新しく投入された Azure のサービスが、現在どのリージョンで使えるのかを調べる方法


Azure で新たに投入されるサービスは、世界同時展開ではなく、状況に応じて順次展開していきます。

展開の単位はリージョンです。たとえば日本では、東日本リージョン(Japan East)と西日本リージョン(Japan West)が該当します。

日本からは、国内リージョンのみならず、海外のリージョンも利用できます。

さて、たとえば Azure Search を利用したくなった場合、現在どこのリージョンを選択できるのでしょうか?

いくつかの方法がありますが、ここでは新しく登場した ARM, Azure Resource Manager を使って、Azure PowerShell で確認してみましょう。

ARM, Azure Resource Manager

Azure PowerShell のインストールについて

Azure PowerShell を開き、まずは Azure に接続して認証を済ませます。

PS > Add-AzureAccout

次に、ARM へのモード切替を行います。### この操作は将来不要になる予定です。

PS > Switch-AzureMode -Name AzureResourceManager

そして、各種サービスが提供されているリージョンの一覧を見てみましょう。

PS > Get-AzureLocation

Name                                Locations                                    LocationsString                            
----                                ---------                                    ---------------                            
ResourceGroup                       {East Asia, South East Asia, East US, Wes... East Asia, South East Asia, East US, West...
Microsoft.ApiManagement/service     {Australia East, Australia Southeast, Cen... Australia East, Australia Southeast, Cent...
Microsoft.AppService/apiapps        {East US, West US, South Central US, Nort... East US, West US, South Central US, North...
Microsoft.AppService/appIdentities  {East US, West US, South Central US, Nort... East US, West US, South Central US, North...

以下略。

ご推察のとおり、Name に各種サービス、Locations, LocationString にそのサービスが使えるリージョンが入ります。

最初のうちは、どのサービスがどのような Name になるのか判断しにくいのですが、そのうち慣れていただけると思います。

最後に、今回の目的である、Azure Search が、当投稿執筆時現在、どこのリージョンで利用できるのか、調べてみましょう。

PS > Get-Azurelocation | Where-Object Name -EQ Microsoft.Search/searchServices | Format-Table -Wrap


Name                               Locations                                    LocationsString                            
----                               ---------                                    ---------------                            
Microsoft.Search/searchServices    {West US, East US, North Europe, West Europe West US, East US, North Europe, West Europe,
                                   ...}                                          Southeast Asia, East Asia, North Central US
                                                                                , South Central US

同様に、他のサービスの状況は、-EQ 以降の Microsoft.Search/searchServices を該当する Name に置き換えることで調べられます。

                         


Comments (0)

Skip to main content