Windows Server および SQL Server ライセンスの SPLA から CSP への移行【8/26更新】

(この記事は 2018 年 8 月 8 日に Hybrid Cloud Best Practices Blog に掲載された記事Moving Windows Server and SQL Server licenses from SPLA to CSP の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) 以前お知らせしたとおり、Windows Server および SQL Server ライセンスを、CSP パートナー様がお客様に代わってパートナー センターで直接購入できるようになりました。これは、パートナー センターの新機能によるものです。詳しくはこちらのページ (英語) をご覧ください。


2020 年の Windows Server 2008/R2 延長サポート終了に向けて戦略パートナー 57 社とマイクロソフトサーバー移行支援センター施策を実施します【8/8 更新】

08/08 の本日、Windows Server 2008/R2および SQL Server 2008/R2 の延長サポート終了に向けての日本におけるパートナー協業による新たなお客様向けご支援施策を発表しました。 先月発表されました、SQL Server 2008 および Windows Server 2008 をMicrosoft Azure 上の仮想マシンでご利用いただく場合は、延長サポート終了後特別に3 年間提供される延長セキュリティ更新プログラムが無償になるという特典を軸に、日本にて「マイクロソフトサーバー移行支援センター」を立ち上げ、お客様のご支援をパートナーの皆様と一緒に行っていきます。 これにより、お客様は旧来からのシステム運用を最新化する手間を軽減するための新たな選択肢を得たことになり、軽減された分のリソースを、本業ビジネスのデジタル変革に投資できるようになります。 発表内容の詳細は以下の記事をご覧ください。 企業のデジタルトランスフォーメーションにおける最新インフラへの移行を推進、2020 年の Windows Server 2008 サポート終了にともない「マイクロソフトサーバー移行支援センター」をパートナー 57 社と共に設立  


2017年5月度 人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP10 【6/16 更新】

2017 年 5 月度の人気の MCP/MTA 試験の上位 10 試験をご紹介します。興味のある試験がございましたら、ぜひチャレンジしてみてください!また、MCP についてのまとめ記事も併せてご参照ください。   人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP 10(2017/6/15更新) 順位 (試験番号) 試験名 1位 (70-410) Windows Server 2012 のインストールおよび構成 2位 (70-533) Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの実装 3位 (70-697) Configuring Windows Devices (日本語) 4位 (70-411) Windows Server 2012 の管理 5位 (70-412) 高度な Windows Server 2012 の構成 6位 (70-534) Microsoft Azure ソリューションのアーキテクチャ 7位…


2017年4月度 人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP10 【5/17 更新】

2017 年 4 月度の人気の MCP/MTA 試験の上位 10 試験をご紹介します。興味のある試験がございましたら、ぜひチャレンジしてみてください!また、MCP についてのまとめ記事も併せてご参照ください。   人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP 10(2017/5/15更新) 順位 (試験番号) 試験名 1位 (70-410) Windows Server 2012 のインストールおよび構成 2位 (70-533) Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの実装 3位 (70-411) Windows Server 2012 の管理 4位 (70-697) Configuring Windows Devices (日本語) 5位 (70-347) Office 365 サービスの有効化 6位 (70-412) 高度な Windows Server 2012 の構成 7位…


2017 年 3 月の人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP10 【4/18 更新】

2017 年 3 月度の人気の MCP/MTA 試験の上位 10 試験をご紹介します。興味のある試験がございましたら、ぜひチャレンジしてみてください!また、MCP についてのまとめ記事も併せてご参照ください。   人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP 10(2017/4/15更新) 順位 (試験番号) 試験名 1位 (70-410) Windows Server 2012 のインストールおよび構成 2位 (70-533) Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの実装 3位 (70-697) Configuring Windows Devices 4位 (70-411) Windows Server 2012 の管理 5位 (70-347) Office 365 サービスの有効化 6位 (70-412) 高度な Windows Server 2012 の構成 7位 (70-346)…


2017年2月度 人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP10 【3/27 更新】

2017 年 2 月度の人気の MCP/MTA 試験の上位 10 試験をご紹介します。興味のある試験がございましたら、ぜひチャレンジしてみてください!   人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP 10(2017/3/15更新) 順位 (試験番号) 試験名 1位 (70-410) Windows Server 2012 のインストールおよび構成 2位 (70-411) Windows Server 2012 の管理 3位 (70-533) Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの実装 4位 (70-412) 高度な Windows Server 2012 の構成 5位 (70-697) Configuring Windows Devices 6位 (70-346) Office 365 の ID と要件の管理…


2016 年 12 月の人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP10 【1/19 更新】

2016 年 12 月の人気の MCP/MTA 試験の上位 10 試験をご紹介します。 興味のある試験がございましたら、ぜひチャレンジしてみてください!   人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP 10 順位 (試験番号) 試験名 1位 (70-410) Windows Server 2012 のインストールおよび構成 2位 (70-411) Windows Server 2012 の管理 3位 (70-417) Windows Server 2012 へのスキルのアップグレード 4位 70-412:高度な Windows Server 2012 の構成 5位 (70-697) Configuring Windows Devices 6位 (70-346) Office 365 の ID と要件の管理…


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft と VMware の仮想マシン比較 【 2/6 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。)   Microsoft は競合他社と比べて、より信頼性があり、より完全なハイブリッド クラウド ビジョンを持ち、広いリーチとスケールを持ち、高い価値を提供します。


Microsoft Azure 仮想マシンについて、基礎からご紹介するセミナーを開催します【 12/25 更新】

「これから Microsoft Azure 仮想マシンを利用したい」という方に向けて、Microsoft Azure 仮想マシンに関する入門セミナーを開催します。   Microsoft Azure 仮想マシンは、Windows Server の仮想化機能である Hyper-V と共通のハイパーバイザー上で稼働します。そのため、Hyper-V から Azure への移行は容易ですが、構成要素などは Hyper-V と異なる点も多々あります。本セミナーでは、Microsoft Azure 仮想マシン作成の流れや構成要素などの基本についてご紹介します。 参加費は無料ですので、ぜひご参加ください! ▼「今さら聞けない! Microsoft Azure 仮想マシン入門」へのお申し込みはこちら


[ 新 Web サイト公開! ] 生産性とセキュリティの両立を実現するエンタープライズ モビリティ ソリューション【5/15 更新】

マイクロソフトのエンタープライズ モビリティでは、ユーザーの生産性を維持しながらユーザー認証やデバイス、アプリやデータといった 4 つのレイヤーを適切に管理、保護することでセキュリティを確保することができます。 さらに、クラウド ベースのため、少ない初期投資コストで迅速な展開が可能になります。ビジネス要件によってクラウドの利用が適切でない場合には、オンプレミスとクラウドを併用したハイブリット展開やオンプレミス環境だけで構築することも可能です。 無償評価版の利用ガイドや導入事例についても紹介しております。ぜひ、新しく公開されたエンタープライズ モビリティの Web サイトで詳細をご確認ください。 ▼ エンタープライズ モビリティの詳細はこちら