[EMS]オンラインライセンスの自動的割り当て

みなさま、いつも Device & Mobility Team Blog をご覧いただきありがとうございます。EMS 担当の鈴木です。 本日は現在パブリックプレビュー中のグループに対するライセンスの自動割り当て機能をご紹介します。 いままでOffice 365やEMSのライセンスの割り当てはPowerShellなどを利用して設定していたかと思います。これではユーザーの登録ごとにPowerShellを動かす必要があり管理者の負担になっていました。これからは管理者は何もしなくても自動的にライセンス割り当てができるようになります。 多くのお客様は、Azure ADとオンプレADを連携していると思いますので、オンプレADで特定のグループにユーザーを登録するだけで、Azure ADを操作しなくてもライセンス割り当てができるようにもなります。 では、設定方法を見ていきたいと思います。 設定はAzureAD新ポータルで行います。この機能はAzureADの新ポータルでのみ動作します。 まずライセンスを割り当てるグループを作成しておきます。このグループはオンプレのADから同期して作成しておいても良いです。今回は「O365 User」というグループにOffice 365のライセンスを割り当てます。 メニューからAzureADを選択し、「ライセンス」を選択します。 ラインセンスブレードから「すべての製品」を選択し、割り当てを行うライセンスを選択し「割り当て」をクリックします。 ライセンス割り当てブレードから「ユーザーとグループ」を選択し、ユーザーとグループブレードから割り当てを行うグループを選択し「選択」ボタンを押します。 その後ライセンス割り当てブレードの「割り当て」ボタンを押します。 これでグループにユーザーが割り当てられると自動的にライセンスも割り当てられます。またグループから外れると自動的にライセンスがはく奪されます。 この機能は今後数か月かけて公開を予定していますので、ぜひご利用いただき運用の自動化を図ってください。 またこの機能はAzure AD Premiumの追加コストなしで利用できる予定です。  

0