ビッグ データがパートナー様のビジネス チャンスを拡大【5/10更新】

(この記事は 2016 年3 月 23 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Driving partner opportunity through big data の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   先日、マイクロソフト CEO の Satya Nadella がニューヨークでイベントに出席し、第 4 次産業革命について語りました (そのようすはこちらのページ (英語) でご覧いただけます)。蒸気機関、電気、情報テクノロジに続いて、世界はまさにデジタル テクノロジ革命に差し掛かろうとしています。   テクノロジのユビキタス化が進み、日々の暮らしには “つながったモノ” があふれています。こうしたモノはそれぞれ膨大な量のデータを生み出しており、IDC の予測によると、2025 年までに全世界で生成されるデータ量は 180 ゼタバイトにも上る見込みです (英語)。しかも、クラウド コンピューティングの力を借りれば、そうしたデータを収集、格納、分析できるだけでなく、さらに重要な機能として、データからビジネス インサイトを引き出すことも可能になりました。   今やデータは “新しい電気” として私たちの日々の生活を動かし、革新的な変化の起爆剤となっているのです。そしてビジネスの世界においては、このデジタル テクノロジ革命が新たなチャンスを切り開いています。   Gartner 社が全世界の CIO を対象に行った 2016 年の調査 (英語) では、テクノロジ予算の新しい投資先として、引き続き分析機能がトップに挙がっており、データを通じて新たなビジネス インサイトを得たいと考えるお客様は、今後もますます増えていくと予想されます。大量のデータを読み解く能力は、一夜にして身に付くものではありません。さらに言えば、すべての企業が必ずしも、手元のデータを最大限に活用するために何から手を付けるべきかを理解しているわけでもありません。…


IoT がマイクロソフト パートナーにもたらすチャンス【5/2更新】

(この記事は 2016 年 2 月 8 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 The IoT Opportunity for Microsoft Partners の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)       「モノのインターネット (IoT) が経済に与える影響は計り知れない」と、だれもが口をそろえて言います。   Gartner は、コンシューマー向けと企業向けを併せて、延べ 208 億個もの「モノ」がつながり合うことになると予測しています (英語)。また IDC は、IoT 関連の支出が世界的に増加し (英語)、2019 年までに 1.3 兆ドルにも達する見込みだと発表しています。さらに長期的な予測として、McKinsey は 2025 年までの潜在的経済効果は 11.1 兆ドル規模にのぼると見ています (英語)。   切り口がどうであれ、1 つだけはっきりしているのは、IoT、そしてビジネス インテリジェンスといったテクノロジによって切り拓かれる経済的チャンスは、巨大であるということです。   IoT は当初、コンシューマー向けテクノロジとして注目が集まっていましたが、企業向けテクノロジとしても急速に認知されはじめ、チャンスが大きく広がってきました。事実、McKinsey は、IoT によって B2B アプリケーションが生み出す価値は、総潜在価値の約 70% を占める可能性があると指摘しています。  …


ビッグ データがパートナー様のビジネス チャンスを拡大【4/12更新】

(この記事は 2016 年 3 月 23 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Driving partner opportunity through big data の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   先日、マイクロソフト CEO の Satya Nadella がニューヨークでイベントに出席し、第 4 次産業革命について語りました (そのようすはこちらのページ (英語) でご覧いただけます)。蒸気機関、電気、情報テクノロジに続いて、世界はまさにデジタル テクノロジ革命に差し掛かろうとしています。 テクノロジのユビキタス化が進み、日々の暮らしには “つながったモノ” があふれています。こうしたモノはそれぞれ膨大な量のデータを生み出しており、IDC の予測によると、2025 年までに全世界で生成されるデータ量は 180 ゼタバイトにも上る見込みです (英語)。しかも、クラウド コンピューティングの力を借りれば、そうしたデータを収集、格納、分析できるだけでなく、さらに重要な機能として、データからビジネス インサイトを引き出すことも可能になりました。 今やデータは “新しい電気” として私たちの日々の生活を動かし、革新的な変化の起爆剤となっているのです。 そしてビジネスの世界においては、このデジタル テクノロジ革命が新たなチャンスを切り開いています。 Gartner 社が全世界の CIO を対象に行った 2016 年の調査 (英語) では、テクノロジ予算の新しい投資先として、引き続き分析機能がトップに挙がっており、データを通じて新たなビジネス インサイトを得たいと考えるお客様は、今後もますます増えていくと予想されます。大量のデータを読み解く能力は、一夜にして身に付くものではありません。さらに言えば、すべての企業が必ずしも、手元のデータを最大限に活用するために何から手を付けるべきかを理解しているわけでもありません。…


開発パートナー様に向けた Microsoft Partner Network の取り組み【4/10更新】

(この記事は 2016 年1 月26 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 How the Microsoft Partner Network is investing in developer partners の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   ワールドワイド パートナー グループはかねてより、そして WPC 2015 の開催中もそれ以降も、高い収益性を実現するためには差別化された独自の知的財産 (IP) が必要であることを繰り返しお伝えしてきました。これについては私たちも引き続き調査を重ねていますが、その中でも、他社にはない独自のサービスやアプリを提供することがいかに重要であるかを示す結果が再三得られています。


マイクロソフトは Xamarin でパートナーのアプリケーションにおけるスケール化をご支援します ~社内使用ライセンスで提供開始【 4/3 更新】

(この記事は2016 年 3月31 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Microsoft helps partners scale applications through Xamarin の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) 3 月 31 日の Build コンファレンスにて、Microsoft Cloud and Enterprise Group の Executive Vice President である Scott Guthrie が Xamarin ソリューションを Visual Studio ライセンスを持つすべての開発者に提供すると発表しました。Xamarin は、モバイルアプリ開発プにおけるプラットフォーム提供の業界リーダーです。これにより、社内向け、またはビジネスモデルの一部としてソフトウェアを開発しているすべてのパートナー様は、 現在ご利用の社内使用ライセンス プログラム特典として Xamarin の機能を利用することができるようになります。


先進的なパートナー様に収益性向上へのロードマップを示す、新しい電子ブック シリーズ【4/1更新】

(この記事は2016 年 3月9 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 New eBook series provides roadmap to profitability for the modern partner の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   このたび、収益性を高める方法を見つけるための実践的な情報を提供する新しい IDC 電子ブック シリーズが公開されました。このシリーズでは、先進的なパートナー様が成功を収めた要因を紹介しており、パートナー様がスケーラブルで収益性と継続性に優れたクラウド戦略を構築するためにお役立ていただけます。 マイクロソフトのミッションは、さらなる成果を達成するうえで必要となる手段を、地球上のあらゆる人々、あらゆる企業に提供することです。このミッションを達成するために、「さらに進化したパーソナル コンピューティングの実現」、「生産性とビジネス プロセスの変革」、「インテリジェント クラウドの構築」という相互に関連する 3 つの意欲的な目標を掲げています。マイクロソフトでは、お客様にテクノロジの可能性を示して刺激することに日々努めていますが、このミッションは独力で実現させることはできません。


イノベーションの文化を育み、チームの学習、成長、向上を後押し【1/25更新】

(この記事は 2015 年12 月 17  日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事  Help your team learn, grow and improve by creating a culture of innovation の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) 2014 年 2 月に Nadella が CEO に就任して以来、マイクロソフトは研究開発に対して大規模な投資を行ってきました。さらに、パートナーの皆様が当社とのパートナーシップを通じて画期的な企業へと成長を遂げられるように、皆様のイノベーションを支援するパートナーとなるべく、多額の資金を投じています。研究開発の文化はマイクロソフトに深く根差しています。実際にその一環として Garage (英語) などのコミュニティを運営しているほか、Building 87 (英語) でも私たちの世界に変革をもたらすための活動を進めています。 しかし、イノベーションを必要としているのは製品とテクノロジだけではありません。私たち人間にとっても重要な意味を持っています。人間とは生まれながらにして、学び、成長し、向上したいと欲する生き物です。この意欲こそ、人を人たらしめている原動力だと言えます。 私はこれまで多くのパートナー様から、優れた人材を確保するためには絶えず努力することが不可欠だと伺ってきました。たとえ優秀なチームを編成しても、人間本来の好奇心を育むような企業体制が整っていない限り、チーム メンバーはやがて積極性と熱意を失い、精力的に取り組めなくなります。強力なリーダーシップを通じてイノベーションの文化を培わなければ、他社に引き抜かれたり、働き詰めの従業員が燃え尽きてしまったりして、最も貴重な人材を失いかねません。 ワールドワイド パートナー グループ (WPG) 内のイノベーションの文化形成を推進するために、当社は次の 4 つの取り組みを重視しています。   1. 明確な原則に基づくビジョンを掲げる: これにより、共通の目的に沿った共通の目標へとメンバーが全力を注ぎながら、革新的な方法を広範に試してみることができます。チーム メンバーがどこを目指すべきか 100% 明確にすることで、これまでにないようなプランを構築できるようになります。 2….


新年の抱負を達成するためのコツ【1/18更新】

(この記事は 2015 年12 月 30 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Resolved! How to make New Year’s resolutions stick の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) マイクロソフトの CEO、Satya Nadella は、マイクロソフトのミッション (英語) を実現するためにどのような文化を形成する必要があるかについて明確なビジョンを描いています。そのビジョンの中心となるのが、成長型のマインドセットです。   マイクロソフトは、成長と変革に重点的に取り組む企業として、常に目標を設定するように心掛けています。プロフェッショナルとして成長するための計画を立てるには、新年を迎えた今がまさに絶好のタイミングです。スクラントン大学の John Norcross 博士の研究 (英語) によれば、新年に目標を立てると、他の時期に決意した場合に比べて目標の達成率がなんと 10 倍にアップするそうです。 とはいえ、変化や成長を実現することは決して容易ではありません。ワシントン ポストの記事 (英語) によると、年始には約半数の人々が新年の目標を立てますが、6 か月経ってもその目標に向かって努力し続けている人の数は、そのわずか半分に減ってしまいます。 2016 年、パートナーの皆様が成長型のマインドセットを身に付け、育むことができるように、パートナー ネットワーク ブログを担当するメンバーから、最適な目標を立てて継続的に取り組むためのヒントやコツをご紹介します。   Phil Sorgen   Brent Combest   Jennifer Tomlinson   Jen Sieger…


Office 365 のさらなる機能強化: より多くの価値を提供可能に【1/14更新】

(この記事は 2015 年12 月 1 日に Microsoft Partner Network Blog に掲載された記事 Making Office 365 better than ever: offer your customers more value, together の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   このたび、エンタープライズ VoIP、会議、個人または組織レベルのインサイト、セキュリティ、コンプライアンスに関する Office 365 の最新技術が追加されました。これはパートナー様にとって、顧客にこれまでにない新機能を提供する、新たなビジネスチャンスです。これらの最新技術と新機能は、スタンドアロンで販売されるほか、Office 365 Enterprise E5 の一部としてパッケージ化されます。新機能の詳細については、こちらをご覧ください。 パートナー様にとって、これは大きなチャンスです。 今回の記事では、新規顧客と既存顧客の両方に対して、このビジネスチャンスを最大限に活かすための具体的な方法をいくつかご紹介します。 既存顧客に対して、クラウドでの会議および音声通話機能をアップセルする インフラストラクチャを大幅に簡略化し、会議および音声通話機能を単一のクラウド生産性ソリューションに統合することを、多くの顧客が望んでいます。Office 365 なら、場所やデバイスに関係なくユーザーどうしをつないで共同作業を行うことができるほか、管理作業の負担を軽減し、総所有コストを削減できます。 新規顧客に対して、高度なセキュリティ、分析、インサイト、コンプライアンス機能をアピールする クラウドへの移行を検討している顧客にとって、セキュリティとプライバシーは最優先課題の 1 つです。今回のリリースにより、Office 365 はこれまでの Office シリーズの中で最高の安全性を備え、データの透明性と制御性がさらに向上します。また、Power BI Pro と Delve の分析機能では、個人レベルのインサイトを取得したり、組織レベルでの分析を実行したりすることができます。 顧客の新しいシナリオに関連するサービスを新たに構築または拡張する Office…


Surface 販売パートナー数のさらなる拡大を目指し、新しいパートナー プログラムを追加【11/9更新】

(この記事は 2015 年 10 月 20 日に Microsoft Partner Network Blog に掲載された記事 Surface momentum continues, new partner programs added の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。 Windows 10 は現在 800 万台以上の業務用 PC、および 1 億 1000 万台以上のデバイスに搭載され、その数は日々さらに増加しています。Windows 10 ほど急速に普及が進んだ Windows はこれまでになく、特に法人のお客様の間でその傾向が顕著です。こうしたことからも、皆様が Windows 10 にご満足いただいていることがわかります。 この Windows 10 プラットフォームを魅力的な新しい Surface デバイス (英語) と組み合わせることにより、実に強力なツールとなります。 Worldwide Partner Conference 2015 では、Surface を販売するパートナー様の数を数百社から数千社まで拡大する取り組みについて発表しました。以来、パートナー拡大の動きは大きく進展し、Surface の販売代理店は全世界の Surface 取り扱い地域で約 5,000 社にまで増加しました。 マイクロソフトは、各パートナー様を通じて世界中のさらに多くのお客様に…