Web Apps の 404エラーページのカスタマイズ

静的サイトを Web Apps で構築した際の、デフォルトの404エラーページは、かなりシンプルで、かつ、英語での表記です。 ということもあり、ウェブサイト運用の際には、必ず、404エラーの専用ページをつくることなります。 404エラーページは、Web Apps の機能ではなく、IISの機能を使って実現することになります。具体的には、HTMLページを作成し、404エラー発生時、そのページが表示されるように指定します。方法については、TechNetの「HTTP エラーの追加 <error>」をご参照ください。 IIS マネージャーから設定できますが、web.config に以下の様に記述するだけですので、直接、web.config を編集しても良いでしょう。(/common/404.htmlをエラーページに設定している例) <?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?> <configuration>     <system.webServer>         <httpErrors>             <error statusCode=”404″ path=”/common/404.html” responseMode=”ExecuteURL” />         </httpErrors>     </system.webServer> </configuration> 尚、ASP.NET などのエラーメッセージについては、別の方法が必要です。 #MSKKAzureWebMobile

0