【2017 年版】よく似た Office 365 の機能の使い分けの運用 – マイクロソフトの場合【12/27 更新】

  2013 世代の時にマイクロソフト社内での Office 365 をはじめとする情報共有ツールの使い分けについて解説してから大分時間が経ちました。それから 2016 世代となりますますクラウドの使い勝手がよくなり、ストレージ容量や扱えるファイルの種類の増加、セキュリティ/コンプライアンスの機能もより充実し、Stream や Teams などの新しい機能も実装されました。世の中でも広くクラウドが受け入れられるようになり、銀行など規制が厳しい業種でも全面的に Office 365 を採用するなど、世の中のクラウド化が進みました。 Office 365 には Exchange、SharePoint、Skype for Business、Yammer、Groups、Teams などの情報共有機能が含まれますが、この記事では、以下の 3 つの主なシナリオについて情報共有でも利用シナリオ、共有範囲、利用ユーザーの種類によってどう使い分けるのかについて、最新機能を踏まえて改めて解説したいと思います。 予定共有や施設予約はどの機能を使えばいいか ファイルの保管場所はどこを使えばいいのか ソーシャル機能は どれを使えばいいのか


【2017年版】Skype, Skype for Business, Teams, Yammer の違いは?【10/30 更新】

3 年ほど前にコミュニケーションツールの使い分けの記事を書いてから少し時間が経ち、Teams といった新しいツールの登場や Skype for Business と Teams のロードマップ上の統合の発表などで状況が大きく変わってきました。Office 365 に含まれるグループコミュニケーションツールには、Skype、Skype for Business、Yammer、Teams、SharePoint 系のツール、Exchange パブリックフォルダーなど様々なものがありますが、ここで改めてツールの種類や最新トレンド、そして使い分けについての話をまとめてみたいと思います。


【2017年版】OneDrive, OneDrive for Business, Office 365, SharePoint の違いは?【10/25 更新】

3 年ほど前に OneDrive と OneDrive for Business の比較記事を書いてから少し時間が経ちました。クラウド ストレージは、メールと並んで最も馴染みのあるクラウド サービスで、市場の変化が大変激しく、多くのクラウド ベンダーがしのぎを削っているところでもあります。OneDrive、OneDrive for Business などのストレージサービスは 3 年前と比べて様々な変更が加えられました。今回の記事では、これらの変更点を踏まえて、改めて無料の OneDrive、有料の OneDrive for Businessをはじめとするサービスの違いについて解説したいと思います。


SharePoint Server 2016の自習書公開!(インストールガイド/ハイブリッド構成ガイド)【8/1更新】

SharePoint Server 2016の自習書(インストールガイドとハイブリッド構成ガイド)を新規公開いたしました。わかりやすくまとめたガイドになっていますので、以下のリンクよりダウンロードしてぜひご活用ください!   SharePoint Server 2016 評価の為のインストール・構成・新機能ガイドを公開 [2016/7/26]  SharePoint Server 2016の評価をすぐに初めていただけるよう、インストーラーおよびウィザードを使用したインストール・構成手順を解説します。   SharePoint Server 2016 ハイブリッド構成ガイドを公開 [2016/7/26]  SharePoint Server 2016 とOffice 365のハイブリッド構成を行う具体的な手順について解説するガイドです。   ▼ SharePoint Server 2016 についてはこちらから


[パートナー事例]SharePoint をもっと快適に、喜んで使ってほしい 「GroupPicker」のクラウド対応を進めるインフォシェアの想いと、その具現化を支える高い技術力【7/5更新】

Microsoft SharePoint や Microsoft Office 365 に特化したソリューションやサービスを提供し、SharePoint アドオンである「GroupPicker」などの製品開発および提供も手掛けるインフォシェア株式会社 (以下、インフォシェア)。ここでは現在、この GroupPicker の Office 365 対応が進められており、2016 年 7 月にリリースされる予定になっています。それではこの GroupPicker とはどのような製品なのか。そしてどのような想いから、開発が進められてきたのでしょうか。インフォシェアを率いる 2 人のキーパーソンに、お話をお聞きしました。 写真右より、代表取締役社長 西岡 真樹 氏、取締役副社長 小松 真也 氏   企業概要について まず御社の概要についてお教えください。   西岡 インフォシェアは 2010 年 10 月に、私と小松が一緒に創業した会社です。主な業務内容は、ソフトウェア開発や販売、テクニカル コンテンツの制作、海外ソフトウェアのローカライズ、マーケティング技術支援です。もともと私はマイクロソフトで SharePoint や Microsoft InfoPath などのエグゼクティブ プロダクト マネージャーとして国内マーケティングを担当しており、小松はマイクロソフト デベロップメントで SharePoint や Microsoft Visual Studio の SharePoint 向け拡張機能の開発に携わっていました。社員数は現在 17…


[SharePoint の未来] モバイル、モダン UI、新ワークフローへの対応強化でさらにインテリジェントなプラットフォームへ【 5/7 更新】

(5/11注: 用語の翻訳を Office Blog にあわせました) 日本はゴールデンウィークの真っただ中、米国時間 5/4 にサンフランシスコで開催された「The Future of SharePoint」イベントで、SharePoint Server 2016 の一般提供開始のアナウンス及び、SharePoint の将来についての新しいビジョンとロードマップが公開されました。 この記事では、4 つのイノベーション領域と、それぞれどのような機能が予定されているかについてまとめました。 デバイスを問わないシンプルかつ効果的なファイル共有および共同作業 2016 年 6 月まで SharePoint Online ドキュメント ライブラリおよび Office 365 グループ ファイルへの OneDrive モバイル アプリからのアクセス (すでに最新アプリが公開されています) OneDrive および SharePoint のドキュメントのインテリジェントな検出 OneDrive Web エクスペリエンスでの OneDrive から SharePoint へのファイルのコピー OneDrive ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリケーション 2016 年末まで ドキュメントの使用状況、使用範囲、影響を把握するための、OneDrive でのドキュメント分析の表示…


SharePoint の活用事例をご紹介するハンズオン セミナーを開催します! 【 12/9 更新】

他社では SharePoint をどのように活用しているのか気になったことはありませんか?なかなか聞けない他社の SharePoint 活用事例をご紹介するセミナーを開催します。   本セミナーでは、SharePoint に関する事例のご紹介のほか、オリジナルの TOP ページを作成する方法を実機で体験いただくことができます。 受講者特典として「SharePoint 受講カルテ」もご用意していますので、ぜひご参加ください。 ▼ Office 365 ハンズオン セミナー「SharePoint で会社独自の TOP ページを作ってみよう」へのお申し込みはこちら


Office 365 の商談時間を短縮し、成約率を高めるための販売ノウハウをご紹介するセミナーを開催します! 【 7/24 更新】

Office 365 販売パートナー様に向けて、商談事例を交えながら SharePoint Online の販売テクニックを中心にご紹介するセミナーを開催します。 Office 365 販売のネックとなりがちな SharePoint Online は、ディスカバリーズ株式会社の製品 InSite をアドオンすることで、顧客課題を解決するキー ソリューションとなりえます。 さらに、InSite は PDCA サイクルをもカバーするため、顧客の Office 365 活用度と満足度向上に直結し、Office 365 契約更新につながります。 セミナーでは商談事例のほかに、InSite のラインアップや各製品についてデモを交えてご紹介しますので、ぜひご参加ください! ▼ 8 月 13 日開催のセミナーへのご登録はこちら ▼ 8 月 27 日開催のセミナーへのご登録はこちら ▼ ディスカバリーズ株式会社の成功事例はこちら


【パートナー事例】ピコシステム株式会社~少ないコストでニーズを満たすクラウド活用 【7/21 更新】

~ 常に最新技術の動向に気を配り中小企業の需要を満たす最適解を情熱あるパートナーシップで提供 ピコシステム株式会社は、岡山、東京、神戸の 3 拠点から、さまざまな基幹・情報系システム・生産管理システムのコンサルティング・構築・運用・インスト・サポートをしています。自社パッケージである、「はんなり/販売管理(導入実績 120 社)」、「P-Win/大手企業向け販売管理」、「FIF/繊維業トータルシステム」なども提供している同社では、Microsoft Azure や Office 365 などのクラウド サービス提案にも積極的に取り組まれています。導入を担当されている同社の方々にお話を伺いました。   写真中央:ピコシステム株式会社 第4事業部 Microsoft 製品担当 井殿 寿代 氏 向かって右:ピコシステム株式会社 第1事業部 システム開発 係長 田中 薫 氏 向かって左:ピコシステム株式会社 第1事業部 システム開発 佐藤 知絵 氏   お客様のニーズに、柔軟に応えるために ブレのない「お客様第一主義」の徹底。   お客様のニーズを最優先として、幅広いソリューションに対応 ―― 御社は、1968 年に、創業してから 48 年、コンピューターのシステム開発に携わって約 40 年間、コンピューターの歴史と共に歩み、業界が集中と分散の流行を繰り返す中で、今クラウド化の時代を迎えようとしています。 オーダーメイドのシステム開発から自社パッケージの販売までされている一方で、Azure や Office 365 についても積極的なご提案をいただいているのですが、このような柔軟な体制を整えられるまでに、社内で議論などあったのでしょうか。   井殿 氏 いえいえ、お客様視点で考えれば、コストとビジネス…


【パートナー事例】セミナーは常に満席 ! 年間 600 名を超える集客実績で自社ソリューションの認知拡大に著しい成果をあげるディスカバリーズのマーケティング戦略とは!? 【6/30更新】

優れた技術やノウハウを持っていても、市場からの認知が低くてなかなか新規顧客にアプローチできない、という企業は少なくありません。 このような悩みを、マイクロソフトの「協業セミナー支援プログラム」※1の活用で解消しつつあるのが、創業6年目のベンチャー企業であるディスカバリーズ株式会社 (以下、ディスカバリーズ) です。 同社は IT とマーケティングのノウハウを武器に、主として Microsoft SharePoint をベースにした情報共有/コラボレーションを支援している企業。単に SharePoint の導入支援を行うだけではなく、ユーザー部門も巻き込んだコンサルティングやコンテンツ提案、社内向けに情報発信を仕掛けるマーケティング サービスを提供することで、「エンド ユーザーが積極的に使うポータル」を実現し続けています。「協業セミナー支援プログラム」の活用は 2014 年 6 月から開始。1 年間の集客数は 600 名※2を超え、マイクロソフトの知名度でレバレッジを効かせ、専門でもあるマーケティング手法を駆使し、ベンチャーでも自社ソリューションの認知向上が可能なことを実証しています。 今回はディスカバリーズ社長の島田 祐一朗 氏に、同社の強みと顧客アプローチにおける悩み、協業セミナー支援プログラム活用に至るまでの背景、そしてその効果などについて、お話をお聞きしました。