ISV が課題を解決: Office 365 向けの写真一括アップロード アプリ【5/28 更新】

(この記事は 2017  年 4 月 3 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 ISV Problem Solving: Bulk Photo Uploads for Office 365 の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     当社 CodeTwo は、マイクロソフトのパートナーとして、また Office 365 向けのメールボックス移行ソリューション (英語) の開発を主な柱とする ISV として、これまで数千社のクラウド移行をお手伝いしてきました。Office 365 に移行してほどなくすると、お客様やパートナー様から、ほぼ例外なくある質問が寄せられてきます。それは「Office 365 にユーザーの写真をすばやくアップロードして手軽に管理するにはどうしたらよいですか」というものです。こうしたお問い合わせを受けて、CodeTwo は次のように取り組みました。   お客様の課題を把握 Office 365 でユーザー自身が写真をアップロードすることは、もちろん可能です。PowerShell を使用すれば、一括アップロードも実行できます。しかしそのためには、管理者がスクリプトを作成して、写真のアップロードや適切なサイズ調整、写真と Office 365 ユーザーの関連付けなどの処理を行えるようにしなければなりません。 このように、写真をインポートして管理するというプロセスは全体的に複雑なものでした。そこで当社は、簡単な手順で実行できるように、Microsoft Graph API を使用してアプリケーションを開発しようと決意しました。さらに、そのアプリケーションを Office 365 コミュニティのすべての皆様に無料で公開することにしたのです。 そうした経緯で生まれた CodeTwo User Photos for…


Office ブログまとめ (2017 年 5 月) 【5/25 更新】

Office Blogs  や、元ネタの英語版の Office Blogs (英語) は、 新製品情報から、新機能や製品開発の背景まで、Microsoft Officeに関するさまざまな情報をお届けするブログです。ぜひブックマークして定期的にご参照ください!   ≪最近の更新≫ Office 365 5 月のニュース—New Surface Pro と一緒にもたらされる新しい価値 (英語) 素早く滑らかで表現力が向上したペン、1,024 段階から 4,096 段階の筆圧感知 ホワイトボードによる共同作業 デジタル筆箱 Office 365 管理センターの Power BI による活用促進パック (adoption content pack) のパブリックプレビュー (英語) Excel 2016 と Power Query アドインの 2017 年 5 月の更新 (英語) Windows 10、Mac、iOS、Android 用の OneNote および OneNote Online の新しいデザイン…


Office 365 営業向けのオンラインアセスメントの日本語版を受けてみよう【5/19 更新】

Sales Specialist Assessment for Office 365 Small and Midsize Business (SMB)_ja-JP (MPN17280) のご紹介 Office 365 を販売する営業の皆様が、自分たちの提案スキルを証明するための手段として、過去に存在したセールススペシャリストに相当するオンラインアセスメントの日本語版が公開されています。Office 365 を販売するにあたって必要となるスキルが身についているか、無料でチェックをすることが可能です。合格をした場合は、オンラインで修了証が得られる仕組みになっており、提案スキルがあることを証明できます。 いますぐオンラインのアセスメントにチャレンジしてみましょう。   ▼ セールス スペシャリスト アセスメントをオンラインで受講する      


2017年4月度 人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP10 【5/17 更新】

2017 年 4 月度の人気の MCP/MTA 試験の上位 10 試験をご紹介します。興味のある試験がございましたら、ぜひチャレンジしてみてください!また、MCP についてのまとめ記事も併せてご参照ください。   人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP 10(2017/5/15更新) 順位 (試験番号) 試験名 1位 (70-410) Windows Server 2012 のインストールおよび構成 2位 (70-533) Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの実装 3位 (70-411) Windows Server 2012 の管理 4位 (70-697) Configuring Windows Devices (日本語) 5位 (70-347) Office 365 サービスの有効化 6位 (70-412) 高度な Windows Server 2012 の構成 7位…


[mstep] 2017年5月~6月 おすすめコースご案内~Windows 10 セキュリティと管理 (セッション)、MCP 70-741 受験対策セミナー他【5/11 更新】

mstep は、マイクロソフト パートナー ネットワークへご参加のパートナー様がご利用いただける本格的なクラスルーム/オンライン トレーニングです。 お申し込みは先着順となり、定員に達し次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。 mstepはMPNパートナー様の受講は無償となっておりますので、ぜひご活用ください。   ****************************************************************************************************** 5/16(火) Microsoft Operations Management Suite 基礎から応用まで <概要> このコースでは、ITPro 向けに管理スイート、Microsoft Operations Management Suite (OMS) の導入から、活用までを紹介します。   ****************************************************************************************************** 5/16(火) Windows 10 セキュリティと管理 (セッション) – Anniversary Update 対応 <概要> Windows 10 のセキュリティおよび管理に関する機能をご説明し、幾つかの機能はデモ形式でご紹介します。   ****************************************************************************************************** 5/18(木) Dynamics 365 管理系機能 概説 <概要> 本セミナーでは、Dynamics 365 Enterprise エディション Plan 1 及び その Plan…


Microsoft Azure と Office 365 でのアプリケーション開発【5/5 更新】

(この記事は 2017 年 3 月 13 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Developing Applications on Microsoft Azure and Office 365 の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     クラウド アプリケーション開発のビジネス チャンスは急速に拡大しています。先日公開されたクラウド プラクティス開発プレイブック (英語) によると、IDC は世界全体のパブリック IT クラウド サービス (SaaS、PaaS、IaaS など) の売上が 2019 年には 1,412 億米ドルに達すると予測しています。これは、IT 全体の支出総額の伸びと比較すると約 6 倍もの成長率です。今こそ、皆様のマイクロソフト関連事業にアプリケーション開発を加えて、他社のビジネスと差を付ける (英語) には絶好のタイミングです。マイクロソフトなら、皆様がアプリケーションを世に送り出せるようにお手伝いすることができます。 このたび、ISV やパートナーの皆様に向けて、Microsoft Azure および Office 365 でのアプリケーション開発に関する技術サポートを提供することになりました。このサービスでは、パートナー テクニカル サービス チームが以下のようなサポートを提供します。   Dev Chat –…


コンピテンシー取得条件になっているオンラインアセスメント日本語版の一覧【5/2 更新】

Microsoft Partner Network のコンピテンシーを取得するための要件として、オンラインアセスメントが設定されている場合があります。コンピテンシーのご紹介ページの「コンピテンシー取得条件」で紹介されているオンラインアセスメントは英語になっている場合がありますが、対応する日本語版がある場合もあります。以下に、各コンピテンシー毎の取得条件の一部になっているオンラインアセスメント一覧 (日本語版、日本語がない場合は英語版)をまとめましたので、ご活用ください。(2017 年 5 月 1 日現在)   利用方法 「日本語アセスメント」からリンクがある場合はクリックして、表示される「コース案内」の一番下のセクションの「Assessment」から、「開始ボタン ()」をクリックしてアセスメントを開始してください。 ※ オンラインアセスメントオプションがあり、かつ終了予定になっているコンピテンシーではないコンピテンシーのみリストされています。 コンピテンシー 取得オプション レベル 日本語アセスメント 英語アセスメント Application Development すべて シルバー (なし) Technical Assessment for Using Microsoft Azure for Application Development (Expiring 2017/6/30) Application Integration すべて シルバー/ゴールド (なし) BizTalk Technical Competency Assessment for Application Integration (BizTalk Server 2013) Cloud Platform すべて…


Office 365 ProPlus と Office Professional Plus 2016 の違い 【4/28 更新】

Office 365 はサブスクリプション (定期購読) による Office クライアントおよびクラウド サービスの名称、年号の付く Office 2016 はオンプレミスの Office クライアントの名称、という違いは世の中にも認知されてきたのではないかと思いますが、企業向けの Office 365 E シリーズに含まれる Office クライアントである「Office 365 ProPlus」と、Office 2016 の最上位エディション「Office Professional Plus 2016」は何が違うのか、ということを中心に、この記事では解説していきます。   Office 365 ProPlus vs Office Professional Plus 2016、大きな違いは買い切りかどうか、新機能の提供、ライセンス管理 Office 365 ProPlus も Office Professional Plus 2016 も、現時点では両方とも同じ Office クライアント、Word 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016、Outlook 2016、OneNote 2016、Publisher  2016、Access 2016 、Skype for Business 2016 が含まれています。また、「エンタープライズ向け機能」と呼ばれる機能も同様に使うことができます。 ここでは、この両者のどちらを選択すべきかの基準について、3 点にまとめて整理してみました。  …


Office ブログまとめ (2017 年 3 月~ 2017 年 4 月) 【4/24 更新】

Office Blogs は、 新製品情報から、新機能や製品開発の背景まで、Microsoft Officeに関するさまざまな情報をお届けするブログです。ぜひブックマークして定期的にご参照ください!   ≪最近の更新≫ Office 365 の 4 月の最新情報まとめ (英語) Outlook Customer Manager Microsoft To-Do (英語) PowerPoint for iPad のデザインタブ Office 365 Groups での追加の Office アプリサポート (Groups in Word, Excel and PowerPoint、Groups in Outlook for Mac, iOS and Android) Office 365 ProPlus に関する更新 Office Online Server の 2017 年 4 月の更新 SharePoint…


2020 年に Office 365 システム要件変更~接続できる Office クライアントのポリシー変更【4/22 更新】

東京オリンピックが終わる約 3 年半後の 2020 年 10 月 13 日より、企業向けの Office 365 サービスに接続できるクライアントの要件を Office 365 ProPlus またはメインストリーム サポート中のオンプレミス版 Office に変更します。 最も優れたエクスペリエンスは Office 365 ProPlus で提供されますが、2020 年までにクラウドへの移行準備が整っていないお客様のために、メインストリーム サポート中のオンプレミス版 Office からの接続もサポートします。   詳細につきましては、Office ブログの記事「Office 365 ProPlus に関する更新」をご覧ください。