Azure SQL Data Warehouse: 2016 年 2 月の更新情報


執筆者: Drew DiPalma (Program Manager, SQL Engineering)

このポストは、3 月 16 日に投稿された Azure SQL Data Warehouse: February 2016 update の翻訳です。

 

2 月はあっという間に過ぎてしまいましたが、SQL Data Warehouse にとってはエキサイティングな 1 か月でした。お気付きかもしれませんが、安定性、信頼性、拡張性に関する強化が行われ、また、お客様のご要望に基づいていくつか機能が実装されました。ここではその新しい機能についてご紹介したいと思います。

TSQL で SSMS を実装

皆様から最もご要望が多かったのが、SQL Data Warehouse のクエリと管理に SQL Server Management Studio (SSMS) を使用できるようにしてほしいというものでした。今後 2 ~ 3 か月かけて SSMS 2016 のサポートを追加する取り組みを行っていく予定ですが、2 月には SSMS のサポートの一環として、次の TSQL 関数を利用できるようにしました。

  • SET NOCOUNT ON|OFF: TSQL によって処理された行数を示すメッセージが返されるかどうかを設定
  • SET PARSEONLY ON|OFF: 実行またはコンパイルをすることなく、エラーがないかどうかコードをチェック
  • IS_MEMBER()IS_ROLEMEMBER(): データベースのユーザーが指定のロールまたはグループのメンバーかどうかを照会
  • COLLATIONPROPERTY: SQL Server 2016 で指定された照合順序のプロパティを返す
  • @@MICROSOFTVERSION: SQL Database または SQL Data Warehouse のマイクロソフト バージョンを返す

最新の SSMS 2016 では SQL Data Warehouse がサポートされますので、どうぞお楽しみに!

PolyBase パブリック データ セット

個人用ストレージ アカウントからのデータの読み込みに加えて、PolyBase で、パブリック Azure Blob Storage コンテナーの接続とクエリをデータ アクセス用のキーや資格情報を指定せずに行えるようになりました。これにより、大量のパブリック データ セットを SQL Data Warehouse にすばやく読み込むことができます。たとえば、これは大量の試験用データを読み込む場合に便利です。パブリック データにアクセスするには、ストレージを参照する外部データ ソースを資格情報を指定せずに作成します。外部データ ソースの最新の構文はこちら (英語) でご覧いただけます。

セルフサービスの地理リストア

SQL Data Warehouse を、サービスが自動的に選択した地理冗長バックアップから復元できるようになりました。データ ウェアハウスは、どの Azure リージョンのどのサーバーにでも復元することができます。SQL Data Warehouse は地理冗長バックアップを使用することから、障害によってデータベースにアクセスできない場合でもデータベースを復旧できるため、可用性と信頼性がさらに高まります。

こうした対応はこれまでカスタマー サービス & サポートが行っていましたが、最近の更新によって、お客様が Azure ポータル、PowerShell、REST API (英語) を使用してご自身で行うことが可能になりました。

DWU Limit と DWU Used

最近よく、「ワークロードと DWU をどう比較すればよいか?」、「DWU の数はどのくらいが適切か?」というご質問をいただきます。

このたびマイクロソフトは、Azure ポータルで新たに DWU Limit と DWU Used という 2 つのメトリクスを使用してワークロードの DWU を監視できるようにしました。この DWU Limit と DWU Used は使用状況を把握できるように設計したもので、データ ウェアハウスのサイズをより適切に設定したり、将来的な規模の拡大に向けて計画がしやすいようになっています。この 2 つのメトリクスは次のように設定します。

  • DWU Limit: このメトリクスでは、データ ウェアハウスに現在割り当てられている DWU 数を把握できます。その数が、ワークロードが使用可能な DWU 数の上限となります。上限はスケールアップまたはスケールダウンにより増減できます。
  • DWU Used/DWU Percentage: これらのメトリックスでは、現在実行中のワークロードが使用している DWU 数を把握できます。DWU を左右するこの 2 つのメトリクスは IO と CPU の使用量なので、サービスのすべてのノードを考慮して特別に組み合わせたこれら 2 つの指標を使用します。

これらの指標は SQL Data Warehouse のメトリクス セクションとメイン ページに表示されます (下のスクリーンショットを参照)。下のワークロードでは 1,000 DWU がプロビジョニングされていますが、データ ウェアハウスは平均で 300 DWU を若干超える程度しか使用していません。しかし先日、インスタンスがフルに必要になったことが数回ありました。お客様自身のワークロードについても、コストを抑えるためにスケールアップまたはスケールダウンが必要な時期を考慮して、データ ウェアハウスを細かく調節してください。

関連資料

SQL Data Warehouse の関連資料がさらに明確に、充実した内容になりました。リファレンスの 600 以上のトピックが MSDN に移動され、オンライン ドキュメントの更新も多数行われました。また、[APPLIES TO] という新しいマーカーを使うと、SQL Database、SQL Server、SQL Data Warehouse の構文を簡単に比較できます。下の図のとおり、CREATE COLUMNSTORE INDEX は複数の製品が該当するのに対し、SQL Data Warehouse は別に CREATE DATABASE (英語) トピックがあります。

  

SQL Data Warehouse の今後の機能改善にご協力いただける場合は、フォーラム (英語) までご意見をお寄せください。また、アンケート調査 (英語) にもご協力いただければ幸いです。

Comments (0)

Skip to main content