[パートナー事例]コンサルから運用まで幅広いサポートをワン ストップで提供~BPOS 時代から Office 365 ビジネスを手掛ける富士ネットシステムズ【7/18 更新】

月額課金方式でマイクロソフトのクラウド サービスを取り扱える CSP プログラム。そのパートナーとして活動しているクラウド リセラーがどのようにクラウド ビジネスに取り組み、いかなる成果を上げているのか、興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。そこで、クラウド ディストリビューターであるダイワボウ情報システム株式会社 (DIS) に複数の CSP パートナーをご紹介いただき、インタビューを行いました。今回ご登場いただくのは、富士ネットシステムズ株式会社 (以下、富士ネットシステムズ) 。代表取締役社長の今井 和宏 氏をはじめとする 4 名のキー パーソンの皆様に、お話をお聞きしました。   写真左より、取締役 管理ビジネスグループ長 青木 茂 氏、代表取締役社長 今井 和宏 氏、ソリューションビジネスグループ フィールドサービスグループ長 山下 尊郎 氏、営業ビジネスグループ システムソリューショングループ 田島 颯人 氏     会社概要とクラウド ビジネスへの取り組み   ―― まず御社の概要についてお教えください。   今井 当社は昭和 35 年 (1960 年) に通信機器のリペア事業を行う会社として創業しました。その後、通信工事や金融端末、スパコン保守などへと事業を拡大し、現在では情報通信の設計や構築保守事業、システム運用管理業務などにもビジネスを広げています。またクラウド ビジネスにも積極的に取り組んでいます。   ―― どのような規模のお客様が多いのですか。   今井 通信系事業のお客様は 200 名前後、情報系事業は中小企業が多いですね。…


[パートナー事例]「他社に自慢できる最先端のサービスを活用してほしい」という想いから Office 365 を顧客に提供~総務部門の ICT パートナーというスタンスを貫き続けるコムネットシステム【7/11 更新】

月額課金方式でマイクロソフトのクラウド サービスを取り扱える CSP プログラム。そのパートナーとして活動しているクラウド リセラーが、どのようにクラウド ビジネスに取り組み、いかなる成果を上げているのか、興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。そこで、クラウド ディストリビューターであるダイワボウ情報システム株式会社 (DIS) に複数の CSP パートナーをご紹介いただき、インタビューを行いました。今回ご登場いただくのは、株式会社コムネットシステム (以下、コムネットシステム) 。代表取締役の酒井 俊英 氏をはじめとする 4 名のキー パーソンの皆様に、お話をお聞きしました。   写真左より、CS Doctorサービス部 課長 内海 泰洋 氏、代表取締役 酒井 俊英 氏、CS Doctorサービス部 部長 小倉 大門 氏、管理部 柏倉 玲奈 氏   会社概要とビジネス スタンス   ―― まず御社の概要についてお教えください。   酒井 当社は ICT でお客様の収益に貢献する、情報通信分野の専門家集団です。主として中小企業の総務部門をターゲットに、オフィス ICT のすべてをワン ストップで提供しています。外注を使うことなく、当社の社員が行っているのが大きな特長であり、当社のポリシーでもあります。電話工事も含め、すべて自社で対応できるようにしています。   ―― 総務部門の ICT パートナーというわけですね。   酒井 そうです。昔は会社の備品を単品購入するのが一般的だったため、総務部門の事務職の方でも問題なく対応できました。しかし ICT…


[パートナー事例] CSP 発表後から Office 365 の販売を本格化~多様なサービスをパッケージングした月額課金モデル確立を目指す大日光商事【7/4 更新】

月額課金方式でマイクロソフトのクラウド サービスを取り扱える CSP プログラム。そのパートナーとして活動しているクラウド リセラーが、どのようにクラウド ビジネスに取り組み、いかなる成果を上げているのか、興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。そこで、クラウド ディストリビューターであるダイワボウ情報システム株式会社 (以下、DIS) に複数の CSP パートナーをご紹介いただき、インタビューを行いました。今回ご登場いただくのは、株式会社 大日光商事。取締役本部長の工藤 由也 氏と営業部 営業課の赤羽 裕介 氏に、お話をお聞きしました。   写真左より、取締役本部長 工藤 由也 氏、営業部 営業課 赤羽 裕介 氏   会社概要と Microsoft Office 365 への取り組み   ―― まず御社の概要についてお教えください。   工藤 当社は株式会社大日光・エンジニアリングの子会社として 2012 年 5 月に設立されました。親会社の大日光・エンジニアリングはキヤノンの複合機向けの基盤を製造するメーカーですが、販売も手掛けるために特販部を設置、この部署が分離独立したのが大日光商事です。現在の主要事業はキヤノンの複合機や OA 機器の販売および保守ですが、IT システムの電話サポートや出張サポート、PC 修理、PC のリモート保守、NAS のオンサイト保守なども、栃木県を中心に展開しています。複合機の販売と保守は単価の下落が進んでおり、今後安定した収入が見込みにくいため、サービスの幅を広げています。   ―― DIS とのお付き合いはいつごろからですか。   工藤 まだ大日光・エンジニアリングにいたころからのお付き合いなので、もう 20 年以上になります。DIS には数多くの商材があり、サポートもしっかりしているので、当社のような小規模な会社がビジネスを広げるには、最適なパートナーです。電子商取引システムである「iDATEN (韋駄天)」も、他社より見やすくていいですね。今後は「iKAZUCHI…


Office ブログまとめ (2017 年 6 月) 【6/29 更新】

Office Blogs  や、元ネタの英語版の Office Blogs (英語) は、 新製品情報から、新機能や製品開発の背景まで、Microsoft Officeに関するさまざまな情報をお届けするブログです。ぜひブックマークして定期的にご参照ください!   ≪最近の更新≫ Excel 2016 と Power Query アドインの 2017 年 6 月の新機能 (英語) Office 365 の 2017 年 6 月の新機能 Microsoft Teams の新しいクラスルーム機能が広く利用可能に Microsoft Forms が一般法人向けにパブリックプレビュー (英語) Microsoft Stream が一般提供開始 Word on Macと Windows 10 アプリ版 OneNote でもリサーチ機能を提供 MyAnalytics の分析結果を共有 Office 365 セキュリティとコンプライアンスについての更新 2017 年 6 月 (英語) Threat…


【7/6 開催】DataStax Japan 主催 パートナー様向け特別イベントのご案内【6/27 更新】

NoSQL データシステム「Cassandra」とマイクロソフト Microsoft Azure では、既に稼働している仮想マシンの3分の1がLinuxであり、いま新たにプロビジョニングされる仮想マシンは約半分がLinuxになっています。このLinux 仮想マシンで利用されている人気のオープンソースの1つとして、非構造データを扱うデータベースであるCassandraがあります。Cassandraは、NETFLIXやWalmart、UBS、macy’sなどのグローバル企業が利用している他、日本でもトライトゥルー様が空間検索エンジンのバックエンドデータベースとして Microsoft Azure 上で利用されてきました。 今日では、IoTのバックエンドデータベース、Customer 360やパーソナライゼーションといったデジタルマーケティングのバックエンドデータベースなど、企業がデジタルトランスフォーメーションに取り組む際に不可欠なオープンソースとなっています。マイクロソフトが提供している Office 365の新機能 ”MyAnalytics” のバックエンドシステムにおいてもCassandraが利用されており、毎秒40万件もの大量のデータベースへの書き込み処理を Microsoft Azure上で実行することで、MyAnalytics サービスのご提供を実現しています。   Cassandra をベースに構築された DataStax Enterprise このオープンソースである Cassandra を実際に使う際には、複数ノード間のレプリケーション機能やセキュリティ機能、GUI管理ツールなどが運用上不可欠であり、このような機能とサポートサービスを組み合わせて DataStax 社が”DataStax Enterprise”として製品化をしています。 Microsoft Azureでは、このDataStax Enterprise を利用する仮想マシンイメージが提供されており、短時間で簡単にデプロイが可能です。また、IoTのプラットフォームとして利用する場合のリファレンスアーキテクチャ「DataStax usage in the Azure IoT Reference Architecture」も公開されています。DataStax 社は、Microsoft Partner of the Year “Alliance Global Commercial ISV Award”の 2016 Winnerであり、グローバル、そして日本をはじめとした各国で協業が進んでいます。   7/6 に DataStax…


[パートナー事例]マイクロソフト テクノロジーに特化し、全体最適化を見据えたハイレベルなソリューションを提供~時代の最先端を走り続けるティーケーネットサービス【6/20 更新】

月額課金方式でマイクロソフトのクラウド サービスを取り扱える CSP プログラム。そのパートナーとして活動しているクラウド リセラーが、どのようにクラウド ビジネスに取り組み、いかなる成果を上げているのか、興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。そこで、クラウド ディストリビューターであるダイワボウ情報システム株式会社 (以下、DIS) に複数の CSP パートナーをご紹介いただき、インタビューを行いました。今回ご登場いただくのは、株式会社ティーケーネットサービス (以下、ティーケーネットサービス) 。代表取締役社長の武田 勇人 氏、取締役 管理部長の大浦 恵里 氏、シニアコンサルタントの石垣 比呂志 氏に、お話をお聞きしました。   写真左より、リソースセンター ITコーディネータ シニアコンサルタント 石垣 比呂志 氏、代表取締役社長 武田 勇人 氏、取締役 管理部長 大浦 恵里 氏     ―― まず御社の概要についてお教えください。   武田 当社はマイクロソフト テクノロジーに特化したソリューション プロバイダーです。このスタンスは、創業当時から変わっていません。   ―― 御社の強みはどこにありますか。   武田 お客様の IT のサポートを自社のポリシーでやっていくという姿勢を貫いている点です。当社は、検討開始からお試し体験、本稼働準備、本稼働、さらには運用保守や最新情報のご提供まで、自社で一貫してサポートしており、これによってあらゆる企業が導入しやすい価格帯で、ハイ レベルのソリューションを提供しています。そのために高い技術力を持つ社員を揃えており、マイクロソフトのコンピテンシーも幅広く網羅しています。「ティーケーネットサービス」という社名も、テクノロジー (T) とナレッジ (K) を、ネット社会の中でサービスとして提供する、という意味を込めています。     ▲ティーケーネットサービスが提供するサービスの流れ。これらすべてを一貫して、自社で提供しています。…


2017年5月度 人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP10 【6/16 更新】

2017 年 5 月度の人気の MCP/MTA 試験の上位 10 試験をご紹介します。興味のある試験がございましたら、ぜひチャレンジしてみてください!また、MCP についてのまとめ記事も併せてご参照ください。   人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP 10(2017/6/15更新) 順位 (試験番号) 試験名 1位 (70-410) Windows Server 2012 のインストールおよび構成 2位 (70-533) Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの実装 3位 (70-697) Configuring Windows Devices (日本語) 4位 (70-411) Windows Server 2012 の管理 5位 (70-412) 高度な Windows Server 2012 の構成 6位 (70-534) Microsoft Azure ソリューションのアーキテクチャ 7位…


マイクロソフトクラウドで成功するためのビジネスモデル考察まとめ【6/12 更新】

クラウド ビジネスモデルの収益性に関する考察   企業がクラウドの世界で儲かるビジネスを行おうとしたときに、従来の IT 市場で成り立っていた単純な「再販 (リセール)」は、今後差別化が難しくなり利益率が低下していくため、企業は何らかの継続的な付加価値、つまり「マネージド サービス (運用管理)」や「知的財産のサービス化」(クラウド プラクティス) を実装する必要が出てきます。 どういう業種、どういう顧客セグメントでどういった種類のクラウド プラクティスが作られているか、それらがどのような仕組みで実装されているか、そしてどれくらいの期間で利益を出しているか、など、マイクロソフトでは多くのパートナー企業の例を調査したものをホワイトペーパーとして公開しています。 この記事では、様々な場所に掲載されているクラウド ビジネスモデル関連のドキュメントや調査を一か所にまとめてみました。クラウド プラクティスを実装する際に参考になれば幸いです。 また、あわせて、タグ「ビジネスモデル」で連載されているブログ記事や、パートナー マーケティング センターの「クラウドパートナー施策」キャンペーン資料もあわせてご覧ください。   クラウドビジネス一般論 Microsoft Cloud Profitability Scenarios (2016 年 9 月)  (英語) モダン マイクロソフト パートナー シリーズ (2016 年 6 月) パート 1: 成長が期待できるクラウド ビジネス 2016 パート 2: 突出するための差別化 パート 3: 最新の手法による販売とマーケティング パート 4: 業務の最適化 パート 5: 顧客生涯価値の向上 関連ビデオ…


[Microsoft Inspire] Office 365 セッションカタログ公開【6/7 更新】

(本記事は Office 365 Partner サイトの Inspire ご案内ページの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) Microsoft Inspire ワシントン D.C. l Walter Washington Convention Center 2017 年 7 月 9 日~ 13 日 Microsoft Inspire は 5 日間にわたって、パートナーの皆様が交流し、学び、力を合わせるチャンスをご提供します。ハッシュタグ #MSInspire #Office365 で最新情報をご覧ください。   インスピレーションをイノベーションに: ビジネスの変革に備える 世界中のマイクロソフト パートナー コミュニティのメンバー、マイクロソフト社員、業界エキスパートが一堂に会する Microsoft Inspire にぜひご参加ください。Office 365 のイノベーションやパートナー プログラムの最新情報を入手したり、Office 365 のロードマップについて理解を深めたりと、ビジネスの成長と発展にお役立ていただけます。皆様のビジネス戦略に磨きをかける絶好の機会となるでしょう。また、マイクロソフト パートナー コミュニティへの投資から最大限の価値を引き出す方法も見つかるはずです。 ▼ Office 365 のセッション カタログはこちら (英語)   昨年のイベントのようすをダイジェストでご覧ください。…


[パートナー事例]オフィス周りの多様な商材を「bs-eye」というブランド名で提供~Office 365 の提案を通じて顧客との関係をさらに深掘りするコニカミノルタビジネスサポート愛知【6/6 更新】

月額課金方式でマイクロソフトのクラウド サービスを取り扱える CSP プログラム。そのパートナーとして活動しているクラウド リセラーが、どのようにクラウド ビジネスに取り組み、いかなる成果を上げているのか、興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。そこで、クラウド ディストリビューターであるダイワボウ情報システム株式会社 (DIS) に複数の CSP パートナーをご紹介いただき、インタビューを行いました。 今回ご登場いただくのは、コニカミノルタビジネスサポート愛知株式会社 (以下、コニカミノルタビジネスサポート愛知)。代表取締役社長である藤田 剛 氏をはじめとする 4 名のキー パーソンの皆様に、お話をお聞きしました。 写真左より、取締役営業本部長 竹市 佳充 氏、ソリューションセールスセンター セールス1グループ リーダー 伯野 大祐 氏、代表取締役社長 藤田 剛 氏、ソリューションセールスセンター ソリューションサポートグループ リーダー 塩谷 剛史 氏   会社概要と取り扱い商材拡大への取り組み   ―― まず御社の概要についてお教えください。   藤田 当社はコニカミノルタのグループ会社として、1980 年に私の父が設立した会社です。コニカミノルタ製コピー機の販売と保守サービスを中心に、約 2,500 社のお客様に支えられながら、ビジネスを行ってきました。しかし最近はコピー機ビジネスだけでは成長が難しくなっているため、ここ 5 年はコピー機以外にも、オフィス周りで必要な商品を幅広く扱うようになっています。たとえばセキュリティ製品や光回線サービスの提供、空調機や LED 照明などのエコ商品の取り扱い、オンデマンド印刷サービス、PC サポート、ホームページ制作などを行っています。これらのビジネス サポートを取りまとめて、現在では「bs-eye」というブランド名で提供しています。     ―― その一環として Microsoft Office…