MS クラウド ニュースまとめ - Azure Container Service, SQL Server Stretch DB プレビュー,PowerBI, AzureAD Connectの強化、他(2016/02/17)


このポストは、2016 年 2 月 17 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for February 17, 2016 の翻訳です。

こちらのブログでは、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめて紹介します。

マイクロソフトは、現在の "モバイル ファースト、クラウド ファースト" の世界で、エンタープライズでのクラウド文化の採用を可能にするテクノロジとツールを提供します。当社の差別化されたイノベーション、包括的モバイル ソリューション、および開発者ツールが、クラウド ファースト時代の真の可能性を実現する上で、すべてのお客様を支援します。

クラウドでの迅速なイノベーションを期待されるお客様にお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。お客様に最新情報を提供するため、以下の一覧に当社の最新リリースをまとめました。また、より多くの情報を必要とされるお客様のために、詳細情報へのリンクも示しています。今回の更新内容は次のとおりです。

  • Azure Marketplace で NixOS の一般提供を開始、VM Depot の終了を発表: EOL プロセスの開始、Red Hat パートナーシップ一般提供を開始 (オンデマンド)
  • Azure Automation の一般提供を政府機関向けに開始
  • Azure Container Service のパブリック プレビュー
  • Azure Hybrid Use Benefit の一般提供を開始
  • Azure VM Back-Up for GOV の一般提供を開始
  • Zuora および Insightly 用の Power BI コンテンツ パックの一般提供を開始 (2 月)
  • Power BI Desktop の更新 (2 月)
  • SQL Server Stretch Database のパブリック プレビュー
  • 無償 SNI を提供する SSL 接続の価格変更を開始
  • Azure AD Connect: デバイスの書き戻し、DirSync からの自動アップグレードの一般提供を開始

Azure Marketplace で NixOSの一般提供を開始、VM Depot の終了を発表: EOL プロセスの開始、Red Hat パートナーシップの一般提供を開始 (オンデマンド)

本日の一連の発表は、グローバルなクラウド配置に幅広い選択肢と柔軟性を提供するもので、当社のオープン環境へのコミットメントを明確にしています。詳細については、こちらのブログ記事 (英語) を参照してください。

中でも、Azure Container Service のパブリック プレビュー (英語) と Marketplace におけるオンデマンド Red Hat Enterprise Linux イメージの発表は、当社がオープン ソース ソフトウェアの柔軟性を活用して迅速にリリースしている数々のイノベーションの一環です。

Marketplace におけるオンデマンド Red Hat Enterprise Linux イメージの発表は、当社がオープン ソース ソフトウェアの柔軟性を活用して迅速にリリースしている数々のイノベーションの一環です。

世界中のお客様が Azure でクラウドのオープン ソースのパワーを活用している様子の詳細を参照するには、3 月 11 日のウェビナーに今すぐ登録 (英語) してください。

Azure Automation の一般提供を政府機関向けに開始

Azure Government の Azure Automation

本日、Azure Government の Azure Automation の一般提供を開始しました。Automation により、クラウド環境で一般的に実行される、手動で実行時間が長く、エラーが起こりやすく、頻繁に繰り返されるタスクを自動化する手段を入手できます。Windows PowerShell ワークフローに沿って Runbook を使用することにより、Azure 環境でリソースを作成/監視/管理/デプロイできます。Automation Runbook は、Web サイト、仮想マシン、ストレージ、SQL Server、その他の一般的な Azure サービスに使用できます。また、その他サービスの提供するパブリック インターネット API にも使用可能です。

Azure Automation を使用すれば、各種のツール、システム、部門サイロをまたがるプロセスを効率的に処理することにより、サービスをより迅速に、より整合性のある形で実現できます。信頼性はきわめて高く、予期しないエラー、クラッシュ、ネットワーク問題が起きた場合には、チェックポイントを作成してからワークフローを再開できます。たとえば、以下をスケジュール設定できます。

  • 仮想マシンのシャットダウン/スタート
  • VM へのファイルのコピー、VM からのファイルのコピー
  • ストレージへのログのアーカイブ
  • SQL DB のバックアップと復元
  • VM へのディスクのバックアップ

その他各種 Runbook が Azure Government ポータルの Runbook Gallery にあります。

Automation でできる作業の詳細については、Azure Automation の概要を参照してください。

概要については、ガイド (英語) を参照してください。

Azure Container Service のパブリック プレビュー

Azure Container Service のパブリック プレビューを発表

Azure Container Service を使用すれば、Apache Mesos と Mesosphere DCOS の柔軟性と、Azure クラウドの巨大なスケールとを融合させた形で、オープンで使いやすい Docker ベースのコンテナー オーケストレーション サービスを活用できます。Docker とコンテナーを運用スケールで使用する予定の開発者は、開発で使用するのと同じ Docker ツールを使用しながら、このサービスにより管理のシンプル化と信頼性向上でメリットを享受することができます。

Azure Hybrid Use Benefit の一般提供を開始

多くのお客様は、クラウドに移行したいと思いながらも、既存のオンプレミス投資に縛られています。そこで Azure Hybrid Use Benefit を新しく提供することになりました。Windows Server のお客様は、Azure 上で Windows 仮想マシン (VM) を基本コンピューティング レートで実行できるため、大幅なコスト節減が可能です。お客様がこれを利用するには、Windows Server のソフトウェア アシュアランスを保持している必要があります。詳細については、Azure Hybrid Use Benefit ページ (英語) を参照してください。

Azure VM Back-Up for GOV の一般提供を開始

Azure Government の Azure Backup を発表

Azure Backup は、サービスとしての Azure インフラストラクチャ (IaaS) VM のバックアップに役立ちます。州、地域、連邦政府、民間、防衛の政府機関のお客様、および政府機関慣行に詳しい 100 社以上のソリューション パートナー様は、資産をクラウドにバックアップして、クラウドを活用して重要なビジネス ニーズに備えることができます。

また、Azure Backup の機能の 1 つである Microsoft Azure Backup Server (英語) も発表しました。すべての Azure の政府機関のお客様のワークロードをディスクとクラウドで保護できます。この Microsoft Azure Backup Server を活用すれば、SQL、SharePoint、Exchange などの重要な Microsoft ワークロードを Azure にバックアップできます。

Zuora および Insightly 用の Power BI コンテンツ パックの一般提供を開始 (2 月)

Power BI では、これまでどおりユーザーによるデータの接続を簡素化し、Power BI エクスペリエンスの一部として一般的なサービスに対応した構築済みソリューションを提供します。今月は、Insightly および Zuora 用のコンテンツ パックが追加されました。

Insightly (英語) は、強力な CRM/プロジェクト管理サービスで、ビジネスのより効率的な管理を支援します。Insightly 用の Power BI コンテンツ パックを使用すれば、営業案件、連絡先、組織、プロジェクト、タスク、イベントについての主要メトリックにより、CRM データをより深く理解することが可能です。

Zuora (英語) は、世界最大のリレーションシップ ビジネス マネージメント (RBM) サービスのプロバイダーで、企業が顧客と一貫した長期的関係を維持していくためのサブスクリプション モデルの構築を支援します。Zuora 用の Power BI コンテンツ パックを使用すれば、主要メトリックを見える化して、サブスクリプション ビジネスの健全性とパフォーマンスを測定することができます。

これらサービスのサブスクライバーは、Power BI からすばやく自身のアカウントに接続して、専用に事前構築されたライブ ダッシュボードやインタラクティブ レポートからデータを表示できます。データの見える化と分析は、かつてないほど簡単になりました。詳細については、Power BI ブログ (英語) を参照してください。

Power BI Desktop の更新 (2 月)

Power BI Desktop の 2 月の更新が利用可能になりました。追加の機能と機能向上により、ビジネス アナリストは迅速により多くの洞察を取得できるようになります。2 月の更新には、以下を含め多くの新しい機能と機能向上が含まれています。

  • 階層定義の機能
  • Oracle と Teradata 用の SQL Sentry および DirectQuery の新しいコネクター
  • マップおよびリボン レイアウトの機能向上

詳細な情報および最新の Power BI Desktop のダウンロードについては、Power BI ブログ (英語) を参照してください。

SQL Server Stretch Database のパブリック プレビュー

トランザクション データの増大を管理するのは厄介ではありませんか。SQL Server Stretch Database (英語) を使用すれば、ウォーム データ/コールド データを Microsoft SQL Server 2016 から Azure に動的にストレッチできます。

一般的なコールド データ ストレージとは異なり、データを常に手元に置くことができます。Stretch Database を使用すれば、膨大なコスト増を招くことなく、データ保持期間を延長できます。アクセス頻度に合わせて、適切なサービス レベルを選択し、必要に応じてスケールアップ/スケールダウンします。Stretch Database を使用するにあたって、いかなるアプリケーション変更も必要ありません。Stretch Database は、新しい Always Encrypted 技術と共に使用できます。Always Encrypted を使用すれば、保存データ/移動中のデータを保護し、データを安全な方法で拡大できるので安心です。

詳細については、Stretch Database の説明 (英語) ページを参照してください。

無償 SNI を提供する SSL 接続の価格変更を開始

Azure App Service のお客様は、Basic、Standard、および Premium サービス プランで無償の SNI SSL 接続を利用できるようになりました。IP SSL 接続の価格に変更はありません。詳細については、APP Service の価格のページの「SSL 接続」セクションを参照してください。

Azure AD Connect: デバイスの書き戻し、DirSync からの自動アップグレードの一般提供を開始

Azure Active Directory Connect v1.1

Azure Active Directory Connect 更新 (バージョン 1.1) が利用可能になりました。このリリースから、Azure Active Directory Connect には、パスワード同期と ADFS 間のサインイン メカニズムの簡単な変更方法、ドメイン/組織単位ベースのフィルター処理のサポート、以前より短縮した 30 分の既定同期サイクル、“簡単設定” を使用する構成の将来バージョンへの自動更新が含まれており、デバイスの書き戻しとディレクトリ拡張を一般提供開始しています。

詳細については、オンプレミス ID と Azure Active Directory の統合を参照してください。

 

Comments (0)

Skip to main content