Azure の情報を的確に見つけるならこちら!『Azure サイトの歩き方』サイト紹介【7/7 更新】

300 点以上の資料が見つかるまとめサイト! Azure についての情報がどこにあるかわからない、欲しい情報が見つからない、他社と比べて分かりにくい、そんな風に感じたことがある貴方、今日から「Azure サイトの歩き方」ページをブックマークしてチェックしてみてください。ここから基本情報、活用事例、料金計算方法、セミナー/トレーニング情報、ビデオ、ホワイトペーパーなど、さまざまなリソースが見つかります。 ▼ 「Azure サイトの歩き方」に移動する


[無料ダウンロード] レガシーERPからMicrosoft Dynamics 365への移行方法 (ホワイトペーパー)【5/26 更新】

レガシーERPを利用し続けていくには、年間の保守料金に加えて、サポート終了にともなうアップグレードコストやカスタマイズ部分の検証・修正費用、その他さまざまな社内コストなども考慮していかなくてはいけません。 多くの企業では、いつしかレガシーERPに関わるさまざまなコストが重荷になり、戦略的なIT投資ができていないのではないでしょうか? 本ホワイトペーパーでは、企業がレガシーERPをどのように最先端クラウド型ERPであるMicrosoft Dynamics 365へ移行していくのかをご紹介します。   ▼ 「レガシーERPからMicrosoft Dynamics 365への移行方法 」ダウンロードはこちらから    


GDPR (EU一般データ保護規則) 施行まであと2か月!お役立ちリソースまとめ【3/25 更新】

2018年5月25日より、GDPR (EU 一般データ保護規則) が施行となります。GDPRは個人のプライバシーの権利の保護と確立を目的としており、個人 データを管理および保護する方法を制御するためのさまざまな要件を定めた法律です。EU居住者に対してサービス・製品を提供する組織が対象となるため、日本の企業も適用対象となる可能性があります。GDPR準拠という観点からもお客様をご支援できるチャンスですので、改めてGDPRについて必要なリソースをまとめました。ぜひ、ご活用ください。


Cloud Platform 関連コンテンツ: SQL Server 2017 自習書シリーズを公開しました【12/12 更新】

この度、SQL Server 2017 の自習書シリーズを公開しました。Intelligent (データベースに統合されたインテリジェンス)、Trusted (信頼できるデータプラットフォーム)、Flexible ( 言語やプラットフォームに限定されず利用可能) に力を入れており、R や Python との統合による機械学習、Linux プラットフォームにも対応した新しい SQL Server 2017 について自習したいというパートナーの皆様、このドキュメントをご活用ください。  


マイクロソフトクラウドで成功するためのビジネスモデル考察まとめ【6/12 更新】

クラウド ビジネスモデルの収益性に関する考察   企業がクラウドの世界で儲かるビジネスを行おうとしたときに、従来の IT 市場で成り立っていた単純な「再販 (リセール)」は、今後差別化が難しくなり利益率が低下していくため、企業は何らかの継続的な付加価値、つまり「マネージド サービス (運用管理)」や「知的財産のサービス化」(クラウド プラクティス) を実装する必要が出てきます。 どういう業種、どういう顧客セグメントでどういった種類のクラウド プラクティスが作られているか、それらがどのような仕組みで実装されているか、そしてどれくらいの期間で利益を出しているか、など、マイクロソフトでは多くのパートナー企業の例を調査したものをホワイトペーパーとして公開しています。 この記事では、様々な場所に掲載されているクラウド ビジネスモデル関連のドキュメントや調査を一か所にまとめてみました。クラウド プラクティスを実装する際に参考になれば幸いです。


マネージド サービスを取り入れてビジネス成長と収益性向上を実現【6/3 更新】

(この記事は 2017  年 4 月 12 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Get started with Managed Services for business growth and profitability の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   マイクロソフトは先日、Managed Services Provider (MSP) Hub を新たに発表しました。MSP Hub では、パートナーの皆様がクラウド製品にマネージド サービスを導入し、安定した収益を生み出すビジネスを構築できるように、ガイダンスやリソースを提供します。 Managed Services Provider Hub は「始める」「成長戦略」「リソース」の 3 つのセクションで構成されています。各セクションでは、マネージド サービス ビジネスで大きな成果を収めたパートナー様とそのノウハウを紹介するショート ビデオをはじめ、皆様のビジネス構築をサポートする以下のような情報やコンテンツをご用意しています。   マネージド サービスによる収益拡大のチャンスについて理解する 従来のリセールやプロジェクト単位のサービスから、より現代的なクラウド ベースのマネージド サービスへとビジネス モデルを転換する 知的財産 (IP) を活用してサービスの拡大につなげる マイクロソフトの製品やプログラムを活用して、自社のクラウド ビジネスを最適化する   MSP Hub と併せて、マネージド サービス…


Azure の商談を成約に導く 3 つのステップ【5/29 更新】

(この記事は  2017 年 4 月 10  日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 3 Steps to Close Your Next Azure Deal  の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     マイクロソフト パートナー様のグローバル戦略とビジネス開発に携わるソート リーダーの 1 人として私が重視しているのは、マイクロソフトのクラウド サービスの収益性・効率性を高め、規模を拡大することによって、パートナー様とお客様のビジネス変革を加速させることです。私は過去 8 年以上、マイクロソフトの一員としてパートナー エコシステムに深くかかわり、その変革の過程を目の当たりにしてきました。クラウド ビジネスの収益性を長期的に確保することに力を注いでいる立場から、収益性の高いクラウド ビジネスを構築・拡張する方法について、ブログ記事や直接お話しする機会を通して皆様にお伝えできることを嬉しく思っています。


Microsoft Azure と Office 365 でのアプリケーション開発【5/5 更新】

(この記事は 2017 年 3 月 13 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Developing Applications on Microsoft Azure and Office 365 の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     クラウド アプリケーション開発のビジネス チャンスは急速に拡大しています。先日公開されたクラウド プラクティス開発プレイブック (英語) によると、IDC は世界全体のパブリック IT クラウド サービス (SaaS、PaaS、IaaS など) の売上が 2019 年には 1,412 億米ドルに達すると予測しています。これは、IT 全体の支出総額の伸びと比較すると約 6 倍もの成長率です。今こそ、皆様のマイクロソフト関連事業にアプリケーション開発を加えて、他社のビジネスと差を付ける (英語) には絶好のタイミングです。マイクロソフトなら、皆様がアプリケーションを世に送り出せるようにお手伝いすることができます。 このたび、ISV やパートナーの皆様に向けて、Microsoft Azure および Office 365 でのアプリケーション開発に関する技術サポートを提供することになりました。このサービスでは、パートナー テクニカル サービス チームが以下のようなサポートを提供します。   Dev Chat –…


新しいプレイブック: 成功するクラウド プラクティス構築【3/20更新】

(この記事は 2017 年 2 月 10 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 New Playbooks: How to Build a Successful Cloud Practice の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)       今回は、パートナーの皆様が、収益性が高く持続可能なクラウド ビジネスを最適化して構築するために役立つ新しいリソースをご紹介します。IDC によると、クラウドへの投資額は 2020 年までに 5,000 億ドルを超えると予測されており、現時点で 80% 近くのお客様がクラウド テクノロジを導入または活用しています。さらにこちらの IDC レポート (英語) では、デジタル改革への投資額が 2019 年までに 2 兆 2,000 億ドルに達する  ことが見込まれています (前年比約 60% 増)。お客様の需要が高まり、クラウド市場が急激に成長を遂げている今、パートナーの皆様にかつてないビジネス チャンスが訪れています。 このような状況を受けて、マイクロソフトでは、優れた業績を上げているパートナー様がどのようにして収益性の高い効果的なクラウド ビジネスを構築しているのかを把握するために、二度にわたる調査を実施しました。そして、この広範な調査結果を基に、新しく 4 つのクラウド プラクティス構築プレイブックを作成しました。トピックを絞ってわかりやすく実践的な内容にまとめており、収益性の高い持続可能なクラウド ビジネスを構築、拡大、最適化するうえで参考にしていただけると思います。


2017 年の ISV ビジネスに関する 5 つのトレンドとアイデア【3/19 更新】

(この記事は 2017  年 1 月 20 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Five trends and ideas for ISVs in 2017 の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) 2016 年、私はたくさんの ISV パートナー様と一緒にお仕事をする機会に恵まれました。昨年 1 年を通して、ISV の皆様は「アプリケーションを完成させる」「新しいパートナーシップやチャネルを構築する」「マイクロソフトやお客様に自社ソリューションを認知してもらう」といった目標を達成されており、私もたいへん嬉しく思っています。 今回は、2017 年も収益性の高い ISV ビジネスを構築して成果を挙げていただけるように、5 つのトレンドとアイデアをご紹介します。