【続報】Skype for BusinessからMicrosoft Teamsへのアップグレードについて【11/20更新】

10/1にMicrosoft Partner Network ブログに掲載させていただきました記事10 月 1 日より Microsoft Teams が Office 365 における会議/電話クライアントとなります【10/1 更新】の追加情報となります。 Skype for BusinessからMicrosoft Teamsへのアップグレードについて 昨年、マイクロソフトは Microsoft Teams を Skype for Business に替わる Office 365 のインテリジェント コミュニケーションの主要クライアントにしていくという計画を発表 *いたしました。この 1 年、マイクロソフトは、Microsoft Teams に新しい機能を続々と実装し、2018 年 8 月に Skype for Business Online の機能を Microsoft Teams に導入するロードマップ *が完了したことを発表 *し、Microsoft Teams でメッセージング、会議、通話をご利用いただけるようになりました。今後も引き続き、Microsoft Teamsに新しい機能を実装してまいります。マイクロソフトは、お客様に Microsoft Teams へのアップグレードをお薦めしております。 *(英語)のサイトとなります。


Azure のサポート要求の作成が重要な理由【10/11更新】

(この記事は2018年8月30日にHybrid Cloud Best Practices Blogに掲載された記事Why it is important to create Azure support requestsの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) Azure ワークロードで何らかの異常が発生した場合は、サポート要求を作成することが重要です。たとえば、CSP パートナー様がお客様のワークロードを自社やお客様のデータセンターから Azure に移行し、その後 1 か月も経たないうちに、VM の実行速度が低下したり、サービス ログにエラーが記録されたり、Web アプリが数時間おきにクラッシュしたりするなどの異常が発生するようになった場合を想像していただければ、重要性がおわかりになるでしょう。


10 月 1 日より Microsoft Teams が Office 365 における会議/電話クライアントとなります【10/1 更新】

2018 年 10 月 1 日より、Skype for Business Online は 500 シート未満の新規 Office 365 顧客のテナントには含まれなくなります。 マイクロソフトでは、昨年 Ignite 2017 で発表した構想である、Skype for Business Online の機能を Microsoft Teams に移行するためのロードマップが完了したことを8 月にアナウンス (英語) いたしました。Teams はメッセージング、会議、電話機能に関する完全な機能を持ちます。 2018 年 10 月 1 日より、Skype for Business Online は 500 シート未満の新規 Office 365 顧客のテナントには含まれなくなります。Skype for Business Online を利用している既存テナントは、新規ユーザーのプロビジョニングを含め、Microsoft Teams に移行される日まで引き続き使うことができます。


【ご注意】 TLS 1.0/1.1 廃止に伴う 10/31 までの Skype for Business 必須アップグレード【9/18 更新】

10/31 までの Skype for Business 必須アップグレード   Skype for Businessの各サービス(Skype for Business Server, Lync ServerおよびSkype for Business Online)利用に関し、TLS 1.0/1.1による接続につき2018年10月31日をもってサポート対象外になる事に伴い、TLS 1.2へ移行を促すために以下のSkype for Businessクライアントバージョン以降のクライアントを使用する旨の案内が出ています。


Azure の情報を的確に見つけるならこちら!『Azure サイトの歩き方』サイト紹介【7/7 更新】

300 点以上の資料が見つかるまとめサイト! Azure についての情報がどこにあるかわからない、欲しい情報が見つからない、他社と比べて分かりにくい、そんな風に感じたことがある貴方、今日から「Azure サイトの歩き方」ページをブックマークしてチェックしてみてください。ここから基本情報、活用事例、料金計算方法、セミナー/トレーニング情報、ビデオ、ホワイトペーパーなど、さまざまなリソースが見つかります。 ▼ 「Azure サイトの歩き方」に移動する


Windows および Office のサービシングとサポートの変更【2/3 更新】

2018年2月1日 (米国時間)、Windows および Office のサービシングおよびサポートに関する変更が発表されました。今回の発表の主なポイントは以下の4点です。 Windows 10 Semi-Annual Channel の追加サービシング期間 Office 365 ProPlus のシステム要件の変更 Office 2019 の提供とサポート期間 Windows LTSC 2018 のリリース 詳細な情報は以下をご覧ください。 Office と Windows のサービスとサポートの変更  


【重要】2018 年 1 月 2 日より Azure IaaS 仮想マシンのメンテナンス期間が開始【12/26 更新】

Azure IaaS 仮想マシンの計画メンテナンスが近日予定されており、事前のお知らせとなります。 2018 年 1 月 9 日から Azure プラットフォームのホスト メンテナンスが予定されており、これによってお客様の仮想マシンが再起動されます。計画メンテナンスの正式な通知は、年初にサブスクリプションに設定されているサービス管理者、共同管理者への電子メールのほか、Azure Monitor を使って設定をいただいている各メール アドレスに対して行われます。


【重要な更新】Office 365 管理センターからのお問い合わせ方法の変更 【11/10 更新】

  Office 365 サポートでは、よりスピーディにサポートを提供するためのサポート モデルの展開を現在一部のテナントにて行っており、11月中旬以降から全てのパートナー様に対して展開されていく予定です。 このモデルが展開されたテナントではサービス リクエストでお問い合わせをする際に対象製品などを選んでいただく必要がないため、よりシンプルな形でお問い合わせをすることが可能となります。   ▼ 詳細についてはこちらのフォーラム記事を参照ください。      


アクションパック パートナーに 5 時間分のアドバイザリー特典が付与されました【 5/16 更新】

お客様からのクラウドソリューションへの強い需要が私たちの業界に変革をもたらしており、マイクロソフトでは Microsoft Partner Network (MPN) 特典を進化させることにより、マイクロソフトクラウドを利用してビジネスを構築して成長させるご支援を行っています。