SQL Server 2016 Community Technology Preview 3.3 のご紹介


このポストは、2 月 3 日に投稿された Introducing: SQL Server 2016 Community Technology Preview 3.3 の翻訳です。

SQL Server 2016 Community Technology Preview (CTP) 3.3 が公開され、ダウンロードが可能になりました! 新しい迅速なリリース モデルの一環として提供される SQL Server 2016 CTP 3.3 では、複数の機能が強化されています。皆様の開発環境やテスト環境でぜひお試しください。

SQL Server 2016 CTP 3.3 はこちらのページからダウンロードできます。また、Azure VM (英語) でもすぐにご利用いただけます。主な強化点は以下のとおりです。

  • Stretch Database の機能強化: Stretch Database では運用テーブルを安全な方法で Azure に拡張できるため、コスト効率よく履歴データを利用することができます。60 TB までサポートされる Azure の Stretch Database エディション (プレビュー)、ポイントインタイム リストア、および地理フェールオーバーなど、CTP 3.3 では Stretch Database への強化がいくつも実施されています。
  • インメモリ OLTP の機能強化: トランザクション処理のパフォーマンスを大幅に改善するインメモリ OLTP に関するサポートが追加されました。
  • Analysis Services DirectQuery モデルの機能強化: DirectQuery モードで実行される Analysis Services の表形式モデルで、ロールの定義や計算列の作成の際に DAX フィルターを利用できるようになりました。
  • Reporting Services の新しい Web ポータルの機能強化: 新しい Web ポータルの最新プレビューで、ユーザーが使用する KPI とレポートのお気に入りへの追加、KPI およびレポート用共有データ ソースの作成と編集、その他の管理タスクの実行が可能になりました。

詳細については、CTP 3.3 の技術概要に関する記事 (英語)CTP 3.3 の Analysis Services に関する記事 (英語)CTP 3.3 の Management Studio に関する記事 (英語)SQL Server 2016 CTP 3.3 の Reporting Services に関する記事 (英語) をご覧ください。

今すぐ SQL Server 2016 CTP 3.3 をダウンロード!

マイクロソフトのエンドツーエンドのデータ プラットフォームの基盤である SQL Server 2016 は、リアルタイムの運用分析、モバイル デバイスでのリッチな視覚化、組み込みの高度な分析機能、最先端のセキュリティ テクノロジ、オンプレミスとクラウド両方への対応といった機能により、マイクロソフトが提供してきたデータ プラットフォームの歴史において最も大きな飛躍を遂げた製品です。

今回のリリースの詳細については、SQL Server 2016 プレビューのページをご覧ください。SQL Server 2016 の新しい機能と迅速なリリース モデルを体験するには、プレビューをダウンロードするか、Microsoft Azure Virtual Machines (英語) からお試しください。これらの新たなイノベーションがお客様のビジネスにもたらす効果をぜひ評価してください。

SQL Server 2016 の新機能についてご不明点がありましたら、MSDN や StackOverflow (英語) でご質問ください。また問題のご報告やご提案は、Connect (英語) でお知らせください。皆様からのたくさんのご意見をお待ちしています!

Comments (0)

Skip to main content