高速ストレージ、Azure Premium Storage


IOPS やスループットなど、ストレージの性能が気になる利用シーンでは、Azure Premium Storage のご利用をお勧めします。

Azure Premium Storageは、Azure (Standard) Storage よりも格段に優れた性能を発揮します。

Azure 東日本リージョン、Azure 西日本リージョンともに、既にご利用いただけます。

さて、どれくらいの性能が期待できるのでしょうか?

作る Disk の容量に応じて下記の3段階で Disk Type が決まります。 Disk Type が決まると性能も決まります。

https://azure.microsoft.com/en-us/documentation/articles/storage-premium-storage-preview-portal/

より高い性能を発揮させるために、これらを束ねることもできます。

たとえば、P30 を 4 個束ねることで、20,000 IOPS、800 MB/秒 になります。

※ IO 単位は 256 KB です。ゆえに、たとえば 1,200 KB の IO を試みた場合は、5 IOPS になります。

束ねたものは、たとえば Windows Server OS では F: ドライブとして利用することができます。

さて、ストレージ性能は、仮想マシンのサイズにも依存しています。

そして、Azure Premium Storage をマウントできるのは、DS シリーズと GS シリーズです。

https://azure.microsoft.com/en-us/documentation/articles/virtual-machines-size-specs/

表から読み取っていいただけるとおり、たとえば、DS4 であれば、25,600 IOPS、256MB/秒 です。

仮想マシンサイズごとの性能と、Azure Premium Storage の性能、いずれか低い方の値が、その組み合わせの性能、となります。

ゆえに、たとえば上記の例を継承すると・・・

Azure Premium Storage P30 x 4 個:20,000 IOPS、800 MB/秒

仮想マシンサイズ DS4:25,600 IOPS、256MB/秒

の組み合わせの性能は、

20,000 IOPS、256MB/秒

となります。

上記に加えて、さらに、Local SSD キャッシュによる性能向上も見込めますが、どれくらいこのキャッシュにヒットするのか、事前想定は困難ですのでここでは割愛します。

最後におまけです。

どの組み合わせでどの程度の性能になるのか、簡単に計算できる Web アプリを公開中です。ご利用ください。

http://premiumstorage.hamboxes.com/

この Web アプリでは、Disk への直接アクセスでの性能、つまり、Local SSD キャッシュによる性能向上を無視した場合の性能は、

(direct disk access)

として示しています。保守的に考えるならば、(direct disk access) で示される値を「期待できる性能」としてお考えください。


Comments (0)

Skip to main content