています。Azure との統合により、VSN のユーザーは帯域幅の制限を気にせずに強力なビデオ オンデマンド (VoD) プラットフォームやライブ ストリーミング プラットフォームにアクセスすることができます。このプラットフォームには、MPEG-DASH のサポート、マルチデバイス管理と DRM、AES による保護や暗号化、PlayReady、Widevine、FairPlay が組み込まれています。この統合により、メディア管理を大幅に効率化する高度な自動カタログ作成機能も使用できるようになります。この統合は、NAB Show 2016 の VSN のブース (SL8006) でご確認いただけます。

詳細については今後も Azure Media Services 関連のブログでお伝えしますので、どうぞご注目ください。Azure Media Services の詳細については、こちら (英語) をご確認ください。また、NAB の SL 6810 ブースでは、Azure Media Services チームがこれらのサービスのデモを披露しますので、ぜひお立ち寄りください。

Azure Media Services の新機能に関する公式ドキュメントや説明については、Media Services のドキュメントを参照してください。Azure Media Services について技術的な不明点がありましたら、次に示す公式コミュニティ フォーラムでご質問いただくか、Azure.com のページをご確認ください。

Comments (0)

Skip to main content