XenApp “express” (Azure RemoteApp 後継) に関する最新情報 as of 2016.08

こんにちは、マイクロソフトの前島です。 本日、Citrix / Microsoft 共催のバーチャルイベントが開催されました。前回記事でお伝えした情報からの差分を中心に、大まかにまとめてみます。 (オンデマンド版もご視聴いただけるようになっていますので、ご興味のある方はできる限り直接ご視聴いただくことをお勧めします)   ■ 5行でサマリーすると… Citrix と Microsoft が “Comprehensive Partnership (包括的な提携)” を行っていくことが改めて発表されました XenApp “express” は Azure RemoteApp の後継として、Azure Marketplace 経由で提供されます クラウド上で VDI サービスを提供する XenDesktop – Windows 10 service on Azure も登場します 他の協業施策の具体例として、Windows Server 2016 の Day 1 サポートや、Azure AD 経由で Citrix Receiver を使ったシングルサインオン・シナリオが紹介されました 価格体系やサポート体制等の情報公開、実環境を使ったデモ等は行われませんでした。9月末の Ignite で、初のデモを予定していることが伝えられました。


Azure RemoteApp 提供終了と今後に関する補足

こんにちは、マイクロソフトの前島です。 8月12日(日本時間では8月13日未明)、Microsoft のデスクトップ仮想化ソリューションに関する重要な発表がありました。この中には、既存サービスである Azure RemoteApp (以下 ARA)提供終了のお知らせも含まれています。   “サービス提供終了” という言葉だけだと、どうしてもネガティブな印象を持たれる方もいらっしゃるかと思います。 ですが今回の施策は極めて前向きなものであり、現在 ARA をご利用中のお客様を含め、すべてのユーザーによってプラスとなるように検討した結果であるとご理解ください。   公式発表記事(英語)だけではご理解しにくい点もあるかと思いますので、現時点でお伝えできる情報を整理してご紹介します。