MS クラウド ニュースまとめ - Cloud App Security発表, Azure AD Identity Protection Preview, MarketplaceからR Server提供, StorSimple VA GA,他 (2016/03/02)


このポストは、2016 年 3 月 2 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for March 2, 2016 の翻訳です。

こちらのブログでは、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめて紹介します。

マイクロソフトは、現在の "モバイル ファースト、クラウド ファースト" の世界で、エンタープライズでのクラウド文化の採用を可能にするテクノロジとツールを提供します。当社の差別化されたイノベーション、包括的モバイル ソリューション、および開発者ツールが、クラウド ファースト時代の真の可能性を実現する上で、すべてのお客様を支援します。

クラウドでの迅速なイノベーションを期待されるお客様にお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。お客様に最新情報を提供するため、以下の一覧に当社の最新リリースをまとめました。また、より多くの情報を必要とされるお客様のために、詳細情報へのリンクも示しています。今回の更新内容は次のとおりです。

  • Microsoft Cloud App Security (Adallom) の発表
  • Azure AD Identity Protection のパブリック プレビュー
  • Intune: Skype for Business、Dynamics CRM、Adobe Reader からの新しい MAM 対応アプリの一般提供を開始、デバイスの登録を必要としない Outlook での MAM サポートの一般提供を開始
  • Azure Marketplace から Microsoft R Server を提供
  • OMS の Linux VM 用拡張機能を一般公開 (フル機能)
  • Alpine Metrics、Dynamics AX – Retail Channel Manager、および Dynamics AX – Financial Performance 用の Power BI コンテンツ パックの一般提供を開始
  • オンプレミス用 StorSimple Virtual Array の一般提供を開始
  • Visual Studio Code の React Native 用拡張機能のパブリック プレビュー

Microsoft Cloud App Security (Adallom) の発表

マイクロソフトは先週、RSA カンファレンスに先駆けて、クラウドで提供される新しいセキュリティ ソリューション「Microsoft Cloud App Security」 (英語) の今後の一般提供の開始 (英語) について発表しました。

買収した Adallom のテクノロジ (英語) を基盤とする Microsoft Cloud App Security は、クラウド アプリケーションに対する可視性、制御、およびセキュリティをオンプレミスと同様のレベルで提供する新しいサービスです。クラウドと SaaS アプリケーションのメリットが得られるだけでなく、ユーザーのアクティビティに関する洞察を得て、異常な動作を検出し、侵害されたアカウントを識別して、重要な企業データに対する保護を強化できます。この新しいソリューションでは、マイクロソフトのクラウド アプリケーションだけでなく、サード パーティのクラウド アプリケーションもサポートしていく姿勢を明確に打ち出しています。

Cloud App Security は、2016 年 4 月にスタンドアロン ソリューションとして一般提供が開始される予定です。この製品の詳細を確認し、リアルタイムで体験することを希望されるお客様は、ぜひサインアップ (英語) して提供開始時に通知をお受け取りください。

Azure AD Identity Protection のパブリック プレビュー

このたび、Azure Active Directory の Identity Protection のパブリック プレビューがリリースされました。

Azure Active Directory Identity Protection は、攻撃をリアルタイムで検出して、ユーザーにリスクを通知し、制御を適用してエンタープライズの安全性を確保することで、セキュリティで保護された ID およびアクセス管理をさらに強化しています。

このサービスは、ブルート フォース攻撃、漏えいした資格情報、いつもと違う場所からのサインイン、感染したデバイスなどの兆候に基づいて、ユーザーと特権 (管理者) ID の不審なアクティビティを検出し、防御するための是正措置をリアルタイムで提案します。さらに、不審なアクティビティに基づき、ユーザー リスクの重要度を計算してリスクベースの条件付きアクセス ポリシーを構成し、将来の脅威から組織の ID を自動的に保護する重要な機能も提供します。

詳細については、Identity Protection のドキュメント (英語) を参照してください。

Intune: Skype for Business、Dynamics CRM、Adobe Reader からの新しい MAM 対応アプリの一般提供を開始、およびデバイスの登録を必要としない Outlook での MAM サポートの一般提供を開始

Microsoft Intune で、Outlook、Skype for Business、Dynamics CRM、および Adobe Reader からの新しい MAM 対応アプリの一般提供が開始されました。

お客様の組織全体で生産性の高い保護されたエクスペリエンスを実現するには、適切な一連の管理されたアプリを保有することが不可欠です。そのため、マイクロソフトでは、Microsoft Intune 用の MAM 対応アプリのポートフォリオを拡充する取り組みを継続的に進めています。2015 年のリリース以来、Microsoft Outlook アプリは、利用可能な Intune の管理対象アプリの中で最も人気の高いアプリの 1 つとなりました。今回、デバイスの登録なしで MAM の制御機能を使用して企業データを保護できる、Outlook アプリの更新プログラムについてお知らせします。

これは、ユーザー デバイスを管理せずに企業データの安全性を確保することを希望されるお客様の BYOD シナリオに適したすばらしいオプションです。このたび、iOS および Android 向けに提供が開始されました。

見逃されたお客様のために、MDM に登録されたデバイス用に最近提供が開始されたその他の MAM 対応アプリもご紹介します。

  • Microsoft Skype for Business (MAM と MDM): 現在、iOS と Android 向けに提供
  • Microsoft Dynamics CRM (MAM と MDM): 現在、iOS と Android 向けに提供
  • Adobe Reader (MAM と MDM): 現在、iOS 向けに提供

Intune パートナー様用のページ (英語) で、今後リリースされるアプリとリリース済みのアプリについて最新情報をご確認ください。また、Intune の MAM 機能とポリシーが企業データの保護に役立つしくみについては、こちらの記事でわかりやすく説明しています。

Azure Marketplace から Microsoft R Server を提供

Microsoft R Server は、コスト効率の高いエンタープライズ クラスの "Big Data Big Analytics" プラットフォームです。このたび、Azure Marketplace で仮想マシンとしてご購入いただけるようになりました。さまざまなビッグ データの統計処理、予測モデリング、機械学習の多彩な機能に対応し、R 言語との完全な互換性を備えています。Microsoft R Server を使用すれば、ビッグ データ分析のコスト効率性とスピードに加え、現代の分析ユーザーの事実上の業界標準である R 言語との完全な互換性も享受できます。

Azure の Microsoft R Server WM

マイクロソフトはこのたび、Azure Marketplace の Windows、Linux、Hadoop、および Teradata ベースの仮想マシンを通じて、Microsoft Azure で Microsoft R Server の最新リリースの提供を開始します。お客様は、Azure の世界規模のクラウド インフラストラクチャを利用して、パフォーマンスの高い予測分析にオンデマンドでアクセスできるようになります。これにより、いつでもどこからでも、成長を促進し、業務を最適化し、データの洞察と探索を効率化できます。Azure Marketplace での提供は、Microsoft R Server を Azure、そしてより大局的には Cortana Analytics に取り入れることを目指す、マイクロソフトの計画の第一歩です。

Azure Marketplace を通じて、ユーザーは、クラウドベースの Windows および Linux のマルチ CPU インスタンスで 4 ~ 32 基の vCPU (仮想 CPU) を使用して、最大 1 TB のデータ セットに対する計算を実行できます。これにより、Azure データ ストア (Blob Storage、Azure Data Lake、SQL Server など) からコピーしたデータにアクセスすることや、Azure Data Lake への直接接続、Azure Files の利用、または ODBC を通じてデータにアクセスできるようになります。両バージョンのユーティリティ価格は、4 コアあたり 1 時間 1.5 ドルからで、長期のコミットメントはありません。

Windows バージョンの Microsoft R Server へのアクセスには、Windows リモート デスクトップを使用します。このバージョンには、マイクロソフトの R 開発者向け Visual Studio ベース IDE (英語) (Microsoft R Server DevelopR) が含まれます。Linux バージョンの RRE へのアクセスには、RGui から SSH と R によるアクセスを使用します。また、お客様は、お気に入りの IDE (RStudioRStudio ServerStatET など) に対する独自のライセンスを利用することもできます。Windows と Linux の両方のオファリングには、マイクロソフトの DeployR Web サービス モジュールが含まれます。

Microsoft R Server は、"1 回作成すれば、どこでも使える" 独自の機能を備えています。この機能により、データ アナリストや IT チームは、1 回コードを作成すれば、さまざまなデータ管理プラットフォーム、エンタープライズ データ ウェアハウス、グリッド、クラスター、サーバー、およびワークステーションのどこにでも展開できるようになり、リエンジニアリング コストがかかりません。このプラットフォームは、Cloudera、Hortonworks、および MapR の Hadoop プラットフォームや、Teradata データベース、さらには近い将来 SQL Server 内で考えられる最高のパフォーマンスで動作する、ビッグ データ対応アルゴリズムのライブラリを搭載することを目的とした、唯一の Big Data Big Analytics プラットフォームです。

いくつかの重要な考慮事項

Microsoft R Server オファーは、MRS 8.0 に基づき、CSS をサポートする、ファースト パーティ MSFT オファーとなりました。これらの新しいオファーは、ファースト パーティ オファーとなり、MSFT としてブランド化されますが、購入では、料金のうち R Server に関して引き続きクレジット カードが必要になります。これは、Azure Marketplace のコマース インフラストラクチャの制限によるものです。

そのため、Marketplace オファリングをコア イメージで置き換えることができるまで、Azure クレジットを購入される大規模のお客様や、スポンサード サブスクリプションを保有するパートナー様に影響があります。マイクロソフトは、完全なサーバー ソリューションを提供し、課金メーターを Azure の請求と統合する取り組みを進めています。

OMS の Linux VM 用拡張機能を一般公開 (フル機能)

Microsoft Operations Management Suite は、Linux と Windows のどちらでも、Azure で実行されている仮想マシンのシームレスなオンボーディング エクスペリエンスを実現します。

Operations Management Suite は、Azure 上の Linux IaaS VM に VM 拡張機能を提供します。この機能により、Azure ユーザーは、Azure 管理ポータルからログ分析サービスへのオンボーディングを簡単に行えるようになります。

詳細については、Hybrid IT 管理ブログ (英語) を参照してください。

Alpine Metrics、Dynamics AX – Retail Channel Manager、および Dynamics AX – Financial Performance 用の Power BI コンテンツ パックの一般提供を開始

Power BI は、引き続きユーザーによるデータの接続を簡素化し、Power BI エクスペリエンスの一部として一般的なサービスに対応した構築済みソリューションを提供します。今月は、Alpine Metrics (英語)、Dynamics AX – Financial Performance、および Dynamics AX – Retail Channel Performance 用のコンテンツ パックが追加されました。

Alpine Metrics (英語) は、Cortana Analytics を利用して、95% 以上の精度で販売結果を予測します。Dynamics CRM および Salesforce を利用する Alpine Metrics Sales Predictions 用の Power BI コンテンツ パックには、潜在的/予想の売上やリスクなどの指標が含まれ、お客様はビジネスの未来に関するより深い洞察を得ることができます。

Microsoft Dynamics AX は、エンタープライズでのビジネスのスピードアップに役立つエンタープライズ リソース プランニング (ERP) ソリューションです。今回の更新プログラムには、異なるビジネス ユーザーを対象とした 2 つの Dynamics AX 7 コンテンツ パックが含まれます。Financial Performance 用コンテンツ パックは、CFO 専用に設計されており、組織の財務実績に関する洞察を引き出します。一方、Retail Channel Performance 用コンテンツ パックは、チャネル マネージャーを対象としており、販売実績に焦点を当てて、傾向を予測し、小売およびコマース データから直接洞察を引き出して提示します。

上記のサポートされているサービスのご契約者様は、すぐに Power BI からご自分のアカウントに接続して、あらかじめ作成されているライブ ダッシュボードや対話型レポートを通じてデータをご覧いただけます。それにより、これまで以上に簡単にデータの視覚化と分析を始められるようになります。詳細については、Power BI ブログ (英語) を参照してください。

オンプレミス用 StorSimple Virtual Array の一般提供を開始

オンプレミス用の StorSimple Virtual Array の一般提供を開始

追加請求なしでの StorSimple (英語)

このたび、Microsoft Azure StorSimple は、StorSimple Virtual Array の一般提供を開始します。これは、お客様のリモート オフィスやブランチ オフィスにインストールされる StorSimple ソリューションの仮想マシン バージョンです。このバージョンは、リモート オフィス環境やブランチ オフィス環境に適したコスト効率の良い軽量ソリューションであり、次のような StorSimple Hybrid Cloud Storage ソリューションの基本的な価値も実現します。

  • クラウドでの自動階層化とのシームレスな統合によるデータ増加の管理
  • クラウド ベースのスナップショットによるデータ保護の簡素化
  • 場所に依存しないクラウドからのデータの回復

StorSimple Virtual Array は、Azure ポータルの StorSimple Manager からダウンロードして、Hyper-V または VMware ハイパーバイザー上に構成された仮想マシンにインストールできます。また、StorSimple Virtual Array は (SMB を利用する) NAS または (iSCSI を利用する) SAN デバイスとして構成できます。当初は、インフォメーション ワーカーやコラボレーション シナリオ向けのファイル共有や、ローカル ボリュームと階層化ボリュームの組み合わせを利用した小規模データベース ワークロードでの使用を想定しています。StorSimple Virtual Array の管理は、Azure ポータルの StorSimple Manager Service から行います。

オンプレミス用の StorSimple Virtual Array の請求は、StorSimple 8000 シリーズ、StorSimple のメーター、および Azure Blob Storage のメーターと同じ課金メーターに対して行われます。

詳細については、StorSimple の概要を参照してください。

Visual Studio Code の React Native 用拡張機能のパブリック プレビュー

ReactConf カンファレンス (英語) (サンフランシスコ、2 月 22~23 日) で、マイクロソフトは、Visual Studio Code の ReactNative 開発用拡張機能のプレビュー版の提供について発表しました。

ReactNative は、JavaScript を使用して Android および iOS 用のネイティブなクロスプラットフォーム アプリケーションを作成するためのフレームワークです。この Visual Studio Code の拡張機能は、IntelliSense、コードの編集、およびデバッグの各機能を ReactNative プロジェクトの Visual Studio Code に追加します。今回のリリースの詳細については、Visual Studio ブログの発表 (英語) または ReactNative の Web サイト (英語) を参照してください。

Comments (0)

Skip to main content