マイクロソフトによるオープン ソースへの取り組みが、ビジネス チャンスを拡大【1/14 更新】

(この記事は 2016 年11 月16 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Microsoft’s Commitment to Open Source Expands Opportunities の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   現在、クラウド IT への支出額は急激な増加傾向にあります。IDC の予測 (英語) によれば、パブリック IT クラウド サービスの収益は 2019 年までに世界全体で 1,412 億ドルに上り、また、来年までにクラウド統合戦略の基盤として 60% の企業でオープン ソースやオープン API が導入される (英語) ことが見込まれます。マイクロソフトは、パートナー様がこうしたクラウドでのビジネス チャンスをつかみ、ビジネスの変革を押し進めていけるように継続的なサポートを進めると共に、すべての開発者様に向けてビジネス面と技術面の両方の課題に対処するうえで役立つソリューションを提供しています。 この取り組みの一環として、マイクロソフトではオープン ソース テクノロジやオープン標準に関する投資を行っており、その結果、パートナー エコシステムでは既存のスキルを活かして、成長を続ける大規模な顧客ベースを獲得することができます。先日発表された Red Hat との提携 (英語)、Xamarin のオープン ソース化、オープン ソース ベースの Azure Container Service のリリース…