ライセンス管理の複雑さを軽減する Intelligent Asset Manager 【5/12 更新】

(この記事は2018年1月29日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事How Intelligent Asset Manager helps reduce licensing complexity  の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     Intelligent Asset Manager (IAM) に関するブログを 3 回に分けてお届けしています。シリーズ第 1 回目では、Roel Decneut が、Inspire 2017 で発表されたばかりの IAM ツールの概要をご説明しました。このツールは、ソフトウェア資産管理 (SAM: Software Asset Management) チームが、お客様のデジタル トランスフォーメーションにおける信頼されるパートナー (英語) になるために、次の 2 つのポイントで活用いただけます。   ライセンス管理の複雑さの軽減: 有効ライセンス ポジション (ELP) の作成プロセスをマイクロソフトが担うことで、パートナー様の負担を軽減します。 インベントリの標準規格: すべてのパートナー様とインベントリ ツールに適用できます。


エネルギーからビールまで: ソフトウェア資産管理プログラムによって企業の成功を支援【8/20 更新】

(この記事は 2017  年 6 月 30 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 From Energy to Beer: Software Asset Management Programs Help Businesses Thrive の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   5 月の SAM とコンプライアンス監査に関する誤解について取り上げた記事 (英語) では、デジタル トランスフォーメーションの時代に成長を目指す企業が SAM (ソフトウェア資産管理) プロジェクトを実施するメリットをいくつかご紹介しました。 しかしマイクロソフトは、説明だけに終始するのではなく、実例に基づいて具体的にメリットをお伝えしたいと考えています。そこで、私のチームが現場でさまざまなお客様から SAM の事例 (英語) を集め、SAM プロジェクトがお客様にもたらすプラスの影響を実証しました。