【パートナー様販売成功事例】株式会社テクノアート~強固なポータルの形成と DB 整備で、製造~営業を貫く情報活用基盤を形成 【6/3 更新】

株式会社テクノアート様は、熊本と福岡に拠点を置き、「九州でもできる、九州だからできる」ハイテク ベンチャーを目指し、社名が示すとおり、テクノロジー+アートを掲げています。同社は、九州の地元銀行系のベンチャー キャピタルや公的機関を株主に、グローバル スタンダードとなっているデファクト技術と、豊富な業務ノウハウを基盤とした技術 + α のサービスを提供。1992 年の設立以来、システム提案から設計、開発から保守運用までをトータルで推進してきました。「医薬品卸向け販売管理システム」「食品製造業向けパッケージ」「病院向け医療機器管理システム」など、自社パッケージ製品群の提供と顧客ニーズに即したカスタマイズで、確かな信頼を深めています。   システム再構築概要 ナカヤマ精密株式会社様は、超硬合金を主とする耐摩精密部品の専門メーカーです。同社が旧来活用してきたスクラッチ ベースの生産管理システムは、製造から生産管理、そして営業に至る各部門間でリアルタイムな状況が見えにくい、という問題がありました。そこで、生産状況や商談の進捗状況などをリアルタイムで相互に共有。それらを生産計画の最適化や、迅速かつ正確な納期回答などによる CS 向上に結びつけたい。また、生産データや受注データにさまざまな分析を加えることによって、品質傾向や受注傾向を探り、効率経営と営業パワーアップを図りたい。さらにメッセージング バックボーンと連携させ、よりスムーズな共有基盤を形成したい、とテクノアート様に相談しました。 これらのビジネス課題へのソリューションとして、Microsoft® SharePoint® Server 2010、Microsoft® SQL Server® 2008 で生産管理システムを再構築。さらに Notes ベースだったメッセージング システムを、Microsoft® Exchange Server 2010 にリプレースし、ポータルと連携したユーザー フレンドリーな情報流通、共有体制を実現しました。   導入成功の 3 つのポイント ●タスクチームの結成 システムの再構築に先立って、社長のリーダーシップによるトップダウンの下、製造、生産管理、営業、情報システム、商品企画など、各部門の代表者が参加するタスク チームを結成。システム再構築の基盤となる業務改善のあり方や要件定義、具体的な操作画面などのインターフェイスに至るまで、事前に「あるべき姿」を描き、共有、定着を図ることができました。 ●強固なポータルの形成 SharePoint Server と Exchange Server の活用によるポータルの構築によって、社内の情報共有基盤が確立。今まで部門間に閉じられていたさまざまな情報を、セキュアな形で必要な時に必要な人に結びつける、組織の枠を越えたビジネス プロセスの共有とコラボレーションが実現しました。また、モビリティの活用などによって、営業担当者の機動力と即応性も向上。顧客満足度アップにもつながりました。 ●分析によるデータの戦略活用 今までは、購買仕入れや生産受注、納品など各プロセスでデータを蓄積してきましたが、それらを分析して生産計画や営業計画にフィードバックする、さらに経営計画などに連なる意志決定支援に活用するといった面は手つかずの状態だったのです。そこで今回、旧来のデータベースを SQL Server 2008 に載せ替え、リアルな状況把握と情報の経営資産化が実現しました。   ▼ PDF…


【パートナー様販売成功事例】株式会社テクノアート~POS システムのリプレース時の BI 提案で案件受注 【5/27 更新】

「エンジニアでもなくサイエンティストでもない、テクノアーティストを目指す」という社是のもと、熊本県でマイクロソフトのパートナー ビジネスを展開しているのが株式会社テクノアート様です。1992 年の設立で、コンピューターシステムの提案、営業活動をはじめとして、システム設計、開発、保守運用から、「医薬品卸向け販売管理システム」「食品製造業向けパッケージ」「病院向け医療機器管理システム」などの自社開発のパッケージ製品販売とお客様のニーズに合わせたカスタマイズも行っています。 マイクロソフト パートナーネットワークで、Silver Data Platform コンピテンシーをはじめとする 8 つの Silver コンピテンシー (2010 年 12 月現在) を持つ同社は、2007 年の Microsoft Partner of the Year も受賞。その高い技術力と独創的なシステム開発力が高く評価されています。   販売事例概要 株式会社テクノアート様がシステム構築を行った株式会社ルームプラス様は、広島、山口、福岡の 3 県・ 6 店舗でインテリア雑貨および家具を販売している地域に根ざした企業です。株式会社ルームプラス 様では、POS システムと連動したメインフレームでの販売データ管理を共同利用する形式で構築していましたが、これを、本部にサーバーを導入し、Microsoft SQL Server 2008 R2 をベースとするPOSと連動した独自の物販管理 IT システムを新たに構築、業務効率の向上と BI の導入による経営の高度化を検討しました。このシステムを構築したのが株式会社テクノアート様でした。 開発にあたっては、3 社がシステム提案を行いましたが、株式会社テクノアート様は、POSシステムと連動した同様なシステムを SQL Server で構築し、BI を組み込んだ物販システムを構築した実績が高く評価され、原型のあるシステム開発だったので低コストで受注することができました。 2009 年 7 月からシステム設計を開始し、2010 年 6 月に稼働しています。 ▼…


【パートナー様販売成功事例】株式会社 YCC 情報システム~クラウドと仮想化を両輪に、次世代コミュニケーションと IT 基盤を提供 【5/20 更新】

エンタープライズ コンピューティングの上流~下流をカバーする参謀役として、「ハードウェア+ソフトウェア+ IT 技術者」の三位一体を実現。ソリューション サービス、システム インテグレーション、アウトソーシング サービスをカバーするトータル ソリューション プロバイダーとして活躍しています。さらに、次代を先見したダイナミックな対応と変化のための 3C (Change:変革、Challenge:挑戦、Create:創造) を掲げ、山形本社を中心に酒田市、鶴岡市方面をカバーする庄内支社、さらに仙台支社、東京支社のネットワークで、官公庁や産業界への IT ソリューション提供に注力し、年商 30億円を達成しています。   システム再構築概要 社内外を結ぶ情報動脈であるメールやスケジューリング等を司るグループウェアとして、自由度や柔軟性の面で問題を生じていた旧来の Lotus Notes のリプレイスを指向。ロケーションやハードウェアに縛られることなく、いつでもどこでもメールのやりとりやコラボレーションを図ることができ、運用管理負荷の軽減も実現するソリューションとして、クラウド コンピューティングへの移行を検討しました。その結果、ユーザー フレンドリーな操作性や即戦力化が図れること。さらに日常的に活用する Office ツールのファイルが活用できることなどから、Microsoft® BusinessProductivity Online Standard Suite (BPOS) の採用を決定。1 か月で全社導入を実現しました。 また、以前はファイル サーバーなどのサーバー類を事業部ごとに購入、構築し、それぞれ各部門が運用を行っていたため、ハードウェア リソースの活用率の不均衡や非効率性、メンテナンスや運用工数の重複、設置スペース、人的負荷などの問題がありました。そこで、Windows Server® 2008 R2 Hyper-V™ を活用して 10 台の部門サーバー、10 台の全社サーバーをそれぞれ 1 台に集約して仮想化。事業部門ごとに保有していた開発環境も 2 台のサーバーに集約しました。サーバーの仮想化によって運用コストと負荷の軽減、さらに本来業務に専念できるようになりました。 同社では、自社の導入事例をショーケースとしながら、東北地方の官庁や企業に対して、クラウド コンピューティングと仮想化の魅力を啓蒙していきたいと、意欲を燃やしています。 ▼ 事例の詳細はこちら   導入成功の 3 つのポイント…


【パートナー様販売成功事例】株式会社エクスパート~顧客のビジネスを把握して最適な運用ソリューションを提供 【5/13 更新】

グローバル企業の日本現地法人など、海外とのやり取りの多い企業にシステムの導入提案から運用保守、サポートまで、トータルなソリューションを提供する株式会社エクスパート。同社では、IT 専任者のいない企業に対して、現在のビジネスで止めることのできないメール システムを中心に、使いやすさと可用性を重視した運用保守を提供しています。顧客の業務に適したメール環境の構築やデータの損失を防ぐバックアップの提案など、きめ細かいサービスを展開しています。   販売事例概要 (インタビュー記事を抜粋してお届けします) ■パートナー制度を使ってクラウド展開を加速 – Microsoft Online Services パートナーになったきっかけを教えてください 当社のクライアントには、医療関係や海運関係などグローバル企業の日本現地法人が多く、IT 専任者のいない環境でシステムを安定的に運用することが求められます。海外とやり取りするメールの量は膨大で、ビジネス上の重要度もここ数年で非常に高くなってきました。そのため当社でも “止まらないシステム” を提案するのですが、人数に対するコストなどを比較した時に大規模なシステムの導入は難しい状況でした。 そんな時、Microsoft Online Services が登場して「これかな」と考えました。理由はシンプルで、今まで Microsoft® Exchange に慣れているお客様にとって使いやすいサービスだと思ったからです。 お客様にとって “クラウド” という言葉は、知ってはいるがそれで何がよくなるのかは分からないのが現状です。そこで私たちは、“日常の業務でどんな所が改善されるか” といった点を分かりやすくお伝えし、理解をいただくことを提案の第一歩としました。 Microsoft ® Exchange Online なら、従来とインターフェイスはほとんど変わらず、かつ運用管理はすべてマイクロソフトに任せられる。当社としてもシステムの運用に対する保守サポートの労力を削減できる。“これは一石三鳥ぐらいあるのでは?” と考えました。同時に、今まで Microsoft® Exchange Server を構築してきたノウハウを活かすにはパートナー制度を使ってビジネスの展開を計るべきだと思ったのが、パートナー制度を活用したきっかけですね。 ■多様性とレスポンスの向上を実現 – Microsoft Online Services セールスをするための社内体制をお聞かせください 当社では、営業、技術、コンサルティングまで、基本的に担当者自身が 1 人で行います。メインの担当のほかセカンド担当までは決めますが、たとえば “この製品に関しては右に出る者はいません” というスペシャリストによる体制ではありません。 当社はもともと、テレックスとコンピューター システムを結合したビジネスが土台にあるため、さまざまな通信機との組み合わせやそうした複合的な環境でのソリューションに力を注いでいます。 また、現在のシステムは 1 つではなく、FAX 機とコンピューター システムの結合など、それぞれの機器がどのようになっているか知識がないと務まらないのです。IT…


【パートナー様販売成功事例】株式会社高崎共同計算センター~クラウドへのニーズに応えて安心感の高いソリューションを提案 【5/6 更新】

製造業、流通業、医療、家電、自動車などの組込みシステム開発、さらには教育、流通分野のアウトソーシングまで、さまざまな業種、業務をサポートしている株式会社高崎共同計算センター。同社では、顧客企業のニーズの変化に対応して、クラウドを中心としたソリューションを展開しています。スモールスタートが可能なメリットだけでなく、業務にフィットしたカスタマイズ提案や充実したサポートにより、新しい顧客の開拓を実践しています。   販売事例概要 (インタビュー記事を抜粋してお届けします) ■マイクロソフトならではの安心感を訴求 – クラウドに対するセキュリティ面での懸念はありましたか? 田村●クラウドの場合、お客様からまず「セキュリティはどうなの?」と聞かれます。それはオープン系であっても Microsoft® Online Services であってもどちらも変わりません。私たちとしては、お客様自身がオンプレミスで管理しきれないのであれば、暗号化されたクラウドのほうがはるかに安全であることをご説明しています。 相崎●マイクロソフトがやっているクラウドということで Microsoft Online Services の場合はオープン系にない安心感を訴求できますね。 田村●実際にお客様のシステムをメンテナンスするのは私たちなんですが、その後ろにはマイクロソフトのサポートがいるという点が安心につながっていると思います。私たちが分からない場合でも、すぐマイクロソフトに問い合わせることができる。オープン系の場合、私たちがお手上げになってしまうとお客様もお手上げなので。 ■統一されたインターフェイスによる快適な環境 – 導入に結びつく、訴求力の高いポイントはなんでしょう? 相崎●あるお客様の導入例では、もともとオープン系のサービスを使っていたところ「アプリケーションが使いにくい」という問題があり、その点 Microsoft Online Services はマイクロソフトの製品なので、統一された GUI という使いやすさから導入につながりました。 田村●中小規模のお客様の場合、メールはホスティングで普通の POP メールを利用していることが多いので、Microsoft® Exchange Online をご紹介すると Microsoft® Outlook® との連携に「いいなぁ」と言っていただけます。とくに予定表の共有などは高い評価が得られます。さらに、従来は Microsoft® Exchange Server を導入することが難しかった企業でも、Exchange Online なら月額数百円で使い始められる。そういった点で Microsoft Online Services の中でも Exchange Online が一番訴求力を感じますね。 ■介護分野と教育分野で進むオンライン サービス活用 – Microsoft Online…


【パートナー様販売成功事例】株式会社ソルネット~シン クライアントの社内導入と自社システムの仮想化でノウハウを取得 【4/29 更新】

北九州市に本社を置く株式会社ソルネット様は、1967 年に八幡計算株式会社として設立され、新日鉄グループに情報処理サービスを提供してきました。2007 年に JB グループに加わってからは、九州/中国地区担当の情報ソリューション提供企業として活動。システム開発のほか、独自開発の商工会議所運用管理システム「チェンバーズ パック」の販売も行っています。 掲げる品質方針は「お客様満足の第一歩は、サービス品質の向上から」。顧客の課題を解決するビジネス パートナーとなることが目標です。売上額の約 60% を占めるのは、システム開発とパッケージ販売を含むソリューション。このほか、ハードウェアの販売やサービスの提供なども行っています。   販売事例概要 株式会社ソルネット様は、サーバー仮想化に取り組むことがソリューション ビジネス強化の鍵になると判断。2008 年という早い時期に Hyper-V™ を社内に導入し、仮想デスクトップ方式のシン クライアント システムを部長職以上とスタッフ向けにリリースしました。さらに、翌年と翌々年には業務系システム、コミュニケーション系システム、開発環境についても仮想環境へと移行。どの企業でも使われる一般的なシステムの仮想化、集約化を自ら体験することにより、ソリューションを販売する際に欠かせないノウハウの収集、蓄積を成し遂げました。 Windows Server® 2008 R2 とWindows Server® Hyper-V™ 2.0 の上で稼働させた複数の Windows XP Professional SP3 を仮想 PC 方式で利用しています。ほとんどのユーザーは仮想デスクトップ基盤 (VDI) を介し、1 組のキーボード/マウス/ディスプレイを切り替えて操作 (KVM) していますが、特定のアプリケーションを利用する一部のユーザーには Windows Server® 2008 Remote Desktop Services (RDS) を経由した KVM 操作法も提供しました。システムの移行にあたっては、工数を削減する目的で Microsoft® System Center Virtual Machine…


【パートナー様販売成功事例】株式会社ソコロシステムズ~災害時の保険対応を見据えセキュアで充実した情報共有環境を Office 365 で実現 【4/21 更新】

株式会社ソコロシステムズ様は、1998 年に「パソコンハウス・ソコロ」として、島根県益田市に開業。そして 2000 年に法人改組を行い、2006 年にはマイクロソフト認定パートナー、そして 2008 年にはシスコシステムズ認定パートナーとなり、地元に最新の IT 情報を届けることを使命として現在に至る礎を構築。マイクロソフトのソリューションの 1 つである Windows 展開サービス (WDS : Windows Deployment Server) を得意とする “マイクロソフト ラーニング パートナー” として 2011 年には、新社屋に移転。ソコロシステムズへと改名し、Microsoft Office 365 や Microsoft Dynamics CRM など最新のサービスやソリューションを幅広く展開しています。   販売事例概要 有限会社保険センタートキオ様は、保険代理店として、歴史と文化の薫る土地、島根県益田市において、約 30 年にわたって地域の人々の生活に貢献してきました。保険会社の提供する専用の代理店システムを活用し、ペーパーレスでセキュアな運用を行ってきましたが、その一方で、災害発生時など、肝心な状況下において「代理店システムが使えなくなれば、一切の業務がストップしてしまう」という不安を抱えていました。そこで、ソコロシステムズ様は「サーバー設置に悩む必要もなく、データを安全に保管し、情報を共有できるソリューション」として、マイクロソフトのビジネス用クラウド サービスである Office 365 をご提案。マイクロソフトが、データセンターの運用監視も行っているという「信頼性」。Online 1 ユーザーあたり月額 600 円程度※で利用できるという「価格設定の低さ」。そして、地元のパートナーであるソコロシステムズ様からしっかりとしたサポートを得られるという「安心感」の 3 つがポイントとなって、Office 365 の導入が決定しています。 ※契約時の月額料金です。2012 年 12 月現在、月額 490 円 (税抜)…


【パートナー様販売成功事例】株式会社CSIソリューションズ~検証からサポートまでの総合提案で Lotus Notes からの移行案件を受注 【4/15 更新】

株式会社CSIソリューションズ様の創業は、1989 年。それ以来、CSK グループのシステム インテグレーターとして、ハードウェアとソフトウェア製品の販売、アプリケーションの開発、システム運用までの一貫したサービスを全国の中堅企業に提供することを基本的ミッションとしてビジネスを展開しています。掲げる社是は「信頼積み上げ、社会に貢献」。IT インフラの構築にはじまる高品質で安定したサービスを提供することによって、多くの企業から支持を得てきました。現在のビジネスの核となっているのは、「仮想化」「クラウド」「開発」の 3 種類のサービスで、仮想化の Gold コンピテンシーを持つマイクロソフト パートナーとして、「仮想化プラス」や「クラウド トータル ソリューション」などのソリューションを販売しています。   販売事例概要 グループウェアとして Lotus Notes 8.5 を使われていた株式会社バイテック様は、出張先の海外から利用する際の応答が遅く、サーバー管理に手間がかかるという課題がありました。そこで、これらの課題をクラウド型グループウェアで解決しようと考えて、マイクロソフトに情報提供を依頼。2010 年 4 月から 5 月にかけて、株式会社CSIソリューションズ様が Microsoft® Business Productivity Online Suite (BPOS) への移行を提案し受注しました。 同年 6 月からは、BPOS のトライアル制度を利用して検証を実施。7 月の 3 連続休日を利用して、国内 2 拠点・約 200 台の PC に保管されていた電子メールとアドレス帳のアーカイブ ファイルを市販の移行ツールで Microsoft® Exchange Online に乗せ換え、電子掲示板・会議室予約・スケジュールの各データも Microsoft® SharePoint® Online に新規登録しました。さらに、切り替え前には、集合教育と Microsoft® Office…


【パートナー様販売成功事例】株式会社両備システムイノベーションズ~仮想化で物理サーバーを 1 台に集約 導入コストの低減が受注のポイント 【4/8 更新】

株式会社両備システムイノベーションズ様は、1988 年 12 月に両備システム機器販売株式会社としてスタートし、設立 20 周年にあたる 2008 年 10 月に現商号となりました。ビジネスのコアは、ハードウェア販売とシステム開発で、「INNOVATION の実現のために!」をモットーに、企画、導入から保守や運用までの総合的なサービスを地域のお客様に提供しています。さらに、独立系ソフトウェア ベンダーとして自社開発製品も販売しています。自社開発製品として、トータル販売管理システム「Blocks」と POS システム「FirstPos」、Web 座席表「WhiteBoard!! Ver.3」と Web ファックス「ため得!!」、業務系では「給食管理システム」や生徒の成績や活動を管理する「学籍管理システム」、日誌や個人の記録をデータベース化する「ケース記録管理システム」などを揃えています。   販売事例概要 日東タグ株式会社様は、川崎汽船株式会社様の連結子会社として岡山県倉敷市に本社を置き、水島、神戸、大阪の瀬戸内沿岸を中心とした、港湾曳船事業ならびに内航運送業を展開しています。従来は、タグボートの配船、配乗、台船の手配、船舶管理の基幹業務を、表計算ソフトのマクロで行っていましたが、転記入力を必要とする場面が多く、誤入力によってマクロ セルを壊してしまうこともありました。こうした状況を改善すべく、日東タグ様は基幹業務のさらなるシステム化に着手しました。併せて、Windows® NT ベースで行われていたファイル共有の刷新にも踏み切りました。 プロジェクトの開始は、2009 年秋で、SIer 4 社の提案の中から日東タグ様が選んだのは、両備システムイノベーションズ様による Windows Server® 2008 R2 ベースのシステム案でした。このシステム案は、表計算ソフトのマクロで行われていた処理を、Microsoft® Visual Basic® .NET とMicrosoft® SQL Server® 2008 R2 によるクライアント サーバー方式に置き換え、ファイル共有をMicrosoft® SharePoint® 2010 にリプレースして検索性能を高めるというものです。インフラ部分は 2010 年 6 月、アプリケーションは 2011 年 1 月に稼働しています。  …


【パートナー様販売成功事例】株式会社リード・レックス~多くのアクセスがあり、変動が激しいビジネス キャンペーンのサイトを Windows Azure で提供 【4/1 更新】

株式会社リード・レックス様は、見込生産から受注生産まで、多様な製造形態に対応した柔軟な生産管理を実現する製造業向け ERP システム「R-PiCS」を主力製品としています。過不足のない最適な生産管理を実現するソリューションとして定評のある同パッケージは、発売以来十余年の歴史の中で、国内の中堅~大企業をはじめ、広く東南アジアや中国の日系企業約 450 社で活用されています。日本製造業の特性やマインドを熟知した同社は、各企業の Web サイト構築受託でも手腕を発揮。生産管理で磨き上げられた「ムダを廃した最適化」思想を堅持し、Web 構築においてもシステム リソースを必要に応じて柔軟に利用する環境の提供を目指して、クラウド化を推進しています。   システム概要 リード・レックス様が、古くから Web サイトの構築~運用を引き受けてきた企業では、サイトの更新頻度が高く、サーバーやストレージのリソース配分の不均等性が顕在化。さらに、それらに起因する運用負荷の拡大なども、悩みのタネとなっていました。そこで、自前のハードウェア資産をローカルに保有するのではなく、必要なリソースだけを必要に応じて柔軟に利用することができるクラウド サービスの活用を提案しました。 2009 年 12 月、大規模なトラフィックが予想され、しかもアクセス数が時間帯や曜日などによって大きく変動する可能性が高いビジネス ユーザー向けのキャンペーン サイトで、実験的な利用をスタート。スケール アウト方式による自在な拡張性や高い可用性、さらに運用負荷の軽減による本来業務への注力などのメリットを考慮して、Windows Azure 化を図りました。従来から積み上げてきた .NET 技術との親和性も高く、1 週間で Windows Azure に載せることができ、以降スムーズな稼働が実現しました。同社は「今後汎用性を高めたパッケージ化を進め、外販も射程に入れていきたい」としています。   導入成功の 3 つのポイント ●.NET 技術の積み上げを基盤に Windows Azure は、旧来「得意技」だった .NET 技術との親和性が高く、スケジュールどおりの開発が実現。日本での先駆け的存在で国内の前例も少なかったのですが、マイクロソフトのエヴァンジェリストからの助言もあり、「動けば簡単」であると実感しました。 ●早い時期からの取り組み 早期の取り組みで技術的アドバンテージを築き、顧客への提案も Windows Azure™ Platform の正式リリース前の 2008 年末でした。先行的に魅力を訴え、市場の啓蒙とムード醸成を図ることで、その後の承諾やゴーサインもスムーズに進み、強力な協調体制の下に開発が進みました。 ●時流を捉えたタイミング クラウド コンピューティングに対する世の中の気運が高まるのに先立って、確かな導入事例を築くことができました。そんな先行者メリットを発揮し、この実績が今後さらに次のビジネスを生んでいくといった、スパイラルなマーケティング効果も発揮できます。   ▼ PDF…